Dead or Alive - Sophisticated Boom Boom

Dead or Alive - Sophisticated Boom Boom (1984)
Sophisticated Boom Boom

 手当たり次第80年代を聴いているんだが、やっぱり当時割と聴いてたのを聞き直すって方が多いか。改めてあの頃のバンドとかを今更きちんと聴くって気にもならないし、そこから大物になってるのはもう聴いてるだろうからね。消えてっているバンドをニッチに取り上げるって手もあるが、そこまで面白い事があるような気がしないんで取り敢えずこのヘンかな。80年代…ってか今でもそうだろうけど、ビジュアル的なインパクトも重要になってた時期で拍車をかけたのがMTVの台等によるPVの存在。それでミュージシャンのスタンスとか印象ってのをテレビで見て決められたってのがある。良くも悪くも、だけど。どういうアーティストなのかってのは一目瞭然だったからさ、それでキライになったのも多いけど、心惹かれたのも多かったな。

 Dead or Aliveの1984年のファーストアルバム「Sophisticated Boom Boom」。これって1984年だったのか…ってのも改めて知ったんだけど、当然売れまくったのは次の「ユースクエイク」で、当時の流行ぶりって言ったらとにかく誰でも知ってただろってくらいの代物だった。その前のファーストアルバムでこの訳の分からないジャケットでまだこの人がどんな人かも知られてなかった頃の実に男らしいサウンドとジャケットに見られる姿…、このくらいなら別に英国ならよくあるお話だったんだがな…。いやいや、それはともかく、とにかくDead or Aliveのサウンドそのままがファーストアルバムから全開で、まだキャッチーな路線が入っていない程度で骨幹を為していたパンクエッセンスの強いデジタルビートと挑発的なベース音や野獣の咆哮とも言える図太い歌声はこの時期にすでに出来上がっている。アンダーグラウンドではこういうのあったんだろうけどメジャーにこれを持っていったのはこの人達なんだろうな。そういう意味でも革新的なバンド、ユニットだったと言えるハズだ。

 自分がDead or Aliveを当時から興味深く思っていたのは多分その根底にあるパンクエッセンスや攻撃性や挑発性だな。単調なポップスやディスコサンド、ユーロビートなんてのとはちょいと異なる攻撃性があったから新鮮だったんだろう。だから今聞いててもすんなりと入ってくる。邪魔なデジタルサウンドは入ってるけど、本質的な攻撃性が良くてね。その意味ではプロディジーなんかと同じ扱いになってるかも。全部徹底的に聴くぞって気にはならないけど、聴いてても実験的なことも数多く入っているし、確かに新しいサウンドを作り上げているバンド、アルバムだろう。


Culture Club - Waking Up With the House on Fire

Culture Club - Waking Up With the House on Fire (1984)
ウェイキング・アップ・ウィズ・ザ・ハウス・オン・ファイア(紙ジャケット仕様)

 今更ながら80年代のバンドを自分なりに立て続けに聴いて再評価しているんだけど、当然ながら自分の聴いていた感覚の方がおかしくて、というかガキの頃の印象が強すぎて正当に判断、評価していないという方が相応しくてね、冷静に普通に音楽作品として聴いてどうなんだろっていう当たり前の聴き方してないからさ。それをね、今更ながらやってるんです。いや、ロック系の方もあれこれあるんだけど、流れ的に、ってのと自分的に聴いてて面白いからってのが大きいね。あんがどれもこれも冷静に良く作られてるし、様々な実験してたりもするしそういう聴き方しているとこれまた楽しめてね、元々知ってるのも多いからさ。

 Culture Clubの1984年リリースの3枚目のアルバム「Waking Up With the House on Fire」。当時はジャケットのインパクトによるルックスの変化の方が話題になって、更に音的にはヒットシングルも少なくて地味なアルバムという印象で実際そこまで売れなかったしMTVでの露出も減っていったようだ。この後くらいからどうも衰退期に入っていってしまったのかな、自分自身もそうだったけど休息に80sが終わりを迎えていったもんな。カルチャー・クラブも80年代キラキラポップを代表するバンドのひとつだなぁ…。このアルバムに来る前の話題の豊富さやインパクト、売れ方が凄かったからここで地味に映ってしまっているアルバムなんだが、中身はかなり大人に進化しているって言えるだろうね。意外なことにここいらのバンドの中で一番音楽的にしっかりしてて聴きやすいバンドなんだよな。歌も上手くて魅力的だし、バンドの音もモータウンベースだから甘ったるいボーイ・ジョージの声もしっかりと似合ってるし。ユニークなのはドラマーがパンク野郎ってトコで、このジョン・モスというドラマーの来歴が面白い。

 カルチャー・クラブの前にダムドやアダム&ジ・アンツなんかで助っ人ドラマーとして叩いてたみたいで、その周辺にいたらしいんだよな。何故かカルチャー・クラブに参加しているんだからどういうきっかけだったのか…、恋人だったのか?とか思うけど、邪推はやめよう。そのおかげでか、単に甘ったるいサウンドに留まらないビートが出てくるのはきっとこのドラマーのおかげだろう。そしてこの「Waking Up With the House on Fire」というアルバム、意外や意外、相当の名盤だった。前2作は80年代を代表するキラキラポップアルバムだったが、ここに来てバンドの真髄が発揮された作品を作っているとも言えるか。多くのリスナーがそういう風に聴かなかったから今でもあまり評価されていないアルバムだろうけど、案外良いわ。








Duran Duran - Rio

Duran Duran - Rio (1982)
Rio

 多分世間的にも自分の認識的にも後追いの世代でも80年代を代表するバンド、80年代のあのサウンドの火付け役と言えば多分Duran Duranの名が上がってくるだろう。それくらいにサウンドの印象は強烈でキラキラ80年代サウンドそのものを出していたバンド、しかもルックスが素晴らしくアイドル的によろしくってオシャレなサウンド…と言うか、確かにそれまでには聴かれることのないサウンドを出していたのは事実。これがバンドの意思によるものなのかどうかってのは意見があるとは思うが、たとえ仕掛け人がいたとしてもいいじゃないか、しっかりとそれをカネにして世間的な知名度も上がったワケだし、と前向きに捉えよう。30年以上も経過して改めて聴いているんだけどね、昔は全然聴けてなかった聴き方で聴けるんでそれはそれで面白い。

 Duran Duranの1982年リリースの2枚目のアルバム「Rio」。まぁ、さすがですな、聴いてて思い出せる曲ばかりで、そんだけシングルヒットが多かったのと知られる曲が多かったんだろう。か、もしくはアルバムを何気に良く聴いていたのか…。昔からこのバンドってホントにバンドとして機能していたのか?って思っててさ…、だって同じ5人編成のバンドから出てくるような音とは根本的に違う音が出てるワケじゃない?その要って鍵盤なんだろうけど、ってかそれしかないくらいに特異点なんだろうな。そうなるとギターって何やってるんだろ?って思ったんだよね。アルバムを冷静に聴いてみて、結構しっかりとギターはギターで自己主張して弾いてたんだ、ってことは分かった。ただ、それがあまりにもキラキラ音に吸収されてしまっていて、ギターの音色という感触で聴けてなかったからギターの存在感の薄さを感じていたんだろう。ホントに冷静に聴いてて、これ全部ギター無いと始まらんじゃないか、ってくらいに重要な存在だったようだ…、アンディ・テイラー君よ、スマン、勘違いしてた。でも、これだとやっぱりバンドのピースのひとつでしかなくってな…、顔のデカさは負けるし相対的なかっこ良さはベースとボーカルには負けるし、やっぱり難しかったんだろうよ。そして君だけがロック寄り過ぎたんだろうと思う。

 はて、Duran Duranってバンドとしてはどういう音をホントは目指していて出していたんだろうか?まさか彼らが自分自身でこういう音を作って出してたんだろうか?だとすると歴史的に名が残るバンドであるはず…、いや、そうなってるんだけど、扱い軽いじゃない?ま、いいんだけど。Japanの影響とかファンクとパンクの融合とか言われるけどさ、どうなんだろ。英国だからそういうのミックスしまくったってのはあるんだろうけど、どうもピンと来ない。もしかしたら天才集団だったんだろうか?調べたくないから調べてないけど。んでこの「Rio」ってアルバム、最初から最後まで徹頭徹尾キラキラポップで実に良く出来てて聴きやすい。面白いことに古さを感じることもないくらいにキラキラしてて今でも十二分に聴ける。






Blue Angel - Blue Angel

Blue Angel - Blue Angel (1980)
Blue Angel

 華々しい80年代のポップシーンでは実に様々なキャリアを経由した連中がいたというのは後になって色々と知ってから判ってきたことで、当時はどれもこれもキラキラ光るポップバンドやシンガーみたいに見えてた。そりゃおっさんも若いのもいたけど、年食ってからも出てこれるんだなぁ…なんて思ってた程度で、海外はそういう懐も広いんだななんてね。今思えばそりゃみんな紆余曲折バンド活動してて失敗したり上手く行かなかったりしてようやくチャンスを掴んだのが80年代のキラキラポップ時代だった、というのも多かったようだ。だからこの時期に出てきたバンドとかもキャリアありきの人とピチピチの新人ってのがあるんだな。マドンナなんかはピチピチの新人だったけどシンディー・ローパーなんかは苦労人だったってのは割と知られた話。

 そのシンディー・ローパーがあの大ヒットアルバム「SHE'S SO UNUSUAL」で出てくる前に実は自分中心のバンドを組んでいて1980年にバンド名を冠した「」ってアルバムをリリースしていて、そのリードシンガーだったってのは割と知られていないんじゃないだろうか。そんなん誰も興味持たないもんな。いやさ、シンディー・ローパーって最初凄かったし、マイルス・デイヴィスもがカバーする「Time After Time」なんてのもあるから凄さに拍車がかかってるんだけど、アルバムって少なくてね、んで、すぐ低迷期に入っちゃったから結構一発屋に近くて、あんだけの実力なのにそれもないだろう、ともちろん後に復活してるんだが語ろうと思うと割とアルバムがない、ってか自分が知らないのばかりでね。んであれこれ見てると、この最初のデヴューアルバム「Blue Angel」が出てきたワケ。ほほ〜っと思って冷やかし混じりに聴いてみたらなんとも見事にキャッチーなポップ・ロックやってて侮れない。

 プリテンダーズとかノーダウトとかの感触を持ったバンドになるのかな、何せシンディー・ローパーの声域の広い歌声が存分に生かされた歌唱が聴けてキャッチーなんで売れても全然おかしくないレベルだったんだけどな。ただ新しくはなかったんだろう。50'sダンスバンド的イメージを持ったバンドってな所か。同じ頃のStray Catsくらいに軸を振っちゃえば良かったんだろうけど、中途半端にポップスとの間にいたからウケなかったのか。割と良いバンドだなぁと素直に思う。シンディー・ローパーもやっぱり歌がしっかりしているから聴きやすいし。まぁ、この後大ヒット放つんだから結果的にはこんなのやってなくって良かったんだろうが。




Madonna - Madonna

Madonna - Madonna (1983)
バーニング・アップ

 大物アーティスト達の初期作品ってのはその時点のアルバムを聴いてみてもなんでこの人ずっと残って大物になったんだ?って分からないのも多数ある。ポップス系なんかは全くその通りで、未だになんでトップにいる?みたいな感じ。ロック系でもあるけどさ、だから音楽的才能って話と音楽ビジネスでの成功者っていう違いによるんだろうな、と。初期アルバムから才能が溢れまくってる人はその後もずっとその才能を生かしていくから勝手に大物になっていく。一方売るという才能に長けた者は常に時代に合わせて売るという事に主眼を置いた作品をリリースしてファッションを変えて生き残っていく。それが出来れば理論的には残っていけるハズだ、って事でもちろんその代表例がマドンナ。

 1983年にリリースされたMadonnaのファーストアルバム「Madonna」。リアルタイムで聴いてたから何故か「Like a Virgin」よりも以前に知っていた事になる。多分それはMTVの効果だったんだろうと思うんだが、このファーストアルバムとPVでは30年後の今でも大物としてポップスターのトップラインで残っているなんて想像もしなかったし、すぐ消えていくアメリカのアイドル的シンガーの一人でしかないって思ってたから思い返してみれば凄いことだ。んでアルバムを聴いてみると別に大したモンじゃないし、歌が上手いワケでも個性的ってワケでもないし音楽性が突出しているというものでもなく、80年代諸島のポップスそのもの、でこのアルバムからこういう音楽に火が点いたって言うんでもないし、じゃ何だ?ってくらいには普通。作り手からするとマドンナって人は自分自身で楽器をプレイしてこのデモテープも作って歌って踊ってセクシーに自分を見せてアピールしていた、それはこの時代では珍しかったという事で、音楽的なセンスというよりも端から自分を売るためには何をどうしていくか、ということを考えて出てきていたようだ。もちろん音楽的にセンスが無きゃそんなこと出来ないだろうけど、恐らく彼女の音楽的センスは非凡な才能であろうと思う。

 それよりも売るという執念によって今でも生き残っている人と思うし、その生き様こそがマドンナとも言える。故にこのファーストアルバムを音楽的に聴いてみた所で面白い所など皆無だ。ただ、リアルタイムで聴いていた人なんかが思い入れたっぷりに聴くという所だろうか、それこそがポップスという宿命だな。久々に流してみて全てに古さを感じつつもマドンナのひたむきさとキャラ立ちさせようとしている姿が微笑ましく感じたくらいか。それでも大抵の曲は覚えてたんだから面白い。




Nena - LIVE AT SO36

Nena - LIVE AT SO36
LIVE AT SO36


 80年代なんてもう35年くらい前のお話…、今時の人達は80年代の音楽なんて知ってるんだろうか?親が聴いてたから知ってるなんてのもあるんだろうな。そういう意味ではきちんとそれなりのものは引き継がれているとも言えるか。綺羅びやかな時代で全てがときめいていたし、何もかもが目新しかった良き時代。もちろんそうじゃなかった人もいるんだろうけど、概ねそういうイメージだったんじゃないだろうか。自分的にこの時に出会って今でも実は好きな人がNena。ルックスもあるし歌もあるしドイツ人ってのも珍しかったってのもあるし日本公演も見てるというのもあるんで、何気に追いかけてる。ネット時代になってからはラクになったな。

 2016年のライブをパッケージしたのがこの「LIVE AT SO36」。そう、2016年のライブ、ってことは即ち今多分50歳過ぎててのネーナのライブってことです、そう、現在進行系なんだよね。ジャケットからして「え?」って感じあるかもね。一見クリッシー・ハインドみたいにテレキャスもってこのラフなスタイルでの立ち姿、往年のロッカーになってるんです、とは言わないけど、生身でロックやってるんだよね、今。それも結構最先端のサウンドを組み合わせて新しいのも古いのも一緒にしてアレンジも若いのにガンガンやらせてるから斬新だし、そういう意味ではドイツ的なスタンスで自分の曲で遊んでるというのかな、どこまで行ってもネーナはネーナの歌声と歌のスタイルだからバックがどうなっても変わらずで、それでもロック的なスタンスに突き進んでいるっていうのも実は面白い。

 ライブだから余計にそのスタイルが出てて、ポップシンガーとしてのネーナもいるし、ロックシンガーとしてのネーナもそこにいる。総じて声が好きだから何でも許せるんだが(笑)、単純にカッコ良い。曲はもちろんキャッチーだしね、ネット時代じゃなきゃおう手に入らないよ、こんなアルバム。ちょこっと調べても日本語で今更ネーナの記事なんて全く出てこないしさ、誰からも見向きされてないんだからレビューもない。勿体無いなぁ…と思ってても自分ではここで発信する程度が精一杯。そりゃさ、聞かなくたってどうってことないけど、あんだけ騒がせたシンガーの今の姿がカッコよく聴けるんだから楽しもうよ、ってなトコかな。相変わらず可愛いです♪




Herbie Hancock - Future Shock

Herbie Hancock - Future Shock (1983)
フューチャー・ショック

 80年代初頭頃が一番フュージョンってのが流行していた時期だったんだなってのを後になって改めて認識した。当時はどこもかしこもそんなのばかりで、上手いけど面白味ないな〜ってくらいに思ってたんだが、ジャズ系にも流行ってのがあるってのはある意味面白い。そんなテクニシャン達が色々いて、売れなきゃしょうがないってのもあったんだろうけど新しい方向性へのチャレンジの一つでもあったし、そこにはベックみたいにロック側から入る人もいたわけだから音楽家からしてみたら正にクロスオーヴァーな世界の一つだったのだろう。今じゃその世界もあまり見当たらないからやはりひとつの革命的なシーンだったんだろう。

 1983年に斬新なサウンドでジャズの世界からポップシーンへ殴り込んできたのがHerbie Hancockの「Future Shock」。当時はハービー・ハンコックなんて知らなかったからポップシーンに突然出てきた一発屋くらいにしか思ってなくて、それも好きな部類の音じゃなかったから大して興味も持たなかったけど、あとになればなるほどハービー・ハンコックの偉大さってのを知っていって、この時のサウンドの意味合いってのを噛み締めたってトコロか。噛み締めたって程でもないけど、やっぱり凄いことしてたんだ、ってのを認識したってのかな。レコード盤をスクラッチしたノイズもあの「Rockit」が広めたってのもそうだろうし、そもそもこういうダンサンブルなサウンドも斬新だったんだろう、しかもキャリア20年以上のベテランがこんなのでシーンに切り込んできたってのも凄い。プロ中のプロがまるで異なる世界で登場してきたんだもん。そりゃ昔のリスナーからしたら裏切りにも映るだろう。

 一方ここからハービー・ハンコックの名前を知って遡った人もいるのかな。そうすると普通にジャズに行き着くんだが、まぁ、あまりいないだろう。それでもそんな流れを知るとハービー・ハンコックのやってきた軌跡の素晴らしさを実感するんだろうとは思う。んで、この「Future Shock」というアルバム、往年のリスナーからは毛嫌いされているが、新たな客層を捉えたアルバムで、斬新そのもの。自分的には当時からして何だこれ?だったから、今聴いてもやっぱり何だこれ?なんだが、ものすごく尖ったことしてるってのは分かる。この後さまざまな音楽が出てくるけど、ここで実験されてるサウンドからの流用なんてのも多いんじゃないだろうか。電子音楽系が好きな人には大いなる教科書アルバムなんだろうと思う。残念ながら自分好みではないが、その凄さは分かる、気がする。




Missing Persons - Rhyme & Reason

Missing Persons - Rhyme & Reason (1984)
ライム&リーズン+1(紙ジャケット仕様)

 プログレの雄達もテクニシャンなミュージシャンもポップ路線に走ってカネ稼ぎに来たのが80年代。それで良質なポップスを作って新しいムーブメントまで起こしながらそもそものファンからはそっぽを向かれた時代、それだけキラキラした時代ではあったんだろう。ザッパ門下生もそれぞれの道を歩んで行ったけど、今回はテリー・ボジオの行く末…、末じゃなくてそんな方向に行ったのか?ってくらいにハジけたってトコか。

 Missing Personsのセカンド・アルバム「Rhyme & Reason」1984年リリースの良作…か。あのドラムテクの強烈さはシモンズの音ではなかなかわかりにくい、と言うのか出来てて当たり前と言うのか、シンセドラムだから人間が叩いてても機械的に叩かせても違いが出ないワケで、しかもこの頃は人間がリズムマシンに成り切れるか的な方向にあったもんだから、ボジオの凄さがなかなか伝わらない。それよりもウォーレン・ククルロの瞬間的なギタープレイの鋭さの方が気になったり、やっぱり花形のデイルの歌声がクローズアップされる作品になっている。まだこの時代の綺羅びやかさは保持しているんでちょいと一味違う80年代のバンドという感じではあるけど、一般的にはちょいとヘンな感じのするバンドではあった。

 楽曲面はどうにも…、ロックバンドという位置付けじゃないから80年代ポップスの中でどうだったんだろ?ってくらい。それでも著名な80Sバンド郡には負けてたんじゃないかな。デイルの華やかさだけだもん。そりゃ楽器は他のトコロ比べたら圧倒的なテクニックを誇るワケだが、それが売りにならないんだからしょうがない。曲のキャッチーさもそこまでってんじゃないし、突出感が少なかったか。しかしまぁどうしてこういう方向性へ進んだんだろうなぁ…、元奥様の魅力だったのかな(笑)。



Andy Taylor - Dangerous

Andy Taylor - Dangerous (1990)
デンジャラス

 プロのアーティストがやるカバーアルバムとかカバーソングってのは色々な意味があるんだろうが、ライブなら分かるんだけど既にステータスを築き上げた人がわざわざカバーアルバム出すってのは幾つかの理由によるものが多い気がするが、とどのつまりレコード会社との契約枚数をこなすためというひとつの理由になるのだろう。好きだから出すってのもあるんだろうけど、その場合は意味のあるカバーアルバムにしないといけない、いけないってのは本人の今後のために、だ。まぁ、そんなのどっちでもいいんだけどさ(笑)。

 …ってことでデュランデュランのやんちゃギター小僧、アンディ・テイラーが1990年にリリースした全曲カバーアルバム「Dangerous」。誰も貴方にカバーセンスを求めてもいないし、アレンジ能力を試してもいない、更に言えば何かをしでかしてくれるという期待すらない、なのにこんなアルバムを出したってのは契約理由と自分のルーツをさらけ出してロック側に認知されたいってな所だろうか。本音は知らん。知らんけどそう見える側面もあるってお話。ただね、アイドル的なバンドのギタリストがちゃんとロックが好きで、こんだけ歌ってギター弾いてるってのは見ていて微笑ましいし、応援したくなるからきちんと本業デュランデュランへの貢献度もあるから良いソロ活動になってるんじゃないかな。

 いや〜、紐解いてみると結構驚きでさ、初っ端からThin Lizzyだよ。しかもかなり気合入った歌とギターで、ほぼ丸ごとそのままでカバーしてる意味は何もないだろってくらい。これならオリジナル聴くぜ、っていうくらいにそのまま。他も全部そんな感じだけど、この「Don’t Believe a Word」がアルバム中一番オリジナルに恥ずかしくないカバーだからトップなのかも。どんどんとオリジナルと比較しちゃいけないレベルになるカバーになってくから…、ストーンズの「悪魔を憐れむ歌」とかモットのなんて無かったことにしようよ(笑)。そんな類のものばかりなのでここで取り上げることもなかったかなぁ…、ただ流れで聴いてしまったんで書いたけど、もうちょっと期待したんだけどねぇ…、残念。





Phil Collins - Face Value

Phil Collins - Face Value (1981)
夜の囁き

 いろいろな種類の楽器が出来るってのは素直に羨ましい。才能があるから出来るワケで、努力だけで出来るものもあるけどやっぱりリズム系のものとメロディ系のとか吹奏楽系なんてのとは全然異なるワケで、それらを多々プレイできる、またプロレベルでそれが認められるレベルで出来るってのは本当に音楽の申し子な人なんだろうとしか思えない。プリンスなんて初めてそれを知った時、びっくりしたもん。そんな人いるんだ、って。様々なミュージシャンを聞いたりしていると割とそういう人いるけど表に出てくるまでの人はそんなに多くない。

 フィル・コリンズの1981年の最初ソロアルバム_ってかデモテープみたいな感じだけど「Face Value」ってのがある。既にジェネシスの、とかいう次元をとうに捨て去っててモータウン影響からのソフトブルーアイドソウル的なサウンド…、まぁ、この後出てくるフィル・コリンズのサウンドの下敷きがしっかりと出来上がってる作品。ジェネシスでのドラマー業は軽かったんだろうか、こんなんがサラリと出来上がってしまうんだから。そしてあのドラマーが歌を歌い、こんな作品を作り上げてしまい、更にはヒットチャートに作品を送り込み一躍時の人になるまで行き、悠々自適な生活で今では全く表には出て来ないけど大金持ちの暮らし、なんだろうと思う。娘がチョコチョコ出てくるんだけど、自分からするとフィル・コリンズの娘だろ?ってその度にあの容姿が目に浮かび、到底彼女そのものを見ることが出来ないという…。

 しっかしまぁホントにドラマーさん?ジェネシスでの変貌にも驚いたけど、ここでの音楽の完成度の高さは正に舌を巻くレベルで、ジェネシスでももちろんかなりの完成度を誇っていたんだろうけど、ここまでポップスの世界での完成度の高さに駒を進めていたってことにびっくりです。この人ロック好きじゃないんだろうなぁ…って思う。音楽家としては素晴らしいからロックという枠はあまり要らなかったんじゃないかと。事実そっちに進んで行ったけど、それは自然な流れなんだろう。だからジェネシスも変わっていったし、この音楽的センスの前では他のプレイヤーも何も言えずにやることだろう…。それにしても聴きやすい作品で、素晴らしいBGMになります(笑)。



 | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

過去ログ+

2018年 11月 【1件】
2018年 10月 【18件】
2018年 09月 【30件】
2018年 08月 【31件】
2018年 07月 【31件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


格安sim mineo!
楽天市場

ヤング&デンジャラス

アンセム・オブ・ザ・ピースフル・アーミー

WASTELAND [CD]

シンセシス・ライヴ [Blu-ray]

Live in Boston 1974 King Biscuit Flower Hour

WE SOLD OUR SOUL FOR ROCK’N’ROLL(紙ジャケット仕様)

Live: Towson State College, Maryland '79 King Biscuit Flower Hour

クラシック・ハード・ロック・ディスクガイド (BURRN!叢書)

バンド・スコア 80年代ブリティッシュ・ハード・ロック[ワイド版]