Category-Evanescence 1/1

Evanescence - Synthesis Live

Evanescence - Synthesis Live 新しいバンドだな、って思っててもそれはもう90年代のバンドだから20年以上前だぞ、ってなくらいには年月の経つのが早いなと思うようになった。00年代なんてもう超最近の話だろ、ってさ。特に音楽、ロックの事になるとそう思ってしまう。でも、そりゃもう十年単位で時間が経過していたら色々と変わってるよな、と頭では理解しているんだが、まだまだその感覚は抜けない。多分オールドリスナーは皆そ...

  •  0
  •  0

Evanescence - Synthesis

Evanescence - Synthesis (2017) ミュージシャンにしても画家にしてもクリエイティブな世界に関わる人は一旦商品として市場にリリースされた自分の分身について、いつでもやり直したい、今ならこうする、もうちょっとこうしたかった、という更なる高みへの欲求は常に持っていると言われる。自分みたいにそういう気質が無い人間はさっさと忘れ去っていたいとか、やっと終わってくれた、とかそういう風にしか思わないけど、そこが本...

  •  2
  •  0

Evanescence - Anywhere But Home

Evanescence - Anywhere But Home ゴシックって流行ったけどやっぱり流行りものだったんだなぁ…と。それで生き残ってるバンドもあるし変化していったバンドもあるけど、今本気でゴシックをやってるバンドってないだろうしさ。良くも悪くも一つの形を作ってしまって、そこから離脱できなかったと言うか、そこだけしかなかったから発展しようがなかったと言うか…、そのひとつの形を作ってしまったってのがエヴァネッセンスなんだろ...

  •  2
  •  0

Evanescence - Evanescence

Evanescence - Evanescence (2011)  オリジナルアルバムをまだ2枚しかリリースしていないにも関わらずかなりの大物ぶりを発揮している節の強いエヴァネッセンス、しかもキャリアは既に8年になっているというのに、だ。シーンに登場した時のインパクトが大きかったのと、その後メンバーの脱退なども重なってほとんどボーカルのエイミー・リーのプロジェクトと化しているエヴァネッセンスなのだが、これまた久々に3枚目のオリジナル...

  •  0
  •  0

Evanescence - Anywhere But Home

Evanescence - Anywhere But Home (2004)  2004年のパリのライブを収録したアルバム「Anywhere But Home (Bonus Dvd)」ってので行こう。いや、ファースト「Fallen」もセカンド「Open Door」もブログで書いた記憶があるので、このライブアルバム「Anywhere But Home (Bonus Dvd)」になっただけです。背景的には音楽的リーダーのベン・ムーディが脱退した後で、果たしてどうなることやら…なんて思われていた頃。皆は多分セカンドア...

  •  2
  •  0

We Are The Fallen - Tear The World Down

We Are The Fallen - Tear The World Down (2010)1. Bury Me Alive2. Burn3. Paradigm4. Don't Leave Me Behind5. Sleep Well, My Angel6. Through Hell7. I Will Stay8. Without You9. St. John10. I Am Only One11. Tear The World Down  「Tear the World Down」を「ん?」って思って見たらなんと最初期のEvanesecenceのリーダーだった人物が新たに組んだバンドってことで、バンド名もWe Are The FallenってEvanescenceのファ...

  •  4
  •  0

Evanescence - The Open Door

 2003年にデビューしてアルバム一枚で世界中を制覇してしまったエヴァネッセンスだが、メンバーの脱退やら失踪やら色々とトラブルに見舞われていたようで二枚目のアルバムが出るまでに3年もかかるという新人バンドとは思えない期間の長さにはこの時代にして驚くモノだが、まぁ、メンバーの問題ならばしょうがないか。ファーストアルバム「フォールン」が凄く良かったので結構期待していた二枚目のアルバム「ザ・オープン・ドア」...

  •  9
  •  2

Evanescence - Fallen

 21世紀に入るとヒップホップの要素も上手くロックと融合して独自のサウンドが形成されていくようになったが、その中でももう一つ悪魔的な要素を持ち込んだ、と言うか映画「デアデビル」に使用されたことでバンドのイメージがそういう風に固定されたことで独自性を持たされたと云うべきか、いずれにしても見事に時代の感性とバンドのイメージがマッチしたバンドがエヴァネッセンス。バックはラウンドロック系ながらも、ボーカルを...

  •  4
  •  1