ロック好きの行き着く先は…

Categoryオランダ 嬢メタル 1/2

The Gathering - How to Measure a Planet?

The Gathering - How to Measure a Planet? (1998) ほんの少しの変化とタイミングときっかけで人生が大きく変わった人もいる。流れの中でそういうきっかけに出会う事はあっても、ホントにその時その場にいなければそんな風にはならなかっただろう、ってのがある。自分的にはそういうのってほとんど無いから「持ってない」のだろうが、世に出ている人、ロックで名を聞く人のバイオグラフィーを見ていたりすると、そういう瞬間があ...

  •  0
  •  0

The Gentle Storm - Diary

The Gentle Storm - Diary (2015) ルカッセンの才能は凄いな。自分が作り上げる音楽はそこまで大幅に変化しないという前提で、それならばバンドという概念ではなくて演奏するプレイヤーや歌手を替えていけば作品も新鮮になっていくという概念だろうか。フロントボーカルを替えていけばそりゃサウンドが変化しなくても、作風は大きく変化したように感じるから常に新鮮な感覚を味わえる。更に多数のゲストを加える事でカラフルにア...

  •  1
  •  0

Ayreon Universe - The Best of Ayreon Live

Ayreon Universe - The Best of Ayreon Live (2018) ミュージシャンそれぞれの来歴を追う事でその人のルーツが分かったり、何に影響を受けていたかも分かるし、交流関係すら分かってくる。そんな事から紐解いていくアルバム探し、バンド探しと云うのもよくやってる。ただ、昔と違って大抵のキャリアを持ったミュージシャンは単なるセッション活動程度ならどこでもいくらでもやってたりするので、到底追い切れない。中でもユニーク...

  •  0
  •  0

Vuur - In This Moment We Are Free - Cities

Vuur - In This Moment We Are Free - Cities (2018) 面白いもので、同じ楽器編成と人数で同じ様な音でバンドやって音を出しているのに、その実全然異なるサウンドが出てくる。普通に考えてみればどうしてそうなる?みたいな話だよ。それはでも絵画でも何でもそういうモンだからプロならではの才能や技術も含めて人間の面白いトコロ。つくづく不思議ながらも当然だし、逆に全く同じ曲が出てくるワケじゃないし。ロックやポップス...

  •  0
  •  0

Anneke Van Giersbergen - Everything Is Changing

Anneke Van Giersbergen - Everything Is Changing (2012) ちょいと息抜き…、アネク繋がりで元The Gatheringのアネク姐さんが春にリリースした新作「Everything Is Changing 」をリクエストされていたのでちょいと聴いてみた。最初はYouTubeで聴いていたけど、どうにもポップスだな〜と気乗りしなかった。それでアルバムDLして聴いてみると意外や意外、しっかりとアネク嬢の世界観が広がっていて驚いた、っつうか安心した。そもそ...

  •  2
  •  0

Nemesea - The Quiet Resistance

Nemesea - The Quiet Resistance (2011) いつものクセで、ちょいと新しいバンドやジャンルに手を出すとどうしてもリコメンドのバンドや同系統のバンドに食指を伸ばしたくなる。最近はハズレも多いのであまり期待しないようにしているが、全部が全部ってワケでもないから、今回も同じくちょいと手を出して見ました。 Nemeseaっつうオランダ産のバンドのセカンド三枚目のアルバム「Quiet Resistance」が出ていてレビューされていた...

  •  0
  •  0

The Gathering - Nighttime Birds

The Gathering - Nighttime Birds (1997)  今となっては時代の産物だったのではないかとも思えるThe Gatheringの傑作「Mandylion」からアルバムに参加していたボーカルのアネク嬢。続く1997年にリリースされた4枚目の作品「Nighttime Birds」で既に音楽的な変化はやや伴っていたことに当時のリスナーはそれほど気づいていなかった…って言うか気にしなかった。まさか現行のThe Gatheringみたいな音楽性に向かうとは…と言ったところ...

  •  0
  •  0

Guilt Machine - On The Perfect Day

 ヨーロッパのメタル系ついでにもうひとつ…、ってかさ、このまま行くとまたゴシックメタル系に入りそうな気配たっぷり。最近そんなにメタルを書いてないから感覚は開いているだろう。自分的にまたかって感じがあって…、多分すぐ抜けてしまうだろうな、という予感。はい、それはそれとしてですね、やはり長々と離れていると多々新作が出てたり旧作でも自分的にはようやく聴けた、とか初めて耳にしたってのが幾つもある。そんなのを...

  •  0
  •  0

Autumn - Altitude

Autumn - Altitude ここの所立て続けに女性歌モノによるメタルを聴きまくってるので食傷気味ではあるんだが、その分秀逸なサウンドに出会えればありがたいなぁ…というか、出会いたい。タケノコのように出まくってくるこの手のバンドを全部追いかけているワケにもいかないし、その内簡単に淘汰されてしまうシーンであろうということも想像が付くし、残るバンドはごくごく限られた人達というのも分かっているんだけど、まぁ、やっぱ...

  •  0
  •  0

Ayreon - Into The Castle

 シアトリカルな楽曲をシンフォニックに展開する作品と云えば必ず挙げられるのがアイレオンだ。壮大さにかけても天下一品だし、何と言ってもそういったロックオペラを展開するためだけのプロジェクトなワケだから、その充実度は凄い。あらゆるシンガーに役割を振り当てて、ストーリーに従って歌わせてしまうのだから。コンセプトメーカーならば誰もが夢見る仕立てのこういった作品を着々と実現しているのが、それほど有名でもない...

  •  0
  •  0