Category-New Trolls 1/1

New Trolls - Concerto Grosso 3

New Trolls - Concerto Grosso 3 (2013) 昔の名前で出ています…イタリアでもまた(笑)。以前にそんなことをいくつか発見して呟いていたら色々とご教示を頂き、今は割とそのヘンが活性化していると言うお話でして、来日公演もいくつも目に付くので気になる人は多いだろうと。しかもそれが古い人間ばかりでなくきちんと若者にも知れ渡っていてしっかりと名が引き継がれていたり、音が聴かれていたりするのは文化継承的に大変喜ばし...

  •  2
  •  0

New Trolls - Concerto Grosso N.2

New Trolls - Concerto Grosso N.2 (1976) Concerto Grosso No. 1 Concerto Grosso: The Seven Seasons ちょっとイタリアまで行ってみたので懐かしの音でも…と。自分的にはイタリアのロックと言われるとやっぱりもう70年代のユーロロック時代なんだよね。よくわからないレコードが結構あってどれもこれも妙に芸術チックなジャケットでさ、レコード屋のユーロロックコーナーに塊で置いてあって、何となく気になるからやっぱりよ...

  •  3
  •  0

Nico, Gianni, Frank, Maurizio : Canti D'innocenza - Canti D'esperienza

Nico, Gianni, Frank, Maurizio : Canti D'innocenza - Canti D'esperienza (1973)  そのNew Trollsの分裂組が結成したバンドの一部がこのNico, Gianni, Frank, Maurizioとなるんだけど、こっちのが多分本流…、本流だけどこれを本流としちゃうとNew Trollsって何だったんだ?ってなるから難しい(笑)。音楽性だけをNew Trollsに残してきて削ぎ落したシンプルな筋肉だけで創り上げたのがこの「Canti D'esperienza」という作品、と...

  •  0
  •  0

New Trolls - Atomic System

New Trolls : Atomic System (1973) Concerto Grosso No. 1 昔から中古レコード屋に足を伸ばしてひたすらとレコードを漁っていると、もちろんあちこちのコーナーを見ては探し、そうしている内に知らないレコードでも気になるものが出てきたり、ジャケットで覚えてしまったりして知識が広がるものだ。今回のNew Trollsの「Atomic System」なんてのは正にそんな賜物でして、ユーロロックを意識する前から強烈なインパクトを放つこ...

  •  0
  •  0

New Trolls - UT

 叙情派と言えばイタリアンロック…、月初にイタリアンで始まったくせにまたここに舞い戻ってきているという有様。英国の牧歌的なものを聴いていたらコテコテに叙情的なものを聴きたくなってきていくつかのユーロコレクションを紐解いて見ました。こういうのって気分にならないと聴かないので丁度よかったんです。  あんまり詳しくないんだけどその辺のバンドで好きだなぁ~って思った中のひとつにニュー・トロルスってのがあって...

  •  2
  •  0

New Trolls - Concerto Grosso N. 1

 ユーロロックと一括りに語られることも多いし、実際自分でもユーロ系ってことでまとめたジャンルとして聴いている傾向もあって、改めてそうではないんだなぁと思い知らされながら最近はイタリアものをよく聴いているのだが、ともすればハードロックバンド、しかも様式美、叙情性たっぷりなイタリアンサウンドを持ったバンドがオーケストラとの融合を果たした結集として世界中に知れ渡るほどの名盤を生み出したのが「コンチェルト...

  •  4
  •  3