Category戦前ブルース 1/1

Blind Lemon Jefferson - The Rough Guide

Blind Lemon Jefferson - The Rough Guide 戦前ブルースって大抵出自はミシシッピー州のデルタ地域と相場は決まっているんだが、それでも大変古くからそれぞれの人達には個性があったようで、今思えば的な発想でしかないけど、テキサスブルースの源流でもある?なんて言われるブラインド・レモン・ジェファーソンなんて人もいる。まぁ、どこかの本とかサイトの受け売りなので自分がそう思い付いたワケじゃないけどさ。ブラインド...

  •  0
  •  0

Leadbelly - Best of Leadbelly

Leadbelly - Best of Leadbelly 戦前ブルースって無茶苦茶ハードル高くってさ、若い頃からブルースを聴かなきゃロックはわからねぇよ、と言われて育ってきてるからやっぱ聴くワケよ。でも、ロックに近いブルースあたりならまだわかるんだけど、戦前ブルースまで行っちゃうとやっぱわかんなくってさ…、凄さとかはわかるけど誰がどうとかこの音がとかそういうのを超越してて…超越ってか全部同じに聞こえるし、大抵アコギかき鳴らし...

  •  2
  •  0

Son House - Raw Delta Blues

Son House - Raw Delta Blues 近年のゴージャスな音楽を聴いていると、その音圧や音数の多さとアレンジの見事さやアンサンブルの素晴らしさなど多々やり過ぎなくらいに見事だな〜と感じる事も多くて、それこそが音楽の発展でもあろうと。ところがクラシックの世界って既にその複雑怪奇さからアレンジやゴージャス感、展開の幅の広さやオペラティックからピアノソロまで何でもありな世界を既に数百年前からやってるワケで、まぁ、...

  •  0
  •  0

Big Bill Broonzy - Young Big Bill Broonzy 1928-1935

Big Bill Broonzy - Young Big Bill Broonzy 1928-1935 All the Classic Sides 1928 - 1937 The Anthology  ミュージシャンズ・ミュージシャンという単語があって、それは言葉の通りミュージシャンが憧れるミュージシャンというもので、元々がファン気質でないミュージシャンが多い中、それでも憧れの的になる人ってのはそれほど多くない。要するに玄人ウケするっていう意味で、エルヴィス・プレスリーのところのギタリスト、ス...

  •  2
  •  0

Robert Johnson - The Centennial Collection

Robert Johnson - Centennial Collection (2011) The Complete Recordings 戦前ブルースって元々19世紀の終わり頃から出てきたラグタイム・ギターがら始まっているとかいないとか…。昔はなんとなくそのヘンのルーツってのはカントリーギターから来ているみたいなことを読んだ気がするんだけど、まぁ、ラグタイム・ギターもカントリーの一種だからそれで良いのか。その辺から黒人が綿畑で労働させられるウチに辛さを歌にしていっ...

  •  3
  •  0

Blind Blake - Ragtime Guitar's Foremost Fingerpicker

Blind Blake - Ragtime Guitar's Foremost Fingerpicker Blind Blake: The Complete Recordings  ちょいと角度を変えてリラックスしたブルースなんぞも良いな…と幅を広げてみることにしてライブラリをしばし堪能…、そういえば、前にラグタイム・ギターってのを学びたくて探していたものがあったな…と掘り出し物を見つける。自分が想像していたラグタイム・ギターがなくてちょっとがっかりした記憶があったんだが、どうだっけ?と...

  •  0
  •  0

Sonny Boy Williamson - One Way Out

 演奏を媒体に吹き込む、もしくは録音して形に残すという行為はレコードというものとなって初めて実現したことで、1920年代頃に遡る話なんだけど、それでもまだ80年くらい前の話で、技術の進歩は凄いものだよね。いまやデジタルだもん。自分達が耳にする音の中で一番古いのって多分ロバート・ジョンソンの録音とかかな。1930年代半ば頃の音源っていうからさ。まぁ、戦前ブルースっていうくらいだからそりゃそうか。しかし今となっ...

  •  4
  •  1

Sonny Boy Williamson - Eyesight to The Blind

 ブルースという音楽表現の中でいつからかハーモニカという楽器がクローズアップされており、ロック系の白人ブルース系でその筋の有名人と云えばポール・バターフィールドが唯一無二の存在だが、ロックのボーカリスト達もブルースに影響されたと公言している人達は多くがハーモニカを吹くシーンが見受けられる。例えばZepのロバート・プラントだったりエアロのスティーヴン・タイラーだったりするワケだが、彼等がこぞってお手本...

  •  4
  •  2

Son House - Death Letter

 ロバジョンの師とも云われているデルタブルース界の大御所、通称「Father of Delta Blues」と呼ばれるサン・ハウス。今のところこの辺りが歴史的に漁れる最古のブルースマンの系譜らしく、時代は1930年と云われており、チャーリー・パットンなどと共に参加しているオムニバスアルバムが最初の音源だろうと思われるんだけど、いやはや時代の産物…。この人の面白いところはそんなことしながらもいつの間にか身近にいたロバジョンに...

  •  2
  •  3

Robert Johnson - The King Of Delta Blues

 ブルースを語るには外せないキング・オブ・ブルース、ロバート・ジョンソン。ちなみに同姓同名の人間はアメリカには山のようにいるだろうし、あまりにも一般的な名前が伝説の人物になってしまったために同姓同名のミュージシャンは皆が皆ミドルネームによるあだ名を自分の名前として呼ばせるというくらいに強力な個性を放つこととなったブルースメンなのだ。ん?まあ、そういう側面も持っているってことですが(笑)、通称ロバジ...

  •  4
  •  2