Category-Iggy Pop 1/2

Iggy Pop & James Williamson - Kill City

Iggy Pop & James Williamson - Kill City (1975) ミュージシャンは音楽を作る。その作られた音楽が売れると思えば売るべき人間たち=レコード会社が興味を持って投資しながら売りに走る。売れないと思えば有名人の音楽でも断ったり作り直しを依頼する事もあるし、逆に有名でさえあればそれだけで売れるので何作っても良い、なんて実験作が市場に出てきたりもする。その目線で言えばバンドのライブ活動は所詮広告活動の一環だが、...

  •  0
  •  0

Iggy Pop - The Idiot

Iggy Pop - The Idiot (1977) 偏見なしにアルバムに入っている音を聞いてみる、するとたまに自分は何聴いてるんだっけ?って思うような雰囲気の作品に出会うことがある。ロック聴いてるハズなのにジャズだったりとか…、まではないにせよ、ハードロックだと思ってたらアヴァンギャルドに近いロックだったりとか、フォークになってとかそういうのね。古い作品ってのは割とそういうのも既に位置付けられているから予備情報付きで聴け...

  •  2
  •  0

Iggy Pop - TV Eye:1977

Iggy Pop - TV Eye:1977 (1978) ロック、いいね。皆好きなバンドやジャンルや細かく異なる所はもちろんあるんだけど、ロック的エッセンスとかスピリッツってのは響くものには響くワケだし、ロックのパワーってのは今でも強烈に自分的には響くから好きだ。うん。そんな事今更書いてどうするって?いや、やっぱりさ、何か年々パワーが不足してるなぁと思う瞬間瞬間があって、ふと、こんなんじゃないな、って活を入れ直さないと、っ...

  •  2
  •  0

Iggy Pop - Soldier

Iggy Pop - Soldier (1980) 読みたいな〜と思う本があるんだけど全然探しに行けてないしネットで入手って方向にも向いてない。形ある本として読みたいんだけどいつどこで読むんだ?みたいな下らない事が気になったから。結構読む機会ってのが無くってさ、時間アレばiPhoneいじってるみたいになっちゃってるし、MacがあればMacしてるから本読まないし…そもそも本って時間余った時に読むものみたいな認識があって、それだけのために...

  •  0
  •  0

The Stooges - The Stooges

The Stooges - The Stooges (1969) ガレージ・パンクの雄として双璧を為すThe Stooges、イギー・ポップって古い人だったんだと改めて認識。来歴見てたら1967年にバンド開始してるワケだからそのヘンの人なんだな〜と。自分的にはどうしても70年代後期のソロ作の印象が強いからもうちょっと後の世代かと思ってしまっていたのだが、Stoogesの時代はモロに開発期でアメリカのサウンドを作り上げていた一員でもあるんだな、と。ガレー...

  •  3
  •  0

Iggy Pop - The Best of... Live

Iggy Pop - The Best of... Live (1996) Live At the Channel (Boston, MA. 1988) Ultimate Live 昔…1989年当時のことだけど、とある人が自分がHanoi Rocksとか好きなことを知っていて何気に「最近のイギー・ポップのツアーでアンディ・マッコイがギター弾いてるんだよね。」と。その頃そんな情報まで全然把握してなかったから「そうなんだ?知らなかったけどイギー・ポップのバックでギター弾くのって全然似合わないなぁ…」と...

  •  4
  •  0

Iggy Pop - New Values

Iggy Pop - New Values (1979) New Values Live In San Francisco 1981 60年代からキャリアをスタートさせて70年代にインパクトを残してソロに転じた人…、なぜかIggy Popが思い浮かんだんだよな。Bowieの流れもあったからかもしれない。でも、結構自分のブログってIggy Popもちゃんと書いてるんだな、と我なが驚いた。そんなに聴いてたワケでもないし、どこかに惹かれていたこともそんなにないからさ。ただ、常にインパクトを放...

  •  2
  •  0

Iggy Pop - Preliminaires

 存在そのものがパンクな人…、それがイギー・ポップだ。パンク以前からパンクだったし今回の新作なんぞは正にパンク的行動のひとつじゃないかと。いや、聴いてみたら滅茶苦茶驚くことは間違いない作品のリリースにちょっと戸惑った。基本的にイギー・ポップくらいの人だと新作ってのをまともに取り上げて聴くってことも実はあんまり機会が多くなくって、前作のストゥージーズ再結成作品「ザ・ウィヤードネス」とかその前のソロ作...

  •  4
  •  0

Iggy Pop - Lust For Life

 ジム・モリソンになりたくてロックシンガーになったオトコというのは多分世の中に結構いると思うけど、同時代に生きていた人間がそう思い、正にジム・モリソンのような人生を生き、そして現在でも生ける神話として存在している人、イギー・ポップ。日本ではあんまり人気がないというか、世界的にも特にヒット曲に恵まれたワケでもないのでそんなにメジャーな人じゃない。ただ、そのパフォーマンスはロックを多少かじる人間であれ...

  •  3
  •  0

Iggy Pop & The Stooges - Fun House

 ハノイ・ロックスで少々激しいパンキッシュなモノが聴きたくなって何気なくコレクションの棚を眺めていて、ふと見つけたアルバムがイギー・ポップの「ファン・ハウス」。イギー・ポップをマジメに聴いたのはそれほど古い話ではなくって、ロンドンパンクが好きだった自分にはイマイチアメリカのパンクには興味をそそられることなくって、せいぜいパティ・スミス程度しかまともに聴いてない。今思えばイギー・ポップって最初期は19...

  •  4
  •  1