Category日本 80s〜 Punk 1/3

Gastunk - Vintage Spirits, The Fact (2021)

 なんとなくのライブ活動を続けながら、また単発のシングルも出していたので当然フルアルバムへの期待が高まっていったガスタンクだが、満を期してのリリースだったか、2021年になってようやくガスタンクらしいアルバムジャケットを引っ提げての新作「VINTAGE SPIRIT, THE FACT –Standard Edition-」をリリースしてくれた。それまでもライブを見に行ったり音を聴いたり、もちろん昔のライブ映像を見たり音にも接したりもしていた...

  •  0
  •  0

The Willard - Good Evening Wonderful Fiend (1985):

 インディーズパンクバンドは色々な連中がいる。ナゴム系のイロモノバンドは興味がなく、ストイックに自身の音楽やスタイルを追求しているバンドを聴いていたが、中でも不思議だったウィラード。今でこそダムドのキャプテンのモノマネと知ってるけど、インディーズを聴き漁っていた当時1985年頃に見たインパクトは強烈だった。松本零二の漫画でしかお目に掛からなかった海賊が被る帽子にドクロのピンが付いてて、メイクもお似合い...

  •  0
  •  0

Laughin' Nose - Laughin' Nose (1985):

 1980年代初頭から半ばにかけて日本でインディーズブームが巻き起こり、多くがパンクにカテゴライズされたが、その中からパンクをポップなメロディに乗せて打ち出して、今でも活動しているラフィン・ノーズ。残念ながらメジャーシーンに躍り出た時の作品は今では入手不可能だが、ベスト盤で中味は聴ける。 初期のインディーズバンドは大体オムニバスの楽曲提供で、伝説の「ハードコア不法集会」があるけど、ラフィン・ノーズもい...

  •  0
  •  0

Gastunk - Under The Sun (1987):

 思えば面白い時代に青春時代を過ごしたと思う。洋楽ロック系で言えばあと10年くらい前に生まれたかったと思うが、日本のロックに関しては丁度良い時代だった。黎明期は知らないけど成長期〜活躍期を目の当たりにしてるからシーンの流れも分かり、しかも良いバンドがドンドン出て来た。ジャンルの融合も普通にあって必ず騒がれる。そこで超個性が発揮されるとメジャーに進む構図があるがメジャーに行くとつまらなくて飽きるし、バ...

  •  0
  •  0

戸川 純 - 20th Jun Togawa

戸川 純 - 20th Jun Togawa (2000) 自分は日本のバンドや音楽シーンに詳しくないし、幾つかのバンドを除けばほぼ知らないに等しいとも言える。近年は日本独自の個性や音楽性を創り出す事で世界に羽ばたけるレベル感を持ったバンドやアーティスト、プロデューサーも数多く出て来ているので、日本の音楽を聴いていればシーンの先端や独自の音楽にも出会えるし、何と言っても日本語の分かりやすさがそのままアタマに刺さってくるイン...

  •  4
  •  0

The Stalin - trash

The Stalin - trash (1980) 2020年になって初めて公式CD化されてその筋のファンを涙させていたThe Stalinの幻のファーストアルバム「trash」。それまでに市場に出回っていたのはアナログレコード3000枚のみで、それ以外はブートレッグかカセットテープ落としなどしかなかったようだ。自分が物心ついた頃に本作は既に幻のアイテムになっており、その話題だけがあちこちで散見されただけで探しても探しても見つからなかったし、聴く...

  •  0
  •  0

Gastunk - Under The Sun

Gastunk - Under The Sun (1987) 思えば面白い時代に青春時代を過ごしたのかもしれないとも思う。洋楽ロック系で言えばあと10年くらい前に生まれたかったとは思うんだが、こと日本のロックに関しては丁度良い時代だったんじゃないかな。黎明期は知らないけど成長期〜活躍期あたりを目の当たりにしてきてるから何となくシーンの流れもわかり、しかも良いバンドがドンドンと出て来てたからさ。ジャンルの融合なんかも普通にあって必...

  •  0
  •  0

ザ・ブルー・ハーツ - 人にやさしく

ザ・ブルー・ハーツ - 人にやさしく (1987)  80年代中盤〜90年代初頭にかけて日本のロックという世界がかなり発展したように思える。後から歴史を紐解いてみても多分この時期がロックという枠組みに於いては成長期にあたるんじゃないかな…と。今更こんなトコロで日本のロック云々なんて言えるほど知らないんだが、多分60年代あたりにGSの世界が出て来て、70年代に入ると英国HR模倣のバンドが日本のHRバンドとして幾つか名を残して...

  •  2
  •  0

ザ・スターリン - 虫

ザ・スターリン - 虫 (1984) 思い出す気もなかったけどガキの頃聴いた音楽ってのはどこか記憶に残っているもので、しかもインパクト絶大だったりすると強烈に残ってる。それは音楽が好きとかメッセージがどうとかじゃなくて印象。そんだけ当時は自分にとって凄い事だったってことだ。キヨシローのメッセージもそうだったように自分では何故かその前にスターリンとか聴いててさ(笑)。なんでまたそんなアングラなものを聴いてたの...

  •  2
  •  0

戸川 純 - 玉姫様

戸川 純 - 玉姫様 (1984) どこの国にも先進的なアバンギャルドな女性ってのがいるもので、それも何となく同時代に出ているってのは多分誰かがオリジネイターなんだろうけど、人によってはそれは最初に見た人がオリジナルとしてインパクトを放つワケだからアングラものを真似て自分のものにしてしまえばそれは勝ちなのかもしれん。いや、そうやって文化は世界各国を跨いで継承されていくってお話。途川純を最初に聴いたのは多分ソ...

  •  2
  •  0