Category日本 70-80s HM 1/4

Vow Wow - Cyclone

Vow Wow - Cyclone (1986) 傍から見ていると容易に世界に出て行っていたバンドがVow Wowで、もちろん容易じゃなかっただろうし多々努力や才能、運もあっただろうけどさほど騒がれる事もないままに世界に出てました、みたいなトコあって子供心ながらに凄いなぁ〜と思ってたりしてた。だからと言って聴いてなくて、普通は日本代表的なバンドだから聴くのだろうけど、その頃他のロックバンド追いかけるの忙しくて手が回らなかった。...

  •  2
  •  0

Doom - Killing Field...

Doom - Killing Field... (1987) 1980年代初頭に英国で起きたNWOBHMから遅れること5〜6年、その間には王道からの影響を受けたバンドやレインボウあたりから影響を受けた世代が日本のHR/HMシーンを作り上げて世に出て来ていた。そしてその地下では次なる世代達による新しい世界観のHR/HMそしてパンクの世界も融合させたもの、またパンクもハードコアなどより過激な方向に進むものもあり、世界のみならず日本の地下音楽シーンも日夜...

  •  2
  •  0

Dead End - Dead Line

Dead End - Dead Line (1986) 世界で華々しく活躍する日本のハード系のバンドがいた中、国内でのハードシーンはかなり多彩なバンドが続々と現れては消え、分裂融合を繰り返していたが、その結晶として陽の目を浴びたカルトバンドと言えばデッドエンドだったりするのか。元何とか、の何とかがそれぞれ知られていたバンドだったが故にその融合体となったデッドエンドは当初から期待されてた。だからインディーシーンでの記録の数々...

  •  0
  •  0

Vow Wow - III

Vow Wow - III (1986) 昔々ガキの頃、ギターに興味を持って楽器屋に行ってはギターを見て、何も分からないくせにアレコレ見ては覚え、実に多種多様なメーカーのパンフレットやカタログを持ち帰ってきたものだ。懐かしいな、あの楽器屋まだあるのかな。まぁ、ギブソンとかフェンダーってのはそんなに簡単にパンフレットですら手に入らなかったしギターだってショーケースの中に入ってるからヨダレ垂らして見るだけだしさ、触れるの...

  •  3
  •  0

Loudness - Hurricane Eyes

Loudness - Hurricane Eyes (1987) 日本のヘヴィメタルバンドによる世界進出と言えばやっぱりラウドネスが一番メジャーだったか?それともその前に英国進出を達成していたバウワウか?みたいなトコロだろうと。ただ、バウワウの方が若干時期的に早かったのとヨーロッパ進出というのでやや趣が異なっていた。LAメタル全盛期にアメリカに渡って本場のシーンでそのままの姿で勝負したラウドネスだったけど、プロモーションとかどうだ...

  •  4
  •  0

E.Z.O - E.Z.O

E.Z.O - E.Z.O (1987) 日本のバンドが海外に出て世界の土俵で勝負するってのはある種夢物語でもあるし、その分ファンの夢は大きくなって期待も高くなったものだ。昔からアメリカで売れた人とかピンクレディーアメリカ進出なんてのはあったんだけど、そういうのとはちょっと違うワケで、その筆頭となったのはもちろんLoudnessだった。丁度その頃に北海道から出て来たフラットバッカーってバンドがもの凄く衝撃的なサウンドでシーン...

  •  4
  •  0

Earthshaker - Passion

Earthshaker- Passion (1985) 日本のロックや音楽で一般にメロディアスと言われるものは大体がマイナー調のものだ。そう、マイナーなのが好きなのだよ、日本人は。影と暗さがないと心に染み入らないというのも特性なのかもしれんが、何もそれは日本に限ったことじゃない…故に北欧モノがウケたりするのもその辺にあるんだろうけど、さほど音楽的に云々という知識ではなく感情のまま感性のままに音楽を演ってみると大体このマイナー...

  •  0
  •  0

聖飢魔II - 地獄より愛をこめて

聖飢魔II - 地獄より愛をこめて (1986) 聖飢魔IIのデーモン小暮と爆風スランプのサンプラザ中野は共に同じ世代で早稲田大学出身で同じバンドに所属していたこともあり、またどちらもCBSソニーからと言うのもあってかその姿とは異なり交流が割とあったようだ。今あるかどうかは知らんが、面白いモンだな〜と昔思った記憶がある。結局音楽性やルックスは本来あまり幅が広くなくても歌えれば良い、っていう部分は大きいのかも。それ...

  •  4
  •  0

浜田 麻里 - Lunatic Doll

浜田 麻里 - Lunatic Doll (1983) 随分と久しぶりに取り出してみた古き良き日本のメタルクイーンと呼ばれた女性の初期作品。音だけ聴けばさすがに80年代風味のサウンドで古さを感じる部分はあるけど、勢いとか気合とかスムースさってのは時代を超えて響く部分もある。もう30年くらい前になってしまった当時のメタラー達をノックアウトしたアルバムの登場です。 浜田麻里の1983年リリースのデヴュー作「麻里ちゃんはヘヴィメタる...

  •  3
  •  0

紫 - 紫

紫 - 紫 (1975)  昔の日本のロックって欧米のバンドのカバーかと思うようなバンドも多くて、それでも結構知名度高くなって売れたりしてたから日本人は生でそういうサウンドを聴ける事には飢えていたんだろうと思う。いずれそれらのバンドの音はカバーとかコピーという次元から独特のロックに進化してステータスを築き上げるみたいな感じだろうか。そういう意味では本当にオリジナルな日本のロックが出てきたのは80年前後あたりな...

  •  0
  •  0