Category-Museo Rosenbach 1/1

Museo Rosenbach - Zarathustra Live In Studio

Museo Rosenbach - Zarathustra Live In Studio (2012) 日本はプログレ大国…プログレ人気がかなり高い国として知られている、のだろうか…、世界的レベルで見てもロックファンが多数いる中でプログレ人気が高めらしい。確かにプログレ系統のCDなりライブなりはそれなりに売れるし何度も再発されているくらいだから人気も高いのだろう。自分もその意味ではプログレ好きな一人ではあるけど、そこまで筋金入りってんでもない。ただ、...

  •  2
  •  1

Museo Rosenbach - Barbarica

Museo Rosenbach - Barbarica (2013) 凄いな〜、どんどん復活しちゃってるんだな〜、昔のバンド達。それもイタリアものまで。フェスやら何やらと話題も多いんだが、古き良き時代のイタリアンロックが再度注目されたり、また再評価されたりするのはリスナー側からしても聴きやすい環境が出来上がるからありがたい。まさか生で見れるなんて言うのは想像しなかったけど最近じゃそんなことも出来たりと時代は流れて変わっていくものだ...

  •  0
  •  0

Museo Rosenbach - Exit

Museo Rosenbach - Exit (2000)  久々にムゼオ・ローゼンバッハの名前が出てきたので、そうか…と「Zarathustra」を聴いてみることに。いや、やっぱり恐ろしいほどのシンフォニック仰々しさ加減とこってり熱々ムードでして、いつ聴いても名盤の域に入る傑作だなと悦に入っていた所、そういえばちょっと前にセカンドアルバムってのが出ているってのを見たことあったので、そっちを聴いてみますかね、ってことでちょいと手を出してみ...

  •  2
  •  0

Museo Rosenbach - Zarathustra

 ハード&インテリジェンス且つドラマティックな美しさを持つ世界となるとやはりイタリアが一番と言うことになる。70年代のイタリアンロックはそれこそある面ではブリティッシュ・ロックに負けないくらいの技術とサウンドを持ったバンドがゴロゴロと出てきたものだ。英国的サウンドとは一線を画す、…とは云えどももちろんその叙情性に於いては英国ならではのものもあるのだが、イタリアの叙情性というのはやはり元々がカンツォー...

  •  3
  •  1