Category-Gong 1/1

Steve Hillage - Green

Steve Hillage - Green (1978) イマイチよく解っていないギタリストの一人、スティーブ・ヒレッジ。ゴング時代からそのスペイシーなギターの音はヘンだな〜、よくこんなん出せるな〜とか思ったけど、ギタリスト的な側面と言うよりも奇人的な意味で聴いていた感が強い。ギターをきちんと弾かせたら多分相当に弾けるんだとは思うが、それをしないで宇宙音の再現にひたすら取り組んでいる…と言うかその可能性をひたすら追い求めてい...

  •  0
  •  0

Gong - Angel's Egg

Gong - Angel's Egg (1973) 何か自分が思ってるのと違う方向に展開されている本ブログはまぁ、いつもの事と言えばいつもの事なんだが、どうしてそうなっちゃうのかなぁ…サイケデリックとか気分じゃないと言ってるんだが、そっちの方に進んでいるんだよね(笑)。まぁ、いいか、適当に切り上げれば、って感じにいい加減に聴いているんだけど、音楽聴く時ってそんなもんじゃないの、って言うことにしてこれまたサイケデリックっつう...

  •  2
  •  0

Pierre Moerlen's Gong - Downwind

Pierre Moerlen's Gong - Downwind (1979) フュージョンと言う音楽のジャンルに初めて接したのはもう随分前の話なのだが、当初はなんか…さわやかなインストもので、きっとBGM用に作られたものなのだろうな…とそれが音楽の一つのジャンルを形成するものだとは思わずにデパートのBGMやF1のBGMとしてのテーマソングだろうとしか思っていなかった。まさかそういうのをバンド単位で演奏する人たちがいるなんて思いもしなかったもんな。...

  •  0
  •  0

Gong - Flying Teapot

Gong - Flying Teapot (1973) Flying Teapot Angel's Egg  はて、スティーブ・ヒレッジと言えば、普通はゴングというバンドを連想するのかな?普通…普通…普通ってなんだ?意味ないか(笑)。なんてことはない多数決で決められることが普通なのかもしれないが、まぁ、自分的にはスティーブ・ヒレッジっつうと「」なんだけど、まぁ、ゴングでもいいや。それもどっちかっつうと超絶テクニカルフュージョン集団になってからのゴング...

  •  2
  •  0

Gong - Shamal

Gong - Shamal (1975)  自分の中で消化し切れていないまま今に至るバンド、と言うのがもちろんたくさんある。ある程度聴いてきてハマったモノや二度と聴かないな、って言うものもそれなりに何回か聴いたり、ブログに取り上げるに当たって聴き直したり、新たな発見をしたりするものも多い。それこそが耳が肥えたと言うのか、年と共に聴き方が変わると言うのか、この変化というのはこだわりをなくしているんじゃない?みたいに思う...

  •  0
  •  0

Gong - Expresso II

Gong - Expresso 2 (1978)  そもそも英国でSoft Machineを組んでサイケデリックの世界では名を馳せてPink Floydと双璧のバンドとしてUFOクラブの顔となっていた人間のひとりでもあるデヴィッド・アレンがSoft Machineでフランスに行ったら英国に戻してもらえなかったという嘘か真か、ほんとにそんなことあるのか?戦争中じゃないし、国籍がオーストラリア人だったから不法滞在していたが故の英国拒否と言うことだが、ならばフラン...

  •  0
  •  0

Gong - Gazeuse!

 カンタベリー系アヴァンギャルド路線にハメ込むには少々無理があるんだが、まぁ、流れ的によろしいとしようじゃないか(笑)。いや、ゴングの話。どっちかっつうとピエール・ムーランのゴングなんだけどさ。時期的にも1976年以降のジャズ・フュージョン化した頃の作品だったりするので少々カンタベリーのジャズロックとは違うんだけどさ、根がカンタベリーだったハズのバンドなので、逆にここまで変わるモノかと思うくらいの意味...

  •  3
  •  1

Gong - Camembert Electrique

 ここまで来たらやっぱりゴングでしょう~、ってことで超名盤!の「Camembert Electrique」です。永遠のヒッピー、デヴィッド・アレンの話はソフトマシーンの話題を紐解いているとよく出てくるのでご存じの方も多いと思いますが、、、結局バンドでフランスツアーへ行ったら麻薬常習者だったアレンの帰国が許可されずにバンドを脱退せざるを得なかった人です。で、またフランスでバンドを組んで同じようなソフツを追随するかのよう...

  •  2
  •  1