Category-Riverside 1/2

Riverside - Reality Dream

Riverside - Reality Dream (2008) 散々ポーランドのプログレバンド中心に聴いてきたので、そこまで聴いた後の真打ちRiversideってのはどうなんだろ?って思って何枚か聴いてたんだけど、やっぱり飛び抜けて凄さがあるバンドだなと実感。んで、一番好きなのって2枚組のライブ盤なんだよな…、Pink Floydの「Shine On Crazy Diamond」に移り変わって曲が入り混じっていくあたりなんて戦慄するもんね。そこをまた聴きたいな…って思っ...

  •  2
  •  0

Lunatic Soul - Walking on a Flashlight Beam

Lunatic Soul - Walking on a Flashlight Beam (2014) ぼちぼちポーランドバンドネタも終わりかけてきて次なる方向性をどうするか検討中ではあるけど、やっぱり真髄Riversideはトリに出しておきたいなぁとか考えてた。ところが、昔からお気に入りだっただけあってしっかりと全アルバムレビューしてあったので、書けるアルバムが無かった事に気づいた。よって、Riversideの登場はちょいと難しいか、って事で締まらないポーランドネ...

  •  0
  •  0

Riverside - Wastland

Riverside - Wastland (2018) 日々の情報収集って既に何を目的としているかなんてのも分からなくなっているくらいに様々な情報が入ってくる。それでもヌケモレあったりして、そんなのがリリースされるのか、とかそんなの出てたのか、なんてのはしょっちゅうある。別に急いで誰よりも早くそれを聴きたい、なんてのはあまりないので、後からじっくり聴いたって別に構わないんだけど、リリースされたのも知らなくて、ってなると勿体...

  •  0
  •  0

Lunatic Soul - Fractured

Lunatic Soul - Fractured (2017) 冬に入った、という実感が乏しい。まだ秋になったばかりだ、くらいに思ってるんで、大いに色々と噛み合わないことがあって早く冬を納得しろ、ってな事がある。着るものにしても部屋の中にしても寝るにしても出かけるにしても中途半端な状態のまま…、しかし思い切り冬支度ってまだ早いんでしょ。今冬支度しちゃったら4ヶ月半くらい冬支度のままになっちゃう。別に良いけど、冬が長いなぁと感じて...

  •  0
  •  0

Riverside - Eye of the Soundscape

Riverside - Eye of the Soundscape (2016) インストものを好んで聞く事はあまりないし、そもそもインストってフュージョンとかみたいなのだとアルバム一枚聴けないしね。ジャズとかプログレとかで入ってるのは楽器のぶつかり合いだったり構築美だったりするから良いんだけど、何か割と苦手。多分軽いインストは苦手ってことなんだろう。ポーランドのバンドの中で一番のお気に入りであるRiversideが2枚組のアルバムをリリースする...

  •  2
  •  0

Riverside - Love, Fear & the Time Machine

Riverside - Love, Fear & the Time Machine (2015) 記憶力はある程度良くないとレコクターって出来ないんじゃないだろうかと思ってて、例えばライブラリに何があるかを掌握しておかないと実際に昔は店に買い物に行ってその場でレコードとか見て持ってたか持ってないか、または自分が必要としているレコードなのかどうか、自分の買いたいリストにあるものかどうかってのを記憶してないとダメでさ、もう一回買いに行くってのはある...

  •  3
  •  0

Riverside - Anno Domini High Definition

Riverside - Anno Domini High Definition (2009) 映画といえばハリウッド、しかし同時に深みを求めるとヨーロッパへと進む。そして源流を求めに行くと驚くことに日本に行き着く。これは黒澤監督という巨人がいたからそうなるのだが、自分たちが聴く音楽の志向性の根本にしてももしかしたら最後は日本に行き着くのかもしれないな、なんてこともまま考える。そもそもエンターティンメントとして作られた映画と宗教的娯楽的側面から...

  •  3
  •  0

Riverside - Out of Myself

Riverside - Out of Myself (2004) こないだ新作の「Shrine of New Generation Slaves」を適当〜に書いたばかりだからオミットしとこうかな〜とも思ったけど、これまで色々とポーランド産の陰鬱系なバンドを聴いてきて、そりゃどれも聞き所あるワケだし、なるほどという新発見も多かったんで良かったんだけど、それらを聴いた上で再度Riversideを聴き直してみようか、という試みをしてみたくてちょっと真面目に聴いてみた…聴いて...

  •  4
  •  0

Lunatic Soul - Lunatic Soul

Lunatic Soul - Lunatic Soul (2008) サイドプロジェクトを機能させる程に才能溢れたアーティスト達は寸暇を惜しんで仕事をしているのか。ライフワークとも言えるのだろうが、自身の懐にある音楽観を出すにはひとつのバンドだけでは収まり切らないことからサイドプロジェクトなどでメンバーを集めて実験する、トライするなどと贅沢な環境に持っていけるというのはなかなかないだろうが、凄い事だと思う。周囲も含めて皆が賛同しな...

  •  0
  •  0

Riverside - Shrine of New Generation Slaves

Riverside - Shrine of New Generation Slaves (2013) 人間、やっぱり病んでる音には弱いモンなんだろうか?(笑)いや、そういうワケでもないんだけど、芸術的に高評価な作品って大抵病んでるワケで、狂った人間の作品なんて大抵好評価だしそれのどこが良いんだ?ってのもあったりするが、どこかの段階でそれがわかる。納得しちゃう瞬間ってのがあって、要するにその作品と同調するタイミングがどんだけあるかってことで、普通に...

  •  2
  •  1