ロック好きの行き着く先は…

Categoryフィンランド 90s〜 HM 1/1

H.I.M - Love Metal

H.I.M - Love Metal (2003) 「最近良いロックある?」なんて訊かれることもあるんだけど、そもそも最近シーンに普通に「ロック」と言える音やバンドが存在しているのだろうか?などと自問してしまう。ヘンなのやポップなのはたくさんありそうだし、メタルやそれ以上の音、ってのも結構ありそうだけど、普通にど真ん中の「ロック」ってのをやってるバンドってあまり思い付かない。それってどういうの?ってもアレだけど、メッセー...

  •  0
  •  0

Sentenced - The Funeral Album

Sentenced - The Funeral Album (2005) ふとした時にハマるフィンランドのメランコリックメロディー熱。多分このメロディが好きじゃないってロックファンってあんまりいないんじゃないだろうか。知らないから聴かないってのはあると思うけど、嬉しいことに何故かそのメロディはハノイ・ロックスが80年代から日本で売れていたことで知られているあのメロディー感だ。最近ではもうフィンランドがメタル王国として知られているので、...

  •  0
  •  0

Korpiklaani - Karkelo

Korpiklaani - Karkelo (2009) あり得んなぁ…ってのが出てきて、それなりに人気を博しているってのがまた不思議だけど、そういう世界を出せるのってヘヴィメタルっていう土台のジャンルだけなのかもしれない。それ以外にここまで融合性が高くて多様性の抱負なジャンルはないんじゃないだろうか。ロックというカテゴリに於いてもこの幅の広がり方は類を見ない。どちらかというとロックの世界ではどこか閉塞感が漂ってる部分もある...

  •  2
  •  0

Stratovarius - Fourth Dimension

Stratovarius - Fourth Dimension (1995) 当然だけどCDやレコードってのはその時代時代の音が録音されているからいつだって古いものは古い音な感じがしてしまう。70年代の音なんて思い切り70年代な音だけど、まだアナログだけだからマシで、80年代以降いなるとデジタル創生期なので思い切り古臭いデジタル音とか出て来るし、それは90年代の音を聴いても同じで、21世紀になってくるとようやくそれがまともな音な感じになってくるん...

  •  2
  •  0

H.I.M - Dark Light

H.I.M - Dark Light (2005) Dark Light Digital Versatile Doom 折角To/Die/Forを聴く機会に恵まれたのでついでにその元祖とも言えるH.I.M.にも手を出してみるかと、多分10年近くぶりに聴くことにした。もちろん自分が聴いたのはこういう世界があるっていう前提を知らない頃だったのでまるで受け付けなかったワケだが、さすがにそれから様々な事を知ることになって、今の自分の耳で聴いてみたら果たしてどうなんだろ?っていう...

  •  0
  •  0

To/Die/For - Jaded

To/Die/For - Jaded (2003) サムサラ まぁ、長々と音楽を聴く世界にいるとシーンの移り変わりや流行なんかもそりゃもちろん肌で感じるし、バンド名や人の名前なんてのもそれなりに耳にしたりすることもあるけど、カテゴリとかジャンル名ってのは割と認識してなかったな。古くてさ、ヘヴィメタルだって言ったらどれもこれもがヘビメタなんで、それしかないワケよ。ロックだ、ってのと同じ広義の意味になっているとは露知らず、で...

  •  0
  •  0

Amorphis - Skyforger

 19世紀のフィンランドで発祥した「カレワラ物語」と呼ばれる叙情詩…、英国で言う「指輪物語」みたいなモンなんだろうかと察しを付けているんだけど、今度そのヘンもしっかりと漁らないとな。これだけフィンランドの音楽を聴くようになってくるとやっぱり文化的な背景も知っている方が面白いしね。多分国民的に流れる血の中に溶け込んでいるモノこそがその国ごとの音楽性に出てきているハズだからさ。日本もそうだし、英国もそう...

  •  2
  •  0

Stratovarius - Polaris

 バンド活動歴が長くなるとバンド内でもマンネリ化するサウンドってのもあるし、一方ファン側に立つと新たな領域にバンドが入っていくとやはり賛否両論勃発というコトがよく起こる。その中でバンドのメンバーがコロコロと替わっていくことでバンドの中の血を入れ替えて少しずつリフレッシュしていくってなこともあるが、ソングライティングを担っていた主軸が入れ替わってしまったらどうなるんだ?ってなこともままある話。まぁ、...

  •  2
  •  1

Sonata Arctica - Silence

 前々から細分化されすぎたヘヴィメタというジャンルのそれぞれには手を出してみようかと思ってはいたんだけど、やっぱり何曲も連続で聴いていられないだろうってのもあって二の足を踏んでまして(笑)。特に滅茶苦茶速いのとか、疲れるし、と思ってたんだけどね、さすがにこんだけ新しいのに手を出して見ると今では割とすんなり聴けるようにはなってきたのだ。なのでちょっとアチコチに手を出して…なんて思ってるけど、いつまで...

  •  0
  •  0