ロック好きの行き着く先は…

Categoryヨーロッパ 70s Prog 1/1

Krokodil - An Invisible World Revealed

Krokodil - An Invisible World Revealed (1971) 時代を経てネットが広がって情報の拡散が早くなり、また音源の発掘も進みCD化、DL化される、更に売るものの枯渇感、売れるものの固定化からヘンなものニッチなものの発売、発掘リリースなどあの手この手でとにかく商品を探してはリリースしていく事がファンには嬉しいものの発掘リリースする側はそこまで自信もなく出してみる、みたいな所だろう。おかげで好きモノにはこんなもん...

  •  0
  •  0

Popol Vuh (Popol Ace) - Popol Vuh

Popol Vuh (Popol Ace) - Popol Vuh (1972) プログレバンドって今じゃもう多岐に渡りすぎていて形容詞にもならないくらいなんだが、その昔ではジェネシスフォロワーってのが一番多かったように記憶している。それだけポピュラーだったと言うのもあるだろうけど、フォローできる範疇のギリギリのラインだったんじゃないかな。クリムゾンとかフォロワーの域に辿り着くまでこんなんだしフロイドはフロイド以外がやっても面白く無いだ...

  •  0
  •  0

Bijelo Dugme - Kad bi' bio bijelo dugme

Bijelo Dugme - Kad bi' bio bijelo dugme (1974) どうしてもアルバムジャケットが気になってユーロ圏ながらも手を出してしまったアルバム「Kad bi' bio bijelo dugme」が本日の主役。ネット時代じゃなければ目にすることもなかったんじゃないだろうかと思うアルバムってのはあるな。アナログで実際にこのジャケットを見たことはないのでちょっと勿体無いかも(笑)。Bijelo Dugmeっていうボスニア・ヘルツェゴビナ出身のバンドら...

  •  0
  •  0

Sagrado Coracao Da Terra - Sagrado Coracao Da Terra

Sagrado Coracao Da Terra - Sagrado Coracao Da Terra (1985)  叙情性の賜物から地球への愛へとテーマが大きく進化してしまうくらいにスケールの大きな音世界を聴かせてくれたSagrado Coracao Da Terraというバンド…、何とブラジル産のバンドでしかも最も有名な作品である「Sagrado Coracao Da Terra」は1985年にリリースされた時代錯誤も甚だしいくらいのリリースだ。もちろん1985年当時こんなのを聴いてはいなかったので後追い...

  •  2
  •  0

Sebastian Hardie - Four Moments

 南半球でロックを奏でられる国ってのは非常~に限られていて、その中のひとつにはオーストラリアってのも入ってくるけどやっぱり人種が違うような印象を持っているのは果たして自分の偏見?ま、多分そうだろう(笑)。それでも地球はひとつ、なんて言うのもありだが、そんなことはどうでもよくて…、はい、いや、オーストラリアってのは割と世界的にロックを生み出している国でもあって、メジャーどころはもちろんAC/DCだったりす...

  •  0
  •  1

East - Huseg

 プログレッシヴロックの進化論は大きく二つに分かれていったようで、ひとつは70年代のバンドの雰囲気をそのまま継承していくある意味正当派とも云える進化。ポンプロックなんてのはこの部類に入ってくるだろうし。そしても一方はテクニックがあったが故にテクニカルな路線に走ることでどうしてもクロスオーバー的な音に走る人達。自分的にはどっちの路線もあまり好んで聴くことなく70年代の深堀が趣味だったんだけど、こういうブ...

  •  3
  •  0

Aphrodite's Child - 666

 アナログレコード漁りをしている頃、プログレコーナーを覗くといつもよく見かけるジャケットがあった。真っ赤で「666」と書かれたアルバムで、「666」という数字については後追いの自分的にはやはりオカルト映画の聖典「オーメン」の印象が強くて、実際の意味などあまり深く考えたことがなかったのでインパクトが残っていたんだけど、やっぱおどろおどろしいサウンドなんだろうか、とイマジネーションは膨らんでいた。ただし当時...

  •  3
  •  0

Island - Pictures

 落ち着いた静かな味のある英国牧歌的トラッドフォークから急転直下、突如としてハード&インテリジェンスなサウンドが聴きたくなったので小耳に挟むことの多かったスイスのアイランドというバンドを聴くことに。バンド自体は1976年に解散しているみたいだが、唯一のアルバム…と云ってもメジャー配給ではなかったようなので再発も大変だったことだろうと推測されるのだが、解散後の1977年に「Pictures」というタイトルでリリース...

  •  5
  •  1