Category-Camel 1/2

Camel - Dust & Dreams

Camel - Dust & Dreams (1991) もういい加減聞き飽きてるだろう、ってロックを聴いていながらにして今でも思うのがカッコイイな、これ、っていう作品や演奏。どんだけこの痺れ具合に踊らされてロックにこだわったことか。別に強制されてるんじゃないから自分の好みで勝手にそこに居着いているんだけど、事あるごとにカッコイイな〜、これ、って思う瞬間があったり、ライブ映像見てても涙出そうになって見てるとか聴いてるとかあっ...

  •  0
  •  0

Camel - Nude

Camel - Nude (1981) グループ最初期からどんどんとメンバーが変わっていきつつも基本路線となる音楽性を保ったリーダーだけはずっとバンドに居続けることでバンドの名前と音楽性の一貫性を維持しているというスタイルはこれだけ長々とロック史が続くと幾つか見つかるものだが、稀に二つに分裂してしまうのもあってなかなか笑えるのだが、Camelはそういう意味では明らかにアンディ・ラティマーのソロプロジェクトとしてバンドが進...

  •  2
  •  0

Camel - I Can See Your House From Here

Camel - I Can See Your House From Here (1979) 自分の音楽の好みがどんどんと変化しているな、と感じることがある。それでも昔好きだったのをキライになることはないけど、そんなに聴かなくなるってのはある。それが散々聴いてもう自分では消化しちゃってるから同じのをまた聴かなくても、時間を割かなくてもいいか、っていう類の音楽と、それほど聴いてないけど、好みとして変化したので今はあまり聴かなくなってる、ってのが...

  •  0
  •  0

Camel - A Live Record

Camel - A Live Record (1976) 昔々のお話だが、休みの日になるとやっと寝坊が出来るって思う方が強かったから大抵9時とか10時まで寝てたものだ。そもそも寝るのが3時とか4時だからそうなるのは当たり前だけどね。そんな話をしてたら全く逆の考え方で、折角の休みの日だから朝早く起きて色々としたいことをするんだ、って人がいた。なるほど、そういう考え方もあるのか、って思ったが、それからン十年、そんな事考えなくても暑い...

  •  3
  •  1

Camel - Breathless

Camel - Breathless (1978) 最近色々と環境が変化してきている事もあってかまたロックをちゃんと聴いてるかな…、ちゃんとって言い方もアレだけど、他に忙しくて流し聴き的な時間ばかりになるとやっぱりノリの良い快活なものを流している、その中でフックの効いたのをチョイスしてるって言う感じだったんだけど、ちょっとだけ時間を大切にしながらじっくりと聴くようになってる、ってのかな…、まぁ、あまり変わらないんだけど、実...

  •  2
  •  1

Camel - Snow Goose: Re-Recorded Edition

Camel - Snow Goose: Re-Recorded Edition (2013) 2013年最後のブログ記事は何にしようかな、とかあったけど何となくいつもの流れのまま聴いてるものをそのまま書いてみるかと。ちょっと起伏を付けて書いてもよかったんだが、考えるの面倒になったからそのままです(笑)。毎年の事ながら年末はブログのアクセス数が結構減るので皆さん色々と忙しいのでしょう、だから故さほど気を入れなくても良いって言うのもあるかな。2013年は...

  •  0
  •  0

Camel - Rain Dances

Camel - Raindances (1977) 今年は年末年始がやたらと長い設定になっているカレンダーで、ふと最近まで全然その長さに気づいていなかった。世間的に長期休暇な人が大変多いんじゃなかろうか?ってことは…、と考えを巡らせるもののあんまり自分には関係ないような気もするな〜とか(笑)。それを考えてみるともうあと数日で年末の忙しさに突入するのだな。昔ほどハチャメチャでもなく忙しくもないし、結構落ち着いてるんでどうと云...

  •  3
  •  1

Camel - Camel

Camel - Camel (1973) The Snow Goose (Remastered) A Live Record (Remastered)  浮遊系のプログレッシブバンド、そしてイマイチ掴み所の難しさが恐らくここ最近のファン層の獲得という意味では割と少ないんじゃないだろうかと踏んでいるキャメル。70年代のバンドって90年以降に再評価される場合が多くてそこから既に20年が経過しているのだから今じゃもう皆同じように横一線に並べられてああだこうだと言われるバンドは限られ...

  •  2
  •  0

Camel - Moonmadness

Camel - Moonmadness (1976)  プログレっていう定義は実に奥深い。カテゴライズされることにさほど意味はないけど、プログレってあまりにも幅広いから困る。ジャンルがわかりにくいロックは全部プログレ、とでも言わんばかりのカテゴライズだからさ(笑)。よくカテゴリは関係ない、自分が良いと思ったものを聴くのみ、っていう名言を聞くんだが、実際カテゴリ分けってのは必要なんだよな。自分の中でも、音を探すのにも。似た傾...

  •  4
  •  3

Camel - Mirage

 やはり音楽の叙情詩というものは重要だ。これは残念ながらアメリカからは出てこれないサウンドだろうな、と決めつけてはいけないが、やはりやむを得ない事実ではないかと。まぁ、偏見とも言うのだが(笑)。いや、でもやっぱりヨーロッパならではの伝統的な側面だというのはあるはず。殊に英国の叙情性というものは他のヨーロッパ諸国のモロに露骨な、例えばイタリアのようなものとは異なり大げさにはならない。それでも深くしっ...

  •  6
  •  1