CategoryUK 70s Prog M_Z 1/6

Still Life - Still Life

Still Life - Still Life (1971) 70年代の英国ロック黎明期にはギターレスのバンドも多く見受けられ、その代わりには大抵オルガンを筆頭とする鍵盤奏者が在籍してヘヴィギターの代理をしているパターンが多い。故に当時一番歪んだギターに対抗できる音色をすぐ出せたハモンドオルガンが主役の時代でもあり、そのハードさはギターによるハードロックとはまた異なる円やかなドライブ感を味わえる作品が多い。もっとも両方入っている...

  •  0
  •  0

Pete Brown & Piblokto! - Thousands on a Raft

Pete Brown & Piblokto! - Thousands on a Raft (1970) 当然ながら時が経過すればするほどに音楽は増えていくし進化していくから聴くべき枚数も増えていく。リアルタイムで増えていくものと、過去歴の深掘りの影響から増えていくのと両方あるから果てしなく広がりつつある気がするが、そんなに幅広げて聴いてもしょうがない。そりゃ聴けば好みの音に出会えるチャンスも増えるからそれを探しているとも言えるが、なかなかどれもこ...

  •  0
  •  0

Quiet World - The Road

Quiet World - The Road (1970) CD創世記に早々と絶盤になったアナログレコード音源を再発する動きを見せたレーベルにDawnレーベルがあった。実際Dawnがそういう動きをしたのでもないだろうが、Dawnレーベルの作品はその意味では早々と矢面に立ったとも言える。ヴァージンあたりは戦略的に早かった気もするし、その他ではImmediateもその対象だったか。あの頃は色々と海賊盤紛いのリリースもあって面白かったが、それも商売になっ...

  •  2
  •  0

Salamander - The Ten Commandments

Salamander - The Ten Commandments (1971) モーゼの十戒と言えば海が真っ二つに割れてしまうシーンが印象深いが、あくまでも映画の演出上の映像でしかなく、実際そのような事象が起きたかどうかは知らない。あり得ない事だから偶像でしかないとは思うがインパクトは強い。何かとそのシーンが会話に持ち出される事も多いから、実際映画を見た事無くても知っているくらい。モーゼの十戒とはモーゼが神から与えられた十の戒律で、神...

  •  0
  •  0

Riff Raff - Original Man

Riff Raff - Original Man (1973) ロックの世界でロックらしいカッコ良さをきちんと打ち出せているバンドは今でもロック界に君臨している。音楽的にチャレンジしながらそこにロックを持ち込んだプレイヤーはどこかロック的カッコ良さを出し切れず、ミュージシャン的な意味でも評価される事も多くないままにシーンから見えなくなっていった。それでもミュージシャンとしてどこかの誰かの作品に参加している人も多いので、決して才...

  •  0
  •  0

Ramases - Glass Top Coffin

Ramases - Glass Top Coffin (1975) 宇宙へのイメージ、幻想は想像力を逞しくさせるに相応しい壮大な対象となり、実際に人類が宇宙へ飛び出すシーンを見た世代のミュージシャン達は大いに刺激されたようだ。そのイマジネーションの拡大から多数の作品がリリースされていて、当然ながら駄作もあればトリップしてしまっている作品もある。また、大いにシンクロする作品を作り上げたバンドもあれば勘違いした作品に祀られるアルバム...

  •  0
  •  0

Nirvana - Local Anaesthetic

Nirvana - Local Anaesthetic (1970) Nirvanaの1970年リリース4枚目のアルバム「Local Anaesthetic」はキーフのアルバムジャケットの秀逸さだけで今の時代まで名盤として君臨している作品だ。ここまでジャケットと中身の評価にギャップ感があるアルバムもそうそう多くない。ジャケットの秀逸さが故、コレクター的には入手せざるを得ないし、入手してみれば中身を聴くし、その中身が不思議なサウンドであろうとも唯一無二の才能を...

  •  0
  •  0

Second Hand - Death May Be Your Santa Claus

Second Hand - Death May Be Your Santa Claus (1971) 短命に終わった70年代のバンド郡。それぞれが様々な実験を進めつつバンドを編成して実験的にシーンに登場するも、コマーシャル性に欠ければ没落していくし、バンド内部でも意欲的に出て来た割にはその先をどうするかと考え切れてもいなかったからアルバムを出しても数枚程度でネタ切れ、バンドの方向性が確立される前に崩壊する事多数。それが普通の事で、そこから仕事として...

  •  0
  •  0

Rare Bird - Sympathy

Rare Bird - Sympathy (1970) ロックの定義や解釈はホントに自由だ。音楽そのものも当然自由なものだが、60年代から70年代にかけて多数のバンドが世界中から出てきて、皆が皆それぞれ独自のアイディアを音楽に詰め込み、また独特の発想でバンド形態を組み直し、様々な音楽を奏でていき、更にはエンターティンメント性やパフォーマンス重視などアートの世界とも結び付き、表現者としてショウビジネスの拡大に進んでいった。だから...

  •  2
  •  0

String Driven Thing - Suicide

String Driven Thing - Suicide (1996)  グレアム・スミスというフィドル奏者もVDGGに参加した事で一躍名を挙げた。元々はString Driven Thingに在籍しており、アルバムも残しているが、他にも幾つかの周辺バンドへのゲスト参加も見られる。その後にVDGGに参加して以降は地元に戻りクラシックの道に戻っていったと何かで読んでた。自分の70年代ロック収集時にはそのヘンまでで70年代のを漁り切っててその後をきちんと抑えてい...

  •  0
  •  0