Bootsy Collins’s Rubber Band - Ahh the Name Is Bootsy Baby

Bootsy Collins’s Rubber Band - Ahh the Name Is Bootsy Baby (1977)
Ahh the Name Is Bootsy Baby

 ある程度ロックとは異なる世界を聴いていると、それぞれの凄さとか面白さみたいなのは判ってくるし、やっぱりその世界にハマっていく人がいるのも分かる。それでも自分的にはしばらく聴いてると、やっぱりロックのがいいなぁ〜とかなっちゃうところがその世界にハマれないんだな。今回も黒いの幾つか聴いてて、書いている以上に他のも聴いたりしててね、それでも何かどっか違うんだろうなぁとかあってさ、ギターでも黒人系ので弾きまくるなんてのは他にはほぼ皆無で、あってもフュージョン系とかトニー・マカパインくらいか、って話だしさ。

 じゃ、ってことで面白い変態ってのでBootsy CollonsのRubber Bandでいいんじゃない?ってことで1977年リリースのセカンド・アルバム「Ahh the Name Is Bootsy Baby」。1977年ってそっか、アメリカじゃディスコブーム全盛期だからこういうのでイケたんだろうな、と納得。JBの時代からFunkadelic、Parliamentでの活躍から同士達と共に作ったRubber Band、方向性がどう違うかってのはほとんど変わらないし、ブーチーのモコモコベースがブイブイ言ってるのはあたりまえだし、ほぼワンコード展開でのJB的ファンクとも言うべきか、一辺倒で走りまくるという姿勢、明るくファンキーでオネェチャン達とのコーラス掛け合いとか如何にもお遊び要素満載な作風。能天気なスタイルはズバ抜けてるとも言えるが、ふとザッパとの共通項を見出してしまった。こういうのをもっと研ぎ澄ましていったのがザッパの音楽なのかもな、と。まぁ、時系列的にはザッパが先なワケだが。

 しかしやっぱりJBって凄かったんだなと、こういうの聴いてて思う。そこかしこでJBの影響満載だし、良い曲を作って、とかそういうのはあんまり無かったんだろうな。楽しくやることやって騒げるの、とかそういうんだろうか、音楽的な繊細な組み立てなんてのは皆無で、本能だけで作り上げてるんだろうと思える。それでもこんだけのブイブイサウンド、なかなか出せないグルーブ、やっぱり凄い人だし面白い。かと言ってソロアルバム全部聴くぞ、って感じにはならないのだが。



Eddie Hazel - Game Dames & Guitar Thangs

Eddie Hazel - Game Dames & Guitar Thangs (1977)
Game Dames & Guitar Thangs

 やっぱり夏は熱いワケで、好んで外に出るよりはエアコンに当たりながら一日を過ごすなんて方を選んでしまうもので、そうすると自然に趣味を邁進する時間が増える。すなわち音楽を聴いたりする時間も増えてくるというような気がしてる。実際そうかどうかは分かんないし、どっちかっつうと減ってるのかもしれないけど、篭ってる時間が多くなるのが夏、とも言えるのではないかと。その分集中力に欠けるかもしれんが。

 Eddie Hazelの1977年最初のソロアルバム「Game Dames & Guitar Thangs」。思えばエディ・ヘイゼルってヤツなんだ…、面白いギター弾くなぁ…ってのはFunkadelicのライブ盤「Live: Meadowbrook, Rochester, Michigan 12th September 1971」でマザマザと実感してて、更にその面白さを実感したのがRuth Copelandのアルバム「I Am What I Am」のギター。ブルースベースでもないし、もちろんファンクな感触でのソロでもなく、スペイシーではあるけど、果たして一体どういうスケールと言うか感性で弾いているのかよくわからないスタイル。テクニック面はもちろん申し分ないけど、どこからこういうフレージングになるんだ?とかトーンや音の使い方がやっぱヘンなんだよね。よくジミヘン的とも言われるけど、その宇宙的発想によるギタープレイは確かにジミヘン的だけどフレーズはそういう意味ではまるで異なるからアプローチが似ているという事か。

 それにしてもエディ・ヘイゼルのソロプレイを存分に楽しめる作品ってのはその実多くもなくって、参加してるけどそこまで弾いてないってのが多いからこのソロアルバム「Game Dames & Guitar Thangs」は期待満点で聴いたもんね。そしたら冒頭から切ないながらにあのペラペラな音とトーンでギターが流れてきて、こりゃ良いわ…って。冒頭はママス&パパスのカバーらしいがそもそも知らないからいいや、エディ・ヘイゼル節になってるしギターたっぷり聴けるから美味しい。知ってる曲ったらビートルズの「I Want You」のカバーやってるくらいか。それも何故かこんなにドロドロサイケな雰囲気でギターをたっぷりと味わえるのはいいし、淡々と延々と味わい部会ギターソロが繰り広げられてて、素晴らしく宇宙に連れて行かれる感が高まってくる名演。なかなかこういうの聴けないよ。もっともっとエディ・ヘイゼルというギタリストの存在を知ってもらいたいよね。とても説明しきれる範疇にはいないギタリストなんだけどさ、天才的な才能でギター弾いてるの分かるもん。古いロッック好きな人、ジャケットの偏見とかファンクの偏見とかなしにこの人のギター試してみるちょっと価値観変わるかも。



Funkadelic - Let's Take It

Funkadelic - Let's Take It (1975)
Let's Take It

 黒人ロックの始まリはやっぱりジミヘンなんだろうけど、あまりにも時代的にも早すぎたし、しかも天才的でもあったもんだからある種黒人ロックというカテゴリが閉ざされてしまったとも言える。黒人がロックやるとジミヘンかよ、と言われてしまうくらいのインパクトだったから後が続けないというか…、おかげで今でもそういう形でのロックはなかなか出てきていないと思う。あるけど、やっぱり一過性のまがい物的に捉えられちゃうし、良くも悪くもオンリーワンな人だからしょうがない。そういうのも判っていてファンクとロックを掛け合わせたスタイルでジミヘンをリスペクトしながらという側面も持ちつつのバンドがファンカデリックか。

 1975年リリースの「Let's Take It」、既に7枚目くらいになるのだろうけど、パーラメントとのメンバーが大半被っていると言えどもホーンセクションもないしギター中心的なバンドだからロック寄り、と言われる。もちろん事実そうなんだけど、この世界観は他のどこのも見当たらないファンクとロックの融合で、そこに宇宙感とかサイケ感が加わってて煙モワモワな雰囲気が漂ってるからどうにも怪しい。それに加えて一番の醜悪はこのジャケット郡だろう。とにかく趣味の悪いものをすべて集めてみたという感じのバンドで、それが売りでもあるからまた困る。中身がどうでも良けりゃ聴かないだけなんだけど、逆に中身はしっかりと面白い部分がたくさんあるからね。じゃなきゃこんな風に出してこないだろう。

 このアルバムにかぎらずミックスがきちんとロック的なものにはなっていないからロックにはほぼ聴こえないんだけど、鳴ってる音を聴いていくと明らかにロック。ギターがそこかしこで歪んで鳴ってるし、ロックになってもおかしくないけど、明らかにリズムと歌が違ってて、かと言ってファンクノリじゃないワケだから一体何だこりゃ?になる。ところどころに出てくるお遊びネタがやっぱりP-Funk的なんでどうしてもそっち行っちゃうよな。面白いバンドだ。このアルバムは特にファンクに寄ってるかもしれない。最早それはどっちでも良い事になってて、この編成で楽しむ、という感じか。聴いていてもそれを意識しないで曲を楽しむのだが、そういう意味ではあまり良い曲と言うのはない…って言ったら身も蓋もないけど、その意味でのレベルは格段に差がある。やっぱり演奏力とお遊び力が大きいのかな。





Parliament - Clones of Dr Funkenstein

Parliament - Clones of Dr Funkenstein (1976)
Clones of Dr Funkenstein

 ちょこちょこと聴いてるけどなかなか自分的にはそれは身になってこないのが黒いの系、ブルースは好きなんだが…。それでもファンクはやっぱり面白いと言うのは昔からあって、カチャカチャなってる熱気ムンムンなファンクビートが聴きたいんだけど、実はなかなか見当たらず、色々と聴いてみたけど、近いのはこの辺なのかね、ってちょいと遠回りしてる間に見つけたのがP-Funk。本筋の方だとここじゃないんだけど、まぁ、面白いし発掘もあったからってので聴いてたりする。

 1976年リリースの名盤扱いになっている「Clones of Dr Funkenstein」。一体こいつらは何なんだ?ってくらいのいきなりのアルバムジャケットのジョージ・クリントン総帥。どんだけふざけた事してるのかってくらいに意味不明なジャケットだけど、作品としての中身を合わせてみればファンケンシュタイン博士の云々、それがキミですか…というようなお話らしいが、そこまで真面目に求めてはいない。単にそういうコンセプトだからこそのアルバムジャケットらしいけど、全く最初にこのジャケット見た時にはもうこのあたりって何なんだ?ってのがいっぱい疑問符付いてたもん。当時は中身も聴けなかったから好奇心と嫌悪感だけだったけどさ。それでもいつしか聞く機会が出てきて、今に至るのだが、パーラメントそのものは割と着手してるかな。何せメンツが強烈だから、っていう理由。

 ところが思いの外、グリグリなファンクでもなくって、それをベースにしたクリエイティブな作品みたいなのが多くて既にやってきた出来てしまって当たり前的なサウンドはメインには出てこない。だからイマイチ求めているカチャカチャノリってのはほぼ無いんだな。それが残念で、もっと原点にある音を聴きたいんだが、と思う訳だ。そんな風にして聴きながらも作品としてのユニークさに気づきはじめてしまってて、ホーンセクションの完璧さとかさ、ちょこっと鳴ってるギターとかよく出来てるなぁ、と。べースにしてももちろんブーチーだから当たり前だけど目立ちまくることなくヘンなのいっぱい弾いてるし。結局ポップスの世界に近い音になってるのかな。楽しめるアルバムではあるだろうけど、やっぱり飽きるんだろうなぁという感じか。



The JB’s - Doing it to death

The JB’s - Doing it to death (1973)
ドゥイング・イット・トゥ・デス

 ロックの世界に比べてファンクの世界は相当にお遊び要素が強いような気がする。ファッションにしてもコメディ的だし、極端だしド派手であり得ない格好してるのは多いし、それは今に至るまで金ピカラメラメみたいなのが脈々と続いているしね。更にアルバムにしろバンドにしろ、とにかく流動的でおふざけで簡単にバンドが組まれてアルバムをリリースしている。よく捉えるとジャズの世界と同じくリーダーがいて幾つも好きにメンバーを組み直して演奏すれば良いんだ、ってことなんだけどそれにしても一貫性がなくってその場の流れで名前つけたり遊んでたりするのが多そうだ。単なる印象でしかないけど。もっともその印象はJBやP-Funkなんかを見ているからそう思うだけで、それ以外は皆まともにバンド組んでアルバム出してってやってるんだからド派手な格好以外は当てはまらないのかもしれない。

 JB’sの1973年リリースのセカンド・アルバム「Doing it to death」。そもそもJB’sってのはもちろんジェームズ・ブラウンのバックバンド経験者で組まれているバンドなんだけど、その仕掛けはもちろんジェームズ・ブラウン御大自らがプロデュースもやって自身のレーベルからリリースしているワケで、しかもジェームズ・ブラウン自らボーカルで参加しているんだからそれはもうほとんどジェームズ・ブラウンのアルバムなんじゃないか?って傍目からは思えるものだ。曲だって御大自らのものばかりなんだから、一体何なんだ?というのはあるが、こういうのがあるから面白いってのと冒頭に書いたようなお遊び的な要素が多い、っつうかね、そういうトコなわけ。そんな背景羽貫にしてアルバム聴いてみればそりゃもう鉄壁のサウンドによるアルバムに決まってるワケで、御大自らのお遊びでメイシオー・パーカーをイジりまくるのもあるけど、基本的にはジャズファンクなグルーブをひたすら奏でるスタイルが中心のアルバムで、とっても心地良い。そりゃ後になってサンプリングされまくるハズだ。

 一方ではきちんとスーパーファンクしてるのもあって、この頃のJB周辺のファンク度合いは見事なものだ。強烈にグイグイと引っ張り込む勢いを持ってるから、そりゃそのままP-Funkという世界にまで進んでしまうのも分かるってなくらい。似て非なるホーンセクションの存在、とんがりすぎない頬良いバンドの演奏はJBというバックで鍛えられていたからこそのアンサンブルなのだろう、他のファンクバンドほどの多方面へのトンガリ具合は多くない。その分聴きやすくて良いね。





The Isley Brothers - Isleys Live

The Isley Brothers - Isleys Live
Isleys Live

 こないだアースのライブ盤聴いててあんだけ熱いファンクって良いよなぁ…、スタジオ盤だとそこまで思わなかったけど、やっぱライブ盤っていいわ。他になんかそういうのないの?ってな事を詳しいヤツに聞いてみたら、ロックと違ってソウル系ってのはライブ盤が少ないんだよな、と。なるほど。じゃ、あんまりグイグイ来るのって無いのかね、ってな話してたら、そうだなぁ…、パッと思い付くのだとアイズレーズのライブくらいかな、と。ふ〜む、じゃ、チャレンジしてみますかね。

 The Isley Brothersの1973年のライブ盤「Isleys Live」。時期的には全盛期直前の頃ってな話だけど、それでもだいぶアルバム出せるくらいなんだから期待のファンクバンドだったのだろう。更に言えば、自分的にThe Isley Brothersの名前ってのはジミヘンが前座やってたんだっけ?とかそれくらいしか知らないから、そもそもどういうバンドかもよく判ってない。ソウルとファンクの違いもあるのかどうかよくわかってないからさ。そんな適当な感じで聞いているのだが、思いの外これはロック寄りのサウンドじゃないか、というのが最初の印象。ギターが思い切りジミヘンしてて弾きまくってるのが面白い。こういうバンドでギターがこんだけ弾いてくれるのってあんまりないと思ってたからこういうの出てくると嬉しくなるんだよね。やっぱり特徴的な音とトーンとフレーズだし、白人系ではなかなか聴けない感触あるからユニーク。エディ・ヘイゼルくらいしかしらなかったし、それは嬉しい発掘だった。

 んで、ロック的で良いかも、なんてアレコレ見てると、そりゃそうだ、ディランやニール・ヤング、キャロキンなんかのカバーが入ってるっていうんだからロック的にも聞こえるか、と。その辺弱いから聞いてて分かんないしなぁ…あ、ジミヘンのMachine Gunが来た…、へぇ〜、でも演奏自体は思い切りファンクなワケで、コンガもあって時代を感じるが、どうしていちいちMCで前説的な紹介があるのだろうか。ライブの流れがぶった切られてどうにも勿体無いなぁとも思うけど、これも芸のウチなのか。演奏や白熱ぶりはもちろん素晴らしく、ある種単調になりがちな部分はあるもののライブならではの狂熱ぶりはたっぷりと楽しめた一枚。冒頭の知人が言っていたライブ盤がこのアルバムかどうかは分からないけど多分、コイツなんだろう、熱く聴けました♪



Earth Wind & Fire - Live in Rio

Earth Wind & Fire - Live in Rio
Live in Rio

 黒いの専門ってリスナーがいる。白いのは軟弱だから聴けないんだよ、黒いのがキモくていいんだよ、なんていう輩である。純粋に音楽だけを聴いていくとそうなるのかもな、って事も思いつつ、やっぱりそこにはロック的なカッコ良さとか、それでもいいんだよ、みたいなのがないとね。流れ的にそういう感じになったんで、ちょいと気になってたのをここんところ聴いてて、そうか、なるほど、みたいに思ったのも多かったんで…。

 Earth Wind & Fire、もちろんあの御大であるが、その1980年頃のライブアルバム発掘リリース盤「Live in Rio」。何せ全盛期のライブ収録、更に会場はあのリオなんだからそりゃもう熱すぎるほどに熱いだろうってのは想像にがたくない。冒頭スピーチからだから「ん?」ってのあるけど、曲が始まればもうやっぱり白熱、曲が進めば進むほどに勢いを増しての熱いファンク、そうそう、自分的にファンクといえばこんな感じだよ、ってなくらいにそのままの音が流れ出てくるという驚くべきEW&Fの得意技攻撃、フィリップ・ベイリーのファルセットでのしっとり感もありつつ、モーリス・ホワイトの力強い歌声、ってかこの人歌とリズムが同時に出て来る人だしね。んで、底辺をじっくりと支えるベースのグルーブも最高、やっぱろリズム隊の引き締まり感が凄い。カチャカチャ鳴ってるギターもどんだけのカッティング?ってくらいだし、なるほど世界最高峰と言われたバンドの演奏だ。

 ある種この頃のベストヒット集でもあるから悪い曲もなく、ベスト盤聴くよりも勢いあって良いでしょ。普通にライブアルバムとして聴いてもロックも合わせたってこんだけのはなかなか見当たらない。これまでそんなにこの手の音にハマらずに来てるから助かってるけど、こういうのハマったらそりゃロックなんて軟弱に聞こえるかもね。でも、幅の広さがやっぱり違うか?まぁ、そういう比較をしてもしょうがないんで、素直をにスゲェのはスゲェし、良いモンは良いし、ビシッと心に決まるものが全てですよ。大音量でこういうライブ聴いてたら多分皆響くと思う。良いきっかけになるかも。



Bruno Mars - 24K MAGIC (2016)

Bruno Mars - 24K MAGIC (2016)
24K MAGIC

 ブルーノ・マーズって何なんだろ?って知らないの?って言われるくらいの売れっ子なのかもしれないけど、全然知らん(笑)。ただ、あんなプリンスカバーを見せられたもんだからちょっと気になって軽くアルバムを聴いてみた。R&Bとかヒップホップとか書いてあるからあんまり気乗りしなかったんだけど、YouTubeで聴く分にはまぁいいかって感じで軽くね。

 2016年リリースの「24K MAGIC」、何でも4年ぶりのオリジナルアルバムだとか、それにこれまでとはガラリと変わった作風だとか、その前には何とかって大ヒットシングルが合って云々らしいけど、知らん。興味ないからまるで情報ないし、どっかで聴いたことある、なんてことはまずありえなくて、故に自分の意思で聴く以外の音楽はほぼ知らないからさ、売れてようが何だろうがラジオなんて聴かないし、テレビも見ないし喫茶店で流れてくるヒットソング、なんてのにも多分縁がないし、そもそもそんなトコもあんまりないだろうし、飲むのはコーヒーブラックだし、いや、それはどっちでも良いけど(笑)、そんな中でこの話題の若者の音を聴いてみたのだ。

 何ともまぁ古めかしいブラコンというのか、全然ヒップホップじゃなくてR&Bだね。80年代の黒人系のサウンドが大きいいんじゃない?歌は上手いし音もメロディーもしっかりしててスゲェ聴きやすいから多分才能なんだろう。こんなロック漬けの自分でも聴けちゃうんだからプリンスとかと同じレベルで万人に聴かせられる人なんだな。曲も悪くないし、歌も良いしアレンジもそりゃプロだし、非の打ち所ないアルバムだろうね。売れたんじゃない?ん〜、でもそんだけなんだよなぁ…。ハーフタイムショウでのレッチリも入り交えたライブなんてライブバンドらしくてカッコ良かったんだが、こういうアルバムだと魅力が半減するのはしょうがないのか。ブラコンなライブの方がカッコ良いからどうせ聴くならYouTubeでのライブの方か。





James Brown - Live at the Apollo 1962

James Brown - Live at the Apollo 1962
Live at the Apollo 1962

 何でかな、JBだと実に聴きやすくてカッコ良いな、と素直に思えてしまうのは、やはりThe Whoのファーストあたりでの影響が大きかったからか、それを聴いてその異質感がカッコ良くて、それもThe Whoの魅力に思えたし、それがモッズな音ってモンで、つまりはその頃のファンク=JBの音だったってところに行かないとアレは分からないワケで、今でもThe Whoのファーストってのはよく分からんって人も多いだろうし、逆に好きだって人も多いだろう。生粋のファンクリスナーからしたらあんなもん…って感じらしいが、ロック畑からしたらアレは凄いエネルギーの塊で凄いんだけどな。

 James Brownの1963年リリース作品「Live at the Apollo 1962」。この時代にライブアルバムなんてまず見当たらないと思う。凄く珍しい事で、あり得ないくらいのリリースだろうなぁ、と思ってちょいと調べていると、やっぱりキングレコードからは断られててJBが自費で録音したソースをリリースしたらしく、それがまた大当たりしたということでJBが全国区になり、ライブアルバムってのが手法として認知されたワケだ。それくらいのインパクトを放ったアルバム、っつうかライブショウを記録しているワケで、今でこそ普通にJBのショウと言えばこんな感じだよな、って認識あるけど、当時からしたらライブ見たことなきゃ分からない世界なワケじゃない?最初に前説あってJB登場でノンストップライブで繋いでいるとかさ、一般のポップスからしたら一曲やって「ありがとう!」って言ってまた曲を始める、みたいな印象あるし。それが全てひとつのショウとして連続していて、また良く出来てるワケだ。まるで劇場での演劇を生で見ている感覚だし、やってる側は自然にそうなったんだろうと思う。ライブ=演劇ってことで一発勝負の劇なワケよ。だから解釈が全然違ってて面白い。

 そしてこの「Live at the Apollo 1962」だ。もうねぇ…、息付く間もないほどの連続したショウで緩急つけながらの曲を並べ立てててえらくファンクなのからマイルドなバラードが入れ替わり立ち代わり、そして若々しいJBの底知れぬ歌声があのファンキーさと共に響き渡っていく。素晴らしい、正に素晴らしきライブアルバム、これを聞かずしてJBを語るなかれ、と言わんばかりの作品だ。後にどんだけのライブアルバムが出ようともこの一枚のインパクトは圧倒的。偽物の歓声があったりするけど、それもまた良し。この頃のライブアルバムなんて2chでしか録られてなかったんじゃない?頑張っても4chでしょ?正に生での一発モノ、だからこその一体感とプロフェッショナルさをたっぷりと実感できる一枚。超名盤。



Funkadelic - Funkadelic

Funkadelic - Funkadelic (1970)
Funkadelic

 きっと黒い系の中にも自分の好みの音はあるのだろうと思って、何度となく期待しながらアレコレと漁るのだが、結局はJBとプリンス、ファンカデリックあたりにしかその要素はなく、どうも激しくカチャカチャしているファンキーなのが良いらしく、結局それはロック的なエッセンスがあるからという事になるので、やっぱり黒いの系は苦手だってのは変わらないようだ。今回もさ、アレコレ聴いてみたワケよ。カチャカチャだったらナイル・ロジャースのシックとかさ、でもねぇ、やっぱ曲的にああいうのはハマれなくて、あの頃ナイル・ロジャースのプロデュースでたくさん出てきたパワーステーションサウンドってのも全般的に飽きたもんな…。

 やっぱりね、その手の聴くくらいならこっちのが良いや、ってことでさっさと切り替えてしまったFunkadelicの1970年の最初のアルバム「Funkadelic」。最初のったって、元々がパーラメントでそれのギター強烈版+ジミヘン的サイケの合せ技なのだからそもそも素人が出てきたってんじゃないし、しっかりとやってきたことからの蓄積と新たなチャレンジ作品ってアルバムになる。だからスタジオ作とライブ作が一緒になって登場してくるし、まぁ、何がなんだかってくらいにはサイケしてるし、ギターだってなんじゃこのチープな音は…ってくらいにはチープ。一体どうしたいんだ?ってくらい万華鏡なサイケ。ただ、作ったサイケってよりももっとドロドロにハマってる感じで、いわゆるロックのサイケだと浮遊している感じのサイケなんだけど、こっちのはもう液体ドロドロの中で再消しているってくらいにネバネバした感じ。いや〜、絡みたくないわ…(笑)。

 ただ、その気持ち悪さの分、吸引力が凄くて、チープなギターがいきなり歪んでヒステリックに突き刺してくるもんだから何か掴みたくなるっつうかさ、なんでこんな感じにできるんだろ?時代だろうなぁ…、ジミヘンの影響超大きいバンドコンセプト、しかもジミヘンが行き着かなかった世界へ勝手に辿り着いてるし、この後の活動や音楽遍歴からしても明らかにベースとなるファーストアルバム、その意味では恐ろしい完成度でもあるし、どんな方向性にでも対応していける作品とも言えるが、ただただ生理的に気持ち悪いサウンドってのは変わらない。いやぁ〜、こういうの堪らないね(笑)。



 | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去ログ+

2017年 08月 【19件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon