The Grateful Dead - Anthem Of The Sun

The Grateful Dead - Anthem Of The Sun (1968)
太陽の讃歌(デラックス・エディション)

 ロックってホント終わってるんだろうな、と思う事の一つに「悪ぶるヤツ」がいないって所かな。良い子ちゃんみたいに話したりMCしてたりしてて観衆と同期しちゃってる。ステージの上でのスター感とか別空間みたいな世界観がなかなかない。そういう世界観を持ってる、作ってる人もいるから全部じゃないけど、ロックってのがどうもワルの象徴ってのからはかけ離れすぎた単語になってるんだよね。そりゃ当たり前なんだけど、それにしてもさ、メタルっつったら鋲付きの何かがあったりしてほしいし、ロックっつったらどっか革ジャン的なのあってもらいたいし、そういう古きオヤジやジジイの幻想が見当たらない、だから終わったと言われるのかも。ま、それだけじゃないけど。

 Grateful Deadの1968年のセカンド・アルバム「Anthem Of The Sun」。セカンドアルバムにしてこれかよ、ってくらいにぶっ飛んでる一枚で、ライブ録音音源にスタジオ音源を重ねて作り上げた見事なまでのサイケデリックサウンドの代表。ファーストよりこっちの「Anthem Of The Sun」の方が自分的には聴きやすいしデッドをよく表している音楽だと思う。天才だったんじゃないか?っていうのを感じるもんね、これは。作ろうとして作れるのかね、こういうの…って。ジェファーソン・エアプレインのライブでの雰囲気やちょいと異なるけど初期ザッパの世界観なんかが重なり合ったデッドらしい音、暗くならないし重くもならないデッドならではの心地良さも久々に味わえた。ビートルズのサイケなんかもこの辺同じセンスだもん。どっちがどっちをサンコウにしたかわかんないけど、だからと言って出来るってのでもないから凄い。

 案外ポップ。ビートルズ好きです、って言っててデッド分からん、って人にはオススメか(笑)。ホントセンスに差はないんじゃないかと思うくらいにユニークな作品。他にもデッドの作品は色々と面白いのも多いけど、この「」もかなり興味深い作品、そこまでアーシーさを感じないのは作り込まれている所があるからかなぁ…。


Jefferson Airplane - Bless It's Pointed Little

Jefferson Airplane - Bless It's Pointed Little
BLESS ITS POINTED LITTLE

 長引く風邪だ…、喉が痛いんだよなぁ、ずっと。それでも取り敢えずは回復方向になってきたのは良かった。おかげでちゃんとロックを聴く気にはなってきたし、だからと言ってまだガツンとしたのを聴くまででもないけど、ちょっとそういうのも聴きたいなという気分。ブログ的には超手抜きな一週間だったんで、それはそれで取り上げることも無かろうよ、ってなのが幾つか取り上げられて良かった。また、手抜きしたい時にはこういうのばっかり並べてみるか、とか思ったりしたけど、案外そんなの出てるんかい?ってなのもあって、昨今の何でも安くまとめてリリースします商法は情報に付いていけない輩にはありがたいモノでもあるのだ。

 Jefferson Airplaneの1969年リリースのライブアルバム「Bless It's Pointed Little」。ライブそのものは1968年10,11月のフィルモアイーストとウェストのものからの抜粋版で音像の違いはあるけど、当時はそんなもんだ。んでもやっぱりライブの一体感とか迫力なんてのがそのままパックされているのでロックらしいアルバムに仕上がっている生々しい記録。フィルモアものは貴重度高いよなぁ…、時代も時代だし、会場もきっとこじんまりと熱くライブが出来るサイズだったんだろう、色々なバンドが素晴らしいライブを残してくれている。もっともビル・グラハムのライブハウスだったから何でも記録出来たってのが大きかったみたいだけどさ、ありがたいじゃないですか、アレコレ聴けるってのはね。ジェファーソン・エアプレインのこのライブアルバム「Bless It's Pointed Little」はそもそもライブ盤出す予定で録ったのかな?分からないけど、多分そうだろう。アルバムだとどうしてもキャッチーでサイケ・ポップ的な印象が強くなる側面があるけど、生々しいライブだと当時のサイケデリックシーン的なのが聴けて、やっぱりサンフランシスコ〜な感覚がよろしい。とってもアーシーな香りがするもんね(笑)。

 ジャニスやデッド、ジェファーソン・エアプレインって昔からそんなまとめかたあってね、全然違うじゃねぇかって思ってたけどさ、ライブ聴いてると皆同じような世界感だったのかなぁ…っての分かった気がする。何でもグチャグチャにやって演奏も音楽も歌も何もドロドロ〜な雰囲気だったりとかさ、時代の音だな。トリップしてないと出来ない音楽って絶対あるよな、っての思うしさ、真似したってこういうのはなかなか出てこないんじゃないか?何気にその辺のフォロワーバンドっていないし、面白いものだ。


The Doors - The Singles

The Doors - The Singles
THE SINGLES [2CD+BLU-RAY]

 60年代のロックが今でも蘇り、しかもハイレゾ音源やブルーレイディスクでのリリースなどとそこまでする元ネタの美しい音源や映像って残ってるのか?なんて余計な事を思ってしまうのだが、リリースされるアイテムを見聞きするとそれなりには綺麗になっているんだから技術の進歩は素晴らしい。しかしこういうのって今後どういう風に進むんだろうか?デジタル主流になってどこまで行っても細かく綺麗になって容量が大きくなっていくって方向なんだろうか?それ以外の可能性もあるんじゃないかなぁなんて気もするが、わからんな。

 The Doorsの「The Singles」という2CDとブルーレイの3枚モノ、やっぱりヒデェなぁ〜って思うこのジャケット、アメリカモンってのはホントにこだわらないっつうか消耗品扱いって言うのか、分かればそれで良い、目立てば良い、みたいなトコあるからこういうジャケットで出てきちゃうんだろうな。もっともジム・モリソン自体が既にアイコンになっているからこれでも分かるし、この方が分かるのだろうけど、それにしてもこれはねぇ…って思うが、そんなもんか。

 アメリカでリリースされたシングル順にただひたすら収録してあるシロモノで、音はアメリカオリジナルからのお話だからよろしいんだろうと思う。マスターから持ってきてればね。映像にしてもそれは同じくだろうし、やっぱりそのバンドの出身地というかそのマザーテープがある国でのリリースは一番音良いもん。日本やドイツってのは二次的マスターでも如何に音を良くするかってのやってたけど、それでもオリジナルでぽんっと出されるとそっちのが圧倒的に音良いってのがあるからね。

 ジャケットの酷さを除けばもちろん楽しめるドアーズの歴代ヒット曲の数々、アメリカじゃ普通にラジオで流れている曲ばかりだから日本の馴染みとはまるで異なるけど、そういう聞き方で楽しめれば良いんじゃないかな。

Boz Scaggs - Boz Scaggs

Boz Scaggs - Boz Scaggs (1969)
ボズ・スキャッグス&デュアン・オールマン

 AOR畑の方々ってああいうのが好きでやってるもんだと思ってるけど、結構そうでもないのかな。売れなかったから売るためにやってった結果と自分の好きな方向性との妥協点があの辺になるってミュージシャンが多かったのかもしれないな。結構実力ある人達が、なかなか売れなくてAOR路線行ったら売れたっての多いんだもん。元々AOR路線を作っていった人は別としても、過去キャリアがあってからそこに向かった人はそんな所なんだろうなぁ…、ある種魂売ってるけど、商売上しょうがないだろう。

 Boz Scaggsの1969年のソロアルバム「Boz Scaggs」。昔からコイツは凄い、何が凄い、ってギターのデュアン・オールマンのプレイが凄い、って話だけを聴いてて、それがさ実はアルバムの終盤に入ってる「Loan Me A Dime」って曲が強烈でね、このアルバムって言えばそれしかかけないっていう感じだったからアルバム全般ってのがどういうのかよく把握してないという(笑)。いや、ホント、ここでのデュアン・オールマンのプレイはね、レイラのあのスライドの強烈さとは異なったプレイスタイルでの評判です。エグいく曲に絡んできて独特のトーンで、決して流れるようなブルースギターが、なんて形容することのできないアクの強い、引っ掛かりの大きいギタープレイが終盤に向けてのホーンセクションも交えての迫力に華を添えて舞い上がっていく、その中でも力強いギターの音が主張してて…、カッコ良い、ってのかな、迫力満点に盛り上がるっていう方が賢明か。凄いバンド感でロックしてます。フェイドアウトが残念だけど、こりゃ凄いって言わざるを得ないだろうね。

 さてさてアルバム全般を聴いていると結構バリエーションに富んだ作品が並んでいて、思い切りカントリーなのからAOR的なのやブルース、歌ものなどなどと歌の巧さを武器にアメリカ的なサウンドをやりまくっててなかなか飽きさせない。好みじゃないけど飽きさせないってのは見事で、そこかしこで突出してくるギタープレイはデュアン・オールマンなんだろうなぁ、きっと。ドブロ弾いてたり何気にスライドじゃないか、ってのもあるし、結構掴みどころのないアルバムなんだけど、アメリカのああいうスワンプ的なのが好きな人は抵抗ない音なんだろうね。




Santana - Abraxas

Santana - Abraxas (1970)
ABRAXAS

 ギターを歌わせるってのはやっぱり簡単ではないと思う。アグレッシブにギターの持ち味を存分に出していくってのはまだやりやすい部分はあると思うけど、歌わせる、即ちギターが泣き叫んでいるかのようなメロディを弾きまくり呼吸をしているかのように奏でるというのはそういう音楽スタイルでなければ出来ないというのもあるけど、なかなかそっちには行かないしね。フュージョン系のギタリストが割とそこに近い位置にある気がするかな。

 サンタナの1970年出世作二枚目のアルバム「Abraxas」。ご存知「Black Magic Woman」が入っているんで知られているし、それよりもやっぱりウッドストックでのパフォーマンスの後にリリースされているってのもあってリスナー側からはかなり期待のアルバムとなった時代背景も大きいだろう。そして、あのパフォーマンスで見せたようなラテン・ロックの中でギターを歌わせるという全く新しいモノを見せてくれたという期待感、何だあれ?みたいなのがあったんだと思う。それでいてまだ皆が知らなかったラテンな雰囲気と綺麗に奏でるメロディラインをギターで弾くという、そんなところが斬新だった時代。どこか宇宙的神秘的なアルバムジャケットも宗教的で不思議感を味わせてくれたものだ。

 この手の音楽ってやっぱり一般的には鳴り得なかったんだろうけど、それでも時代背景によって結構売れたようだし、それで知名度も上がり、おかげでFleetwood Macも株が上がったってモンだ。今聴いててもやっぱり斬新なスタイルでの音楽だと思うもん。こういうの聴いてると何で70年代の英国のあのヘンのB級ロック路線の連中がやってた何でもありなロックのどれかが当たらなかったんだろうか?とも思う。このサンタナだって十二分にヘンテコなワケだし。本当の音楽のセンスがポイントなのだろうか、B級感なんてまるでなく、ダントツに唯一無二の世界観を早々に出しているアルバムで、いつ聴いても新鮮な作品。



Tower of Power - Live & in Living Color

Tower of Power - Live & in Living Color
Live & in Living Color

 そうそう気分になることもないのでこの機会に黒いの幾つか聞いておこうかな、と思って名盤と呼ばれるライブアルバムを片っ端から聴いてみた。名前は知ってるしアルバムジャケットも知ってるから、あぁ、これか…という感じで聴くんだけど中身は知らないし、そもそも好みではないだろうからなぁというのがあってどんなもんかと。案の定、それらの幾つかはまるで好みに合わず、どこが良いのかさっぱり分からないままでアルバム全てを聴くこともなく、自分の未熟さを認識しながら後回し。結局こういうの良いな、って思うのは強烈なファンクビートが聴いててギターがそこそこ以上に活躍していてノリが強烈なもの、更に言えば白熱しているもの…、まぁ、自分のロック感で言えば「ガツン」ってヤツだな、そんなのばかりが聴けたアルバムだった。結局好みはそういう所に偏るモンなんだなぁと。

 Tower of Powerの1976年のライブアルバム「Live & in Living Color」。ま、ほぼ黒人ではないんだけど一応混成バンド、古くは60年代終盤からの活躍で自分的にはフィルモア全盛期の立役者の一人でもあるというバンドという認識。今回の作品は1976年なのでそこからはかなり成長しているものだけど、そりゃもちろんそのまま時代を進んでいるんだからパワフルになってるのだろうという思いもあって取り組んでみた。うん、やっぱり史上最強のホーンセクションと言われただけのこともあって、強烈なファンクビートを聴かせてくれるのと、もちろんギターの味わいの楽しみがある。ここまで来るとアメリカンだの何だのってのを超越しててここでしか出せないだろうってくらいの音になってくるから面白いね。

 ロックにも多様なスタイルがあることを考えると黒人系でももちろん多彩なスタイルがあるワケで、それを一括りに黒いのはと括っていたのもちょいと乱暴だったかと思うが、こういう変則的なバンドに出会うとやっぱりロック的要素が強くてユニークだなと思う。実際このユニットは色々なミュージシャンとのセッションが盛んに行われていくことにもなって、その知名度を広げていった面も大きいし。それもこれも実力ありきのお話だけど、このアルバムは冒頭から強烈に盛り上げてくれるし最後は23分にも渡る一大ジャムセッションを収録しているという時代ならではのワザ、これがまた心地良く聴けちゃうセッションなんだな。





Frank Zappa - Baby Snakes

Frank Zappa - Baby Snakes (1979)
ベイビー・スネイクス [DVD]

 下積み時代があるミュージシャンが大成した後、その下積み時代を辿ってみると案外真面目にやってたとかこんなことまでしてたのか、とか案外変わらないなとか色々ある。もちろん下積みがあったからこその今の地位だったり仕事だったりするんだから職業としては必要な経験だったことは間違いない。それでもやっぱりそういうのを聴いていたり見たりすると、へぇ〜、なんて思ってしまうのも多いのは事実。

 Adrian Belewが最初に出てきたのは多分Frank Zappaと一緒にやり始めた時だろうと思う。んで、映像で見る方が圧倒的に面白さが増すのはZappaのいつものことなので「Baby Snakes」を。これ昔全然見つけられてなくて見れなかったんだよな。見つけても輸入盤だから字幕ないし、ザッパのは字幕ある方が絶対楽しいし、結構探し回ったけど結局見つからなくて輸入盤見てた。今は普通に字幕付き盤あるんだろうし、楽しみ倍増だろうね。ぜひそっちをオススメします。レコードも出てるんだけどこれがまた8曲くらいしか入っていないという見事に映像のサンプラーなので圧倒的に映画を見ることをオススメしかない。音だけだととってもストレスが溜まるし、ブリューの頑張りやボジオのアホさ加減も楽しめない。もちろん主役ザッパの圧巻ギタープレイも存分に楽しみたいしね。

 とは言っても映画の方もクレイアニメや楽屋のアホな会話とか結構入ってるから純粋に音楽的にザッパを楽しむという意味では抜粋版なんてのもあって良いのかなとは思うけど、まぁ、長いのを見ている分にはそれは楽しめるから良いでしょう。そしてブリューの若さが面白い。歌も結構歌ってるし、アホも結構やってるしギターはたまにザッパとユニゾンする程度で後は効果音だったりシンバル持ったりしてるからワケ分からんけど、しっかりした音楽基盤があるのは分かるし一生懸命やってる姿もいいしね、フロントで他のメンバーにもヒケを取らずに堂々とやってるのも凄い。ただ、他のメンツのアホさ加減が凄いから埋もれちゃうけどね。やっぱボジオのキャラが強烈だわ。



The Doors - The Doors 50th Anniversary Deluxe Edition

The Doors - The Doors 50th Anniversary Deluxe Edition
ハートに火をつけて(50thアニヴァーサリー・デラックス・ジャパニーズ・エディション)<SHM-CD>

 しかしまぁ今でも昔からあるアルバムのジャケットを新譜作品のコーナーで見かけることの多いこと多いこと。リマスターからリミックス、デラックスエディションからDVDやBru-Ray盤など含めて抱き合わせ販売も普通にあって、何がなんだか分からないんだけど、知らないアルバムじゃなかろうっていうのは確かだからいきなり飛びつくことはない。でもやっぱり中身を知ると気になるよなぁ…ってのも多いし、なかなか悩ましい。一体今はいつの時代なんだ?ってくらいに古い作品のジャケットがショップを賑わしていることもまた当たり前になってきたか。オールドロックリスナーには嬉しい事ではあるけどね。

 The Doorsの永遠の名盤「The Doors」のデラックスエディションがリリースってことで、何と50周年記念って…、そうか、1967年のアルバムリリースだから50年経ってるってことか…、そりゃ凄い。自分がロックを聴き始めてから割と最初の頃からずっとDoorsなんてのはそばにあって普通に聴いてたからこの50年間もきっとそうだったんだろう。さすがにクラシックと同じ音楽になっているハズだ。とは言ってもここ十年近くはまともにアルバム単位できちんと聴くってことも多くはなかったし、久々に聴くという意識を持たせるにもこういうリリースは良いことなのだろう。自分的には恥ずかしながら今回のリリースで初めてモノラル盤を聴いたので、相当の衝撃を受けて聴けた事が嬉しかったものだ。1枚目のディスクは普通にこういう音だよな、綺麗になったんだろうな、きっと、という程度で聴いてたんだけど、2枚目のディスクにした途端に何かヘンで、演奏はともかくながらジム・モリソンの歌声が入ってきたあたりからモノラルの音の塊がぶつかってくるような音圧に衝撃を受けた。いや〜、Doorsでこの時代にこのモノラルリリースってあったのか、ってのとこの音質で出てたのか、って。アルバム全編モノラルなんだけど、どれもこれも華麗なる、という単語が似つかわしくなくボテッとした音圧での「ハートに火をつけて」とかなワケで、なかなか味わったことのない楽しができた。

 更に3枚目のディスクは恒例の1967年マトリックスライブ音源のファーストアルバムの曲順に準じた抜粋編で、ライブマルごとを楽しませるとかドアーズのライブってこういうもの、っていうのを伝えるんじゃなくて、ファーストアルバムをライブでやるとこんな風になってたんだよ、というようなスタンスでの編集で、これが案外聴きやすくてコンパクトでよろしい。そもそもこの時期のドアーズのライブってダラダラした古いブルースを延々と技術もそれほどで無いプレイヤー達が演奏しているので、ダレるんだよね。んで2時間近くやっててね。ちなみにこのマトリックスライブも一日2公演で40曲以上ある中からの抜粋だからかなり編集されてるし、それはそれで商品としてはありだろう。そんなデラックス盤、何と言ってもモノラル盤の迫力に圧倒されたけど、それ自体は以前もCDでリリースされていたし、ライブにしてもリリーズ済みなので、果たして今回の50周年盤ってのは何が売りの目玉だったんだろうか?とも言われるのかもね。

 それにしても最後の最後の「The End」の全てをぶっ飛ばすパワフルな演奏はいつの時代に聴いても強烈なインパクトを放つものだ。ジム・モリソンのこの筋の通った歌声とポリシーは何も知らないリスナーにも響いてしまうくらいの説得力を持つ。確かにアルバムの音自体は古いけど、ロックの真髄を物語っているジム・モリソンのパフォーマンスを今一度味わってぶつかってみると、ホント、スゲェなって。もちろんドアーズの演奏も神懸かっててやっぱりこうしてリリースされるくらいの白熱したプレイが収められている。ロック、やっぱカッコ良いよ。





Nico - Marble Index

Nico - Marble Index (1968)
The Marble Index

 ロックと呼ばれる音楽の幅の広さはひとつの言葉で語るには広すぎるだろう。ひとことで言えばポップ音楽の中でちょっとだけ尖ってる姿勢があるかどうか、ってことか。音楽としての定義はそこには存在できないだろうとも思う。とは言えどもひとつの音楽ジャンルとしてのロックもあるしもう少し絞った意味合いでのロック、もある。何でもありなんだけど一般的とはちょっとズレてる、ってなトコがわかりやすいか。さて、その中でも最も端っこに位置するロックってのもあって、そのウチのひとつが多分この人、Nico。

 Nicoの1968年リリースのセカンドソロアルバム「Marble Index」。ヴェルヴェッツでのセッションからソロアルバムへと進み、前作「Chelsea Girl」が相当の名盤で一般的なロックとしても大抵挙げられる作品に仕上がっているし、もちろん素晴らしきアルバムなのだが、Nicoの本質はこの「Marble Index」にで発揮されているだろう。ひとつの商品として売れるということは前作で果たしたってことで、今作は徹底的に芸術性に徳化してみたという感じか。もっともジョン・ケイルとの共作でもあるからそっちの色が強く出ている分もあるけど、それにしても地下の水道管と呼ばれたニコの歌声はここで本領発揮している。普通に聴いたら全然面白くもないし聴きたいとも思わないだろうし、5分も聴いていられないだろうからオススメはしないし、これが良いという気もない。

 でもね、コレ、スゲェんだ…。効果音みたいな鍵盤の音とニコの歌声だけで構成されてて、一枚のアルバムになってるんだよ。それで超絶個性が発揮されてて、こういうサウンドと歌はニコ以外には出てこれないだろうし、唯一無二の作風。こうしてアーティストの能力を引っ張り出していくのかなぁ…とも思うけど、あまりにも一般的なトコロからかけ離れている世界観でもある。それでもロックという世界の人間からは好まれ知られている人だから許されているアルバム、たまに聴くとやっぱりスゲェ人だ、っていつも思う。



Lou Reed - Rock N Roll Animal

Lou Reed - Rock N Roll Animal
Rock N Roll Animal

 昔からロックの詩人なんて言われる人ってパティ・スミスとジム・モリソン、そしてルー・リードでディランあたりが親玉みたいな感じなんだけど、そこから時代は50年経過していて、そういう立ち位置での名前を聞かないんだけど誰かいないのかな。いるんだろうけど、なかなか出てきにくいのか、伝説に敵うまでにはならないってのかな、どうなんだろ。もちろん時代が平和になってきたからロック的に詩的に言うべきことが少なくなった、メッセージ色が薄くなった、求められることが少なくなった、なんてのがあるのかもしれないけど…。多分自分が知らないだけなんだろう。

 Lou Reedの1973年のライブツアーを記録した中から抜粋されたハードロックなライブアルバムに仕上げられた「Rock N Roll Animal」。聴いてみると、誰のアルバム聴いてるんだっけ?って思ってしまうくらいには70年代のアメリカのハードロックした作品で、二人のギターが弾きすぎだろ、ってくらいには弾いていて、しかもそれが同時代のハードロックギターとほぼ同じ鳴り方で…、バンドメンバーをみればボブ・エズリン絡みのいつものお二方ってことでなるほど、そういうトコロで使われていくのがショウビジネスかと妙に納得しちゃったり、それで良いのかルー・リード、ってのもあったりなかなか複雑だ。言われているほど偏屈でも繊細でもなくってイメージ戦略が上手く出来すぎちゃってるのかもなぁ…なんて思ったりもする。こんなメンツ押し付けられてハードロックしてるヴェルヴェッツの曲ってどうなんだ?と言う気がするけど、本質的に反骨心と芸術心があるからメタリカとのアルバム作りなんてのもあるくらいで、基本的に暴力的な音はキライじゃないんだろうから、おかしくはない、か。あまりにも詩人的な側面がクローズアップされすぎててリスナー側で勘違いしていたってことかもね。

 ルー・リードって割とバックの音とか無頓着だしメロディにしても出来る範囲の中でしか出さないから、芸術肌なんだろう。だからバック陣営の実験から自身も刺激を受けるというトコかな、そのプロセスはともかくながらも出来上がったアルバムはジャケットのインパクトもあるしタイトルだって何だこりゃ?みたいなのあるし、聴いてみれば思い切りハードロックなライブアルバムに仕上がってるし、しかも曲はヴェルヴェッツ時代のが多いから知ってるの多いし、ルー・リードの歌がどうの、とかあんまり関係ない作品とも言えるのか、曲の骨格のセンスの良さはこういうアレンジでも生きるってとこからさすがだよなぁと思う。



 | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

過去ログ+

2017年 12月 【1件】
2017年 11月 【18件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon