P.F.M - Storia Di Un Minuto

P.F.M - Storia Di Un Minuto (1972)
Storia Di Un Minuto

 最近はウチのブログもアクセス数減ってきてアマゾンのCDなんかももうなかなか売れていかないし、ロックは終わってるなぁ…としみじみと実感するのだが…、まロックが終わってるからそういうワケでもなく自分のトコロに面白味がないってのとCDって媒体が売れなくなったことが大きいのだろう。それでダウンロードなら売れてるか、ってぇとそんな事もなく、じゃ皆どうやって音楽、ロック聴いてるんだ?って言うとさ、YouTubeで気軽に、ってのも多いだろうなぁ。そこで良けりゃ買うが、それで満足しちゃったらそれで良いか、って具合。コレクションするという楽しみは結構失われつつあるのだろうか…、様々な変化の波に揉まれながらも今でも普通にロックを聴いているような輩がここには集まっているのだろうと思いたい。自分もそうだけど(笑)。

 P.F.Mの1972年の本国イタリアでのデビューアルバム「Storia Di Un Minuto」。イタリアなんだよなぁ、このバンド、って思うくらいには最初から洗練されている印象も強いし、実際に世界デビューした時もかなり洗練されていたし、なるほどプログレファンから受け入れられるはずだと思う歌心がある。叙情性にしてもドラマの作り方にしても音の盛り上げ方なんかも見事に英国風な影響はたっぷりと感じられるので、聞きやすいのかもしれない。その分イタリアン的な風味ってのは突然出て来るヘンな展開だったり、音色のチグハグさだったり繊細さから突如として展開される構成だったりと現れてくるのが妙に引っ掛かる。それが面白くてまだまだ若いP.F.Mな感じが聴けるとこがユニーク。

 それでも随分とレベルの高いアルバムが最初から出てきたもんだ。時代もあって思い切りプログレ感ある曲が多いのが好ましい。名作「Photos of Ghosts」に流用される曲もいくつか入っているからかなんとなく聞き慣れている感もあった。ただ、今となってはこの芋臭さというのか、田舎感がバンドの面白味だったのか、なんて思いもする。あのP.F.Mをイメージして聴いても外れないけど、ここまでだったんだ。ってのはちょっと思うんじゃないかな。




Arti e Mestieri - Quinto Stato

Arti e Mestieri - Quinto Stato (1979)
Quinto Stato

 歳を取るとヘンになるヤツが多いのか、年末だからそういうのをよく見かけるのか外食しててもヘンなジジイがいるし、アチコチで妙に常識はずれと言うかわがままそ言い放題なジジイに遭遇する。そりゃ色々あるんだろうけど、人に迷惑かけたり不快な思いをさせるのは人間よろしくないぜよと思うワケだ。色々な人間と人生があって画一的に何が正しいとかわからない時代にはなってるけどさ、自分的にはそう思うのだな。だからと言って自分が常に正しいワケでもないんだが、少なくともマシでいたいなとは思う。

 イタリアはトリノのバンドのArti e Mestieriってのはアルバム「Tilt」でイタリアン・ロック好きな方々にはそれなりに知られた存在であろうし、単なるユーロリスナーでもアルバムは聴いているようなバンドだが、そのArti e Mestieriって1979年に三枚目のアルバム「Quinto Stato」ってのをリリースしていたのは知らなかった。そこまで追求していなかったのと、この頃のイタリアン・ロックバンドってどれもこれも数枚リリースするかどうかって状況だったからそんな後にリリースしてたなんて思わなかったのが大きいか。ともあれ、へぇ〜、ってなことで今回聴けたんでなるほどそりゃ面白いわ、なんてフムフム頷いてしまったアルバムでしたね。

 妙に音が…フュージョン?って思っているトコロに暑苦しくて巻き舌で図太い声のボーカルが入ってきて、何か妙なもん聴けてる…、何だろ?あぁ、フュージョンに歌が入ってるからだ…、しかもこんな暑苦しいのが入ってるから余計にヘンなんだ、ってことに気づいたアルバム。半分くらいは歌なしなのでフュージョンそのものになるのだが、それでも音はロック。ユニークなアルバムに仕上がってて、名盤と騒がれるようなアルバムじゃないけど、力強さとか迫力なんてのを感じる秀作だろうね。イタリアン・ロックによる変異は英国のロックと似たような進化はあるものの、やっぱり独特の文化目線による進化系で面白い。問題なのはそこまで情報整理がしきれていないってトコロとまだ見ぬバンドが多いからよく分からんってのもある。

 それでも、このArti e Mestieriのテクニカルなプレイとアンマッチな歌声はヘンに聴く気を起こさせる組み合わせで、それは多分バックの演奏陣営のユニークさなんだろう。面白い方向に進化したんだなというアルバムで、ジャケットも、ねぇ…。


Formula 3 - Dies IraeAlbum Completo

Formula 3 - Dies IraeAlbum Completo (1970)
怒りの日  (紙ジャケット仕様)

 ロックバンドがツアーをやって世界中を回っていてもきっとどこがどんな街で、何がどうだった、なんてのはあまり覚えていないんだろうな…ってよりも、そこまで街を見れたり観光できたりなんてそれほど無いんじゃないかな。有名だし。それでも勿論幾つかは訪れたりするのだろうけど、どんだけ記憶に残ってるのかな。勿体無いと言えば勿体無いけど仕事でのツアーだからそりゃそうか、って部分もあるし、大物であればわがまま許されるトコロはあるだろうけど、なかなかそこまでの人も多くはないか。若い頃なんかだと全然そんな余裕が無いままにツアーしてるからただひたすらプレイしてただけでどんな街かなんてのは全然わからなかったって誰かのインタビューでは読んだことがある。ミュージシャンってのも大変だなぁ…と。

 イタリアン・プログレ、と言うよりもイタリアン・ロック創世記のバンドとして絶対に外せないFormula 3の1970年デビュー作「」。バンド名が表すようにドラム、鍵盤、ギターの3人で編成されたバンドで、ベースレスだ。実際にこの「Dies IraeAlbum Completo」を聴いてみればわかるけど、ベースの音は入っていない。にもかかわらず、とんでもなくヘヴィで重たくてぶっ飛んでるハードロックというのは実に興味深い。もちろんそれは鍵盤、主にオルガンでのヘヴィなサウンドとギターの重厚感による重さがあるからで、ベースいたらもっとヘヴィでバリエーション豊かになったんだろうけどね、これはこれでとんでもなくぶっ飛ぶアルバムなのでこの素晴らしき世界を楽しんでもらいたい。

 イタリアン・ロック的な旋律はそれほどでもないけど、熱さってのはそのままイタリアでね、んでもこんだけヘヴィにやろうっていう感覚が凄くて、メロディアスでもないし、展開がどうのってんでもない。ただただヘヴィに繰り広げられるバンドの音、しかもハードロックそのままでしかないサウンド、だが奇想天外な曲がバンバン迫ってくる。一体どこからどうやってこんなんが出てくるんだろ?実に奇抜なアイディアを豊富に持ち込んで、3人で出来得る事を詰め込んだヘヴィサウンド、物足りなさもあるけど、この音そのものは素晴らしい。

Quella Vecchia Locanda - Quella Vecchia Locanda

Quella Vecchia Locanda - Quella Vecchia Locanda (1972)
クエラ・ヴェッキア・ロカンダ(紙ジャケット仕様)

 凶暴なサウンドってのが存在する。パンクなんかの凶暴ってのとは違ってさ、クリムゾンの凶暴さってのは知られているとは思うけど、ほんとに荒々しく凶暴なサウンドで、音で犯されてるって昔は言われたもんだけど、それくらいにサウンドが凶暴なバンドのアルバムってあるんだよね。面白いのはそう言われるサウンドになるには大抵フルートやバイオリンってのが入ってきてて、そいつらが通常のロックサウンドに別の角度から凶暴さもメロウさも与えられるって事だ。鍵盤も一部あるかな。んで、これがまた激しいロックが好きな人間からすると結構な好みで、この激しさはロック聴いてる気分になるし、実際かっこよく感じるから好きな音になるのだ。

 Quella Vecchia Locandaの1972年のデビューアルバム「Quella Vecchia Locanda」は正にその若さと勢いが凶暴なサウンドとして出てきているアルバムで、その凶暴さの一端を担っているのは確実にバイオリンの暴れ具合であろう。オルガンのヘヴィさはギターのハードさももちろんあるけど、輪をかけての凶暴さはそこにある。ところが一方では当然のように美しくクラシカルな静かな音の調べ、それはフォークギターとコーラスワークで奏でられる美学なんてのも普通に出てくる。そのときもメロトロンやバイオリンがムードを駆り立ててのサウンドになるのだから、その変幻自在さはバンドの器用さにも繋がる。歌声はと言えば基本的に歌が上手いワケだからしっとりと歌えばそりゃしっとりするし、暴虐に歌えば迫力満点の凶暴なサウンドのフロントに相応しい歌にもなりうる。しかしこのバンドの魅力はやっぱりぶっ飛んだ迫力だね。

 今にして思えばそうでもないのだろうけど、アバンギャルド的に様々な音楽のミックス、それもイタリアというフィルターを通っているからクラシカルな要素も入ってのジャズやロック、そこの凶暴さが加わっての美しさ、セカンドの「Il Tempo Della Gioia」のジャケットがインパクト強くて紹介されることも多いからあっちのイメージの方が強いけど、ファースト「Quella Vecchia Locanda」はもっとシンプルにハードなロックが聴ける、そんな作品。よくぞこんな作品を作り上げたものだ、と讃えたいほどに自分の好みにハマってくる音です。


Metamorfosi - Inferno

Metamorfosi - Inferno (1972)
Inferno (Mini Lp Sleeve)

 体系的にイタリアン・ロックを並べてじっくりと研究したことがないので、どうしても単発的にバンド単位で聴いて反応してしまうので、どこかで年代とジャンルとバンドメンバーとか並べ立てて整理しないと頭に入らないのかな。今更頭に入れるってモンでもないけど、聴いてて単純に良いとか格好良いだけじゃなくて、背景がああだからとか時代的にとかそういうのも絶対あるから知識的に取り入れて聴いていると納得感あるんだよ。英国のシーンからの影響もあるから同時代のバンドはその辺だったとかも含めてね。だからハードロック中心だったりとか鍵盤ありきとかさ、作風にも影響しているだろうし。もっと知ってると面白いだろうのはイタリアそのものの歴史的背景とその時のご時世、シーンにあった音楽なんかも意識するとなんとなくイタリアン・ロックが出来上がった背景が見えてきてサウンドのバックグラウンドが分かりやすくなる。そうすると面白くなる、はず。

 Metamorfosiというこれもイタリアのバンドで、アルバム数枚リリースしていたのでそれなりに活動時期があったとも言えるか。多くが単発のアルバムで終わってることを思えば大したものだ。1972年リリースの2枚目「Inferno」では初期のギタリストが脱退したことでダサめのハードロックバンドから逸脱して、良質な鍵盤プログレバンドへと変貌しての名盤と称される作品に仕上げている。この辺を聴いていて思うのはボーカルがカンツォーネってのかな、上手いんだよ。本気のボーカリストっていうのが多くて、それはイタリア語に騙されているのか巻き舌がロックに似合うのか、オペラティックな歌声で、このバンドではバリトン的な歌声なので余計にそのクラシカルな声楽的なイメージを持ってしまい、それだけで迫力と言うか貫禄が漂う。その声量も楽器陣営にはまったく引けを取らないものだし、ロックでこの手の歌を持ち込んでいるのはそれほど多くないワケで、大いなる武器だったことだろう。

 楽曲はギターがない事で鍵盤が大いに活躍しまくってて、そもそもアルバムがダンテの云々なので荘厳なものに仕上げていてベースと硬質な鍵盤で畳み掛けるような構築美な音作り、よくぞここまで仕上げるものだ、ってくらいには凝ってる。きちんと威厳も醸し出しながらのロックへのアプローチ、いや、ロックそのものだけどね、新しい息吹を与えているサウンドは毎回書くけどイタリアのこの時代の産物。今のイタリアはもっとこなれているだろうし、ここまでコテコテなのはなかなか見当たらないだろう。この手の音が好きな輩には結構な名盤と取り沙汰される作品のようで、事実聴いていて凄いなぁ…ってアルバムだしね。


Semiramis - Dedicato a Frazz

Semiramis - Dedicato a Frazz (1972)
Dedicato a Frazz

 旅の醍醐味の多くは結局のところ食べ物になるんだろうな。B級グルメから名物に至るまでそのあたりの情報に困ることはないし、観光ったって見るとこ限られてるし、思い出的に残るのは景色と食事、ってのが圧倒的だと思う。目的を持った旅だとそうはならないのだが…、そういえば知り合いにどっかのサッカークラブの熱狂的なファンですべての試合を見るんだ、ってことを何年もやってて、それは耐貧旅行とでも呼べるもので、深夜バスやローカル電車だけで長距離移動するとか、観光はもちろんまったく無くて、せいぜい駅などで現地のものがあれば食べる、とかお土産だって自分の分なんて買わないから結局何もモノは残らないってな事を言ってた。試合内容は覚えてるけど、どういうトコロだったか、ってのは見てないから分からん、と。うん。

 70年代の幻のイタリアン・ロックは実に数多くあり、それがまた短命で終わっていたからこそ一瞬の輝きの美しさもあって、さらにユニークな楽曲郡のレベルの高さやあまりにも桁外れの楽曲へのアプローチ、言い換えれば未熟な時代でのロックへのアプローチがそのユニークな文化との融合を果たしたからこそ産まれた味わい深さ、それがこの頃のイタリアンの面白さだろうし、ユーロ全般に言える面白さなんだな。本日のSemiramisなんかもその類で、1972年に唯一のアルバム「Dedicato a Frazz」をリリースしてその後解散している。一度見たら記憶に残る強烈なジャケットで、しかもこの顔立ちとかどこのバンド?的にも思ってしまうので、その印象深さは忘れられない。そんな印象を持ってのアルバムを流してみるとこれがまたなんとも言えないイタリアン・ロックな破壊力と構築美で、正にこの時代でしか出なかったであろうハードなプログレ…プログレってのかな、これ。ハードロックかも。ん〜、このカンタトゥーレ具合がイタリアンの醍醐味ではあるが、やってる当人たちは多分目一杯ハードロックだったと思う。

 静と動と言えば表現は良いが、無茶苦茶なアンサンブルがぐちゃぐちゃに取り込まれていて、更にギターはハードロックサウンド、繊細なアコースティックも要所要所に導入され、ベースはもちろんランニングで走りまくってる、当然ドラムも然り。鍵盤の音はもちろん自在だが、決して美しさを強調するだけの音でもない。それに若さという一番の武器が加わり、破壊的なサウンドが仕上がっている。こういうのはホント、英米では聴けないよなぁ…、面白い。そんなことしてるのに凄く熱さが伝わってくるという不思議さも個性的。


Maxophone - La Fabbrica Delle Nuvole

Maxophone - La Fabbrica Delle Nuvole (2017)
雲の工場

 クリスマスイブ!って世間は持ち上がっていてほしいし、様々な想いを楽しんでほしいよね。やっぱりイベントだしイベントはどうせなら楽しむべきだし、折角なら思い出に残るイベントの数が多い方が人生は楽しめるはずだ。良いことばかりじゃないけどそれほど悪いこともそうそう多くはない。さて、自分にとってのクリスマスイブ…、ヤバい、何の記憶もほぼ残ってない、即ち何かしらのイベントはさほど無かったってことか?あぁ、子供の頃に父親から意外なプレゼント貰ったのは覚えてるなぁ…、嬉しかったってよりもびっくりした、って方が大きかったけど、久々に思い出した。良い思い出だ…。

 イタリアン・プログレの雄、ほぼ伝説のバンドでもあったMaxophoneがよもやの再結成とまさかまさかの来日公演、そして今度は驚くばかりの新作「La Fabbrica Delle Nuvole」のリリースと一体どうなってるんだ?ってくらいに幻想を打ち破ってくれたという、そんなことはあり得ないって事が起こり得てしまった。ライブが見たいかってぇとそうでもないし、新作が聴きたかったかってぇとそんなの考えてもなかったから気にもしなかったけど、実際にリリースされたアルバムを聴いてみて結構びっくりしたんだよ。Maxophoneらしさそのままでの新作でさ、そりゃメンバーも二人しか残ってないし、それもジジイなんだから昔と同じはずもないんだが、その分他のメンツが若い?のかテクニシャンなのか、しっかりとあの古き良きイタリアンプログレなマクソフォーネを再現してくれている、気がする。感動の嵐っていう程ではないけどこれぞプログレ、ユーロピアンロックな音っていうのが詰め込まれてる。英国のプログレとは異なるヨーロッパの、イタリアの雰囲気で、それも他のバンドのとは違ってて70年代風味満載なんだよね。だから違和感なく聴けてしまう。あるとしたらちょいと軽やかになってしまったトコロだろうか。重さ暗さってのがほんとに無くなっちゃってててね、どこかフュージョンとも言える音作りにはなってるから。それは録音技術の発展かもしれないし、元々バンドはそういうものだったのかもしれない。

 それでもマクソフォーネの新作が聴けて、懐かしき音作りが聴けるってのは色々と嬉しかった。アルバムジャケットにしても唯一作「Maxophone Ital Version」から辿り着いた先はこんなとこでした、みたいな作りになってて夢がある。牧歌的な雰囲気はそのままでもちろん幅は広がってて新しい事もたくさん取り込んでる…、やっぱり音楽家集団なんだなって思う。粒が細かくて繊細でね…、そこにイタリアな巻き舌ボーカル…、あぁ、なんとも言い難い哀愁が美しい。70年代の作品っても通じるノスタルジックさ、いいね。




Museo Rosenbach - Zarathustra Live In Studio

Museo Rosenbach - Zarathustra Live In Studio (2012)
「ツァラトゥストラ組曲」 - ライヴ・イン・スタジオ (

 日本はプログレ大国…プログレ人気がかなり高い国として知られている、のだろうか…、世界的レベルで見てもロックファンが多数いる中でプログレ人気が高めらしい。確かにプログレ系統のCDなりライブなりはそれなりに売れるし何度も再発されているくらいだから人気も高いのだろう。自分もその意味ではプログレ好きな一人ではあるけど、そこまで筋金入りってんでもない。ただ、そのプログレ大国な噂が広まってたり、実際CDの再発なんかで日本での売上や印税の額を見るなりで日本ってのがどんだけプログレ好きかをアーティストやマネージメント側は認識するんだろうな。だからこそプログレフェスみたいなのもやっちゃったりして、更に往年のバンド、幻のバンドをいくつも再結成させて?来日公演させて、それをCDやDVDにしてリリースしてまたアーティスト達に還元したりしてその繋がりを太くしているというのか、面白い構造が出来上がっているものだ。でも、たしかにそれで自分たちも含めて伝説の、とか幻の、バンドを生でライブが見られるという奇跡が起きてしまうのだから。

 Museo Rosenbachと言えば「ツァラトゥストラ組曲」。1973年にリリースされたこの傑作はバンド唯一の作品として語り継がれ、実態も正体もよくわからないままに時を経ていったものだが、2000年にアルバム「Exit」をリリース…、これはひっそりとだったのであまり知られていないだろうし、そこまでの作品には仕上がっていなかったからどうにも中途半端だったけど、2012年に突如のスタジオ・ライブ作品「Zarathustra Live In Studio」が登場。もちろんその時の演目は「ツァラトゥストラ組曲」しかないワケでだ、まさかねぇ、ムゼオ・ローゼンバッハが復活するなんて思ってもいなかったリスナーは多かっただろうし、40年前のアルバムの再現録音でしかないんだけどこれがまた驚愕の演奏になっていて、イタ公独特の巻き舌は当然ながら演奏陣もあの複雑な楽曲群をいとも簡単にプレイしてしまっているという始末。一体どんなんだ?やっぱり音楽家だったんだな、当たり前だが…。

 オリジナルアルバムの方ではドヨ〜ンとした重さが漂っていたけど、さすがに40年経過した21世紀にもなるとあの重さはキレイに取り払われ、それはライブという姿からしても当然なのだろうけど、クリアーで透き通るかのようなサウンドでの「ツァラトゥストラ組曲」に仕上がっててもしかしたらものすごく聞きやすい「ツァラトゥストラ組曲」になっているのかもしれない。それを良しとするかってのはあるけど、アレンジは変えてないからホント、クリアーに聞きやすい今時の音になってるというメリットを享受すべきだろう。驚くばかりの白熱ぶりはすべてのリスナーが度肝を抜かれたに違いない。それくらいにぶっ飛んだライブで聴いているだけでもグイグイと引き込まれていく熱演ぶり。意外や意外の名ライブ盤。


Magma - BBC Londres 1974

Magma - BBC Londres 1974
BBC Londres 1974

 BBCセッションがリリースされているバンドはそれこそ山のようにあるんだけど、それなりじゃないとアルバム単位が埋まるまでの出演回数なり演奏時間なりが埋まらないので、パーツでしかリリースされてないバンドもある。その中でも流石に異色だよなぁ、って思うのがMagmaのBBCセッション、ってかBBCスタジオでのライブ。そもそもフランスのバンドが英国の国営放送局でのライブってのもあるし、更にバンドの特性上一時間番組レベルでも2曲しか演奏していないという脅威。当たり前だけど、記録として後から見ると結構異常な感がある。それがまたCDでリリースされているんだから面白い。

 Magmaの1974年のBBCライブ「BBC Londres 1974」。そもそも未発表曲「Theusz Hamtaahk」とスタジオ完全版とは大きく異るpレバージョンとも言われる「Köhntarkösz」の二曲でのライブ。時代が時代なのでもちろんヤニック・トップのベースでのライブというのが実にパワフルでよろしい。この頃のライブはどれを取っても素晴らしく悪魔的なのでハマり感が堪らない。そもそもマグマってのは宗教的な感覚で聴いてしまうものなので長かろうがどうだろうが、演奏の熱気にハマってってしまうし、終盤には必ずある種の高揚感を抱いてしまうという呪術的な側面もあるんで全く苦にならないで聴いてしまえるという恐ろしさ。今回もそんな感じで久々にハマれるかな〜って感じでしっかりとハマってしまった次第。

 どういう事情でBBCスタジオでのライブになったのか、まぁ、日本で言えばNHKのヤング・ミュージック・ショウと同じようなモンであれば別に違和感ないんだろうし、それはそういうモンなのかもしれない。深い経緯はともあれ、恐ろしく白熱したライブがここで聴けてしまうのはヤニック・トップ参加も踏まえて実に貴重、そして見事なライブ。かっこよい。




Focus - Hocus Pocus Box

Focus - Hocus Pocus Box
Hocus Pocus Box

 なんとなく体調が戻りつつある気がしているが、早くも11月に突入ですか…。10月初頭はまだ暑いという感じもあったのが11月になるともう寒い、になるんだから面白い。今年は雨模様がやたらと多いのも特徴的ではあるが、オタクな連中には大して影響はないという意見もある…、いや一般的にはやっぱり雨ばかりはイヤなのは確かだ。買い物行くにも出かけるにも何にせよ「面倒だ」感が出るからね。

 Focusの恐ろしいまでのボックスセット「Hocus Pocus Box」なんてのがリリースされていた。何とCD 13枚で5千円という異常なまでの安さ…、中古とかでもこの安さで集めるのは難しいだろうし、一気に手に入るなら何ともラクなお話だけど、こんなバンドを手に入れようなんて輩はコツコツとアチコチで買い溜めているだろうから、そういう意味では大して嬉しくないのかもしれないが、一応全部リマスター音源らしいので安さもあって買っておくか、って気になるアイテムではある。どうしたってフォーカスってぇと初期くらいしかまともに聴いてないし、アルバム全部とか後期まですべてなんて全く知らないから、こういう形で音源が手に入るならば聴く機会も訪れようってなモンだ。

 正直言って実際どういうバンドなのか、よく判っていない。フュージョン的にテクニカルな側面が強いものの当然ながらプログレ的な構築日もあるし、ライブなんかはそれに加えての迫力もあるし、一言ではまとめられないバンドなのは確かだ。それもあってバンドの遍歴をこうして聴けるのは面白いだろうな。こ



 | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

過去ログ+

2018年 05月 【1件】
2018年 04月 【24件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


格安sim mineo!

レッド・ツェッペリン 全活動記録 1968-2007【2000部完全限定】
レッド・ツェッペリン 全活動記録 1968-2007【2000部完全限定】

伝説のライヴ ─HOW THE WEST WAS WON─ <2018リマスター>【3CD】
伝説のライヴ ─HOW THE WEST WAS WON─ <2018リマスター>【3CD】

Live at the Fillmore East
The Who 名Live!!

ヒプノシス全作品集【2000部完全限定】
ヒプノシス全作品集【2000部完全限定】

麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ
麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ

moog THEREMINI テルミニ MG ETHERWAVE THEREMINI テルミン
moog THEREMINI テルミニ

VOX ヴォックス ヘッドホン アンプ・シミュレーター内蔵  amPhones AC30タイプ
VOX ヴォックス ヘッドホン アンプ・シミュレーター内蔵 amPhones AC30タイプ

ピンク・フロイド全記録
ピンク・フロイド全記録

クラシック・ハード・ロック・ディスクガイド (BURRN!叢書)
クラシック・ハード・ロック・ディスクガイド (BURRN!叢書)

ブリティッシュロック巡礼
ブリティッシュロック巡礼

フリー・ザ・コンプリート 伝説のブリティッシュ・ブルース・ロックバンド、栄光と苦悩
日本語訳版出てたんだ!

来日ミュージシャンのポスター&フライヤー  デザイン集    Live in Japan Graphic Chronicle 1965-1985

洋楽日本盤のレコード・デザイン シングルと帯にみる日本独自の世界

アズ・ロング・アズ・アイ・ハヴ・ユー

THE OFFICIAL BOOTLEG BOX SET VOLUME 2: 5CD BOXSET

メイキング・オブ・アクシス・ボールド・アズ・ラブ 1967

Live At Town Hall 1974. 2CD Set

Memories in Rock II


Click!!