CategoryUS 90s〜 HM 1/4

Periphery - Hail Stan

Periphery - Periphery IV: Hail Stan (2019) この辺もさほど得意じゃないし、しょっちゅう聴いている音楽でもない。ただ、ユニークなサウンドを出し続けている存在であるのは知ってるし、毎回進化していくスタンスというのも認識しているので新作がリリースされれば何となくは聴いている。どこまでそのアルバムの本質が自分的に理解できるかは自信は無いが、感覚的なトコロでは分かるだろうと。普通に聴いてみてどうなんだろ?っ...

  •  0
  •  0

Galactic Empire - Galactic Empire

Galactic Empire - Galactic Empire (2017) 先日認識されなくなったHDDを諦めきれずにたまにスイッチ点けたり繋げたりしてたら、とある時にたまたま認識した…、これ幸いとばかりに一気にそのままバックアップを丸ごと取って凌いだ。ラッキーだったなぁ…、まぁ、それでバックアップ取れたってことは微妙な劣化だったんだろうとは思うけど良かった。4TBのHDDが1万円程度だったんで買ってたんだけど、1TB程度のバックアップでも一晩...

  •  0
  •  0

Red Dragon Cartel - Patina

Red Dragon Cartel - Patina (2018) 先日外付けのHDDに入ってるのを久々に聴こうとしたら全く認識してくれなかった。ランプも付いてるし中のHDDも回っているようなのに認識しないって事はそもそもの物理的欠陥?するとその中に入っているデータは無事なんだろうけど、このハコでは読み出せないという事か…、それも困ったなぁ、まだ思案中。思案してもしょうがないし、多分それなりに対処しないとデータは読めないままなのはわかっ...

  •  0
  •  0

Natur - Head of Death

Natur - Head of Death (2012) Black Sabbathが現在のシーンに与えた影響ってのはホント、とんでもなくデカいんだろうと思う。もちろんLed Zeppelinも凄い影響力があるだろうけど、ああいうバンドってのはもう出来ないからか、そうそうクローン的なのが出てくる事もないし、発展させてそれらしいってのもなかなか見当たらない。それくらい唯一無二の孤高のバンドなのだが、もうちょっと汎用的になっているのがサバスだったりユー...

  •  2
  •  0

From Autumn To Ashes - Holding A Wolf By The Ears

From Autumn To Ashes - Holding A Wolf By The Ears (2007) 好きなバンドの音源をとにかくひたすら聴きまくってとことん楽しむ、いつしかマニアになっていくみたいなのとそこまででもないけど気に入ってるからアルバムはそれなりに大抵聴いている、もちろん何度も何度も聴いててそれなりには知ってるし、やっぱ好きだ、ってのもある。ところがいつからか幅広く聴き始めてってそういう観点とは異なる聴き方、これどんなんだろ?こ...

  •  0
  •  0

The Autumn Offering - Requiem

The Autumn Offering - Requiem (2007) バンド名決めるのってやっぱり気合入るモンでしょ。プロが集まってやるようなプロジェクト的なのは冗談みたいなの付けられるけど、アマチュアのそれなりのバンドで活躍してプロ目指すぜ、的な段階や特にコミック的なバンドを狙うんじゃない限り、それなりにこだわりはあるバンド名にはしたいと思ってるだろう。そこに季節感ある単語を入れるってのは季節が持つイメージを音で表すバンドとい...

  •  0
  •  0

Steve Vai - Modern Primitive

Steve Vai - Modern Primitive (2017) 基本的にギタリストのアルバムってのはチャレンジ的なのが多いから自分的にはそんなに面白みのあるアルバムって思うものは多くない。バンドでやってる音が好きなのでギタリストだけのアルバムだとどうしてもちょいと方向が変わるしね。だからそれだけで食ってる人達って凄いなぁって思う。インギーにしてもヴァイにしても、ギタリストの名前でバンド組んでアルバム作ってる。バンド形態だと...

  •  0
  •  0

Tony MacAlpine - Maximum Security

Tony MacAlpine - Maximum Security (1987) 暑い夏に聴く音楽は何が一番適しているか、涼しくなる感じのモノが一番とも思えたけど、実はフュージョンとかも似合ったりするんだろう。一方コテコテのメタルも暑苦しい上に更に暑苦しくって事で案外似合ってたりするようだ。一番はやっぱり本来夏の気候というトコロで生まれて奏でられている音楽だろうから、ボサノヴァやレゲエ、スカってのが一番か。あぁ、そういう方向性もあるか…...

  •  0
  •  0

Dream Theater - Octavarium

Dream Theater - Octavarium (2005) 暑い日々になっているけど、昔ほど苦にはなってないなぁ…って外に出てないだけか(笑)。暑さに慣れてきたワケでもなく、単純にクーラーの場所にいることが多くなっているからだけど、夕方から夜に外に出るとそんなに無茶苦茶暑くもないだろ、ってな感覚ではある。多分、何か間違ってるが。たまに日中に外を散策するとヤケに暑い事に気づくんだけど、キライじゃないんだよな、暑さって。人がい...

  •  2
  •  0

Steve Vai - The Ultra Zone

Steve Vai - The Ultra Zone (1999) ロックの歴史を追いかけているとやっぱりギタリストという存在は大きくて、それこそがロックの歴史だろ、って思うくらいの比重がある、と思ってる。その代表的なギタリストと言われる存在が60年代から大きく変わっていないのはなぜ?とも思うし、それ以上に革新的で刺激的なギタープレイを魅せてくれる人が多くないという事だろうか。3大ギタリストとジミヘンを凌駕するレベルのロックギタリス...

  •  0
  •  0