Ammunition - Shanghaied

Ammunition - Shanghaied (2015)
Shanghaied

 哀愁のあるメロディなロック、って言ってもなかなか簡単にはないジャンルなんだな。今時でそういうの探してみると大抵メタルやメロハーになっちゃってて、そうでもないんだよなぁ…とその中途半端な感性の少なさを実感中。そもそもロックという音を出してるバンドが少ないからしょうがないんだろうけど、もうちょっとテクニックとか楽器とかじゃなくってストレートにロックしてるだけ、ってのがいないもんかね。

 元Wig Wamってのを知らず、いつしか解散していたWig Wamのボーカリスト、グラムさんが新たに組んだバンド、っつうのかソロプロジェクトっつうのか、がAmmunitionってバンドで、2015年にアルバム「Shanghaied」をリリースしている、のをつい先日知って聴いてた所。Wig Wam止めてたとはなぁ…、当然と言えば当然だがやや残念。それでもバンドの花形なグラムがこうしてすぐにシーンに出てきているのはありがたいね。この人、とんでもなく歌が上手くて根っからの芸人なので、聴いてて気持ち良いし、惚れ惚れするボーカリストなんだよね。抜けが良いし、はっきりしてるし安定しまくってるしパフォーマンスも良いし。んで、このAmmunitionってバンド、Eclipseってバンドの人とのユニットらしい…けど、そっちを知らないので何とも言えない。

 このアルバム聴く限りは相変わらず迫力のある上手いボーカルを活かしたハードにドライブさせたハードロックが並び、もちろんお決まりのバラードもありつつ、Wig Wamでは80’sパロディ的な側面が強かったけど、ここではもうちょっと今の時代のバンドに沿った傾向にしていこう、という感は感じる。と思いきや冒頭から途中のギターカッティングで「Beat It」のフレーズが一瞬出てきたり、その他もあれ?って感じで散りばめられているので、本人の意識はあまり変わっていないのかもしれん、それよりもそういうのを入れるのが彼らしい曲作りのセンスなのだろう。いいじゃないか、聴いてて気持ち良いもんね、ホント。





H.I.M - Love Metal

H.I.M - Love Metal (2003)
Love Metal

 「最近良いロックある?」なんて訊かれることもあるんだけど、そもそも最近シーンに普通に「ロック」と言える音やバンドが存在しているのだろうか?などと自問してしまう。ヘンなのやポップなのはたくさんありそうだし、メタルやそれ以上の音、ってのも結構ありそうだけど、普通にど真ん中の「ロック」ってのをやってるバンドってあまり思い付かない。それってどういうの?ってもアレだけど、メッセージとして言いたいことってのがないんだろうな、世界的に。だからそういう筋論的なのを言うのもほとんどなくて言葉としてのメッセージになってるのかもしれない。何言ってんだ?って話だけど…。

 話変わって、フィンランドのメロディアスなバンドと言えばラブメタルを提唱している唯一のバンド、H.I.Mですね。そのH.I.Mの2003年リリースの4枚目のアルバム「Love Metal」そのものです。当時からそのラブメタルってのを掲げていて、何だそりゃ、アホか、って思ってたんで全然聴かなかったんだけど、それでもフィンランドだし、メロディ的には多分、アレ系の塊なんだろうな、ってのもあったからやっぱりどっかで手を出すんだよ。んで、ちょいと軟弱的にも聞こえるのは事実だけど、レベルはやっぱり高くて哀愁のメロディというよりかは、普通に良いメロディが散りばめられている作品、バンドで、かなりこのアルバムはメタル寄りになるのかな、エッジ立ってて暗くて愛が伝わってくる作品とも言えるね。音楽的な所ではロマンチスト系な作風とでも言えば良いか、やたらとキャッチーで重さは皆無。不思議なことにそういう作風、即ちお茶の間にも受け入れられるであろう軽やかさとメロディのある作品、ってことだ。

 こういうバンドってあんまりないんだろうな。日本のビジュアル系みたいな位置づけになるんだろうか、フィンランドや英国あたりではかなり認知されているバンドのようなので、多分そういう感じなんだろうけど、まぁ、分かる。ギターソロがスゲェってんでもなくバンドにパワーが有るってんでもなく、多分ルックス的な側面と聴きやすさ。それでもこのメロディセンスの秀逸さは他では真似出来ないものがある。そのセンスと人気を見越してか、次作からアメリカでのアルバムリリースへとバンドはステップアップしていくのだ。





Sentenced - The Funeral Album

Sentenced - The Funeral Album (2005)
フューネラル・アルバム

 ふとした時にハマるフィンランドのメランコリックメロディー熱。多分このメロディが好きじゃないってロックファンってあんまりいないんじゃないだろうか。知らないから聴かないってのはあると思うけど、嬉しいことに何故かそのメロディはハノイ・ロックスが80年代から日本で売れていたことで知られているあのメロディー感だ。最近ではもうフィンランドがメタル王国として知られているので、そっちから入る人も多いとは思うけど、別にメタルじゃなくても根本的にあの哀愁漂うメロディってのはフィンランド産のメロディセンスとして出て来るものなので、どんなの聴いても実感するんじゃないかな。

 ってことでフィンランド産のバンド、なんかああいうのないかな〜って適当に探してみると色々あるんだよね。自分が知らないだけでその世界じゃ結構評価されてるバンドは多い。その中からSentencedというバンドの2005年リリースの最終作となった「The Funeral Album」ってのを。それまでの作品を聴いてないからここに至った過程を認識せずに聴いているんだけど、これは好みだわ(笑)。音がヘヴィメタル的だからアレだけど、メロディセンスとか疾走感とか鬱感とかやっぱり良く出来てる。こういうの求めてたんだよ、今はさ。メランコリックメロディの宝庫、且つしっかりバンドの音としても美しく叙情性を持っての展開、ダミ声が好みを分ける所だろうけど、味わいあって良いでしょ。

 しかしこんだけの作品でラストアルバムって勿体無い…、十二分に突き抜けてて疾走している作品だし、明らかに頭一つ出たバンドだったろうし、今のシーンでもいたら楽しみなバンドだったろうしね。こういうのがLordiはBattle Beastに引き継がれていってフィンランドのシーンの象徴になっていったってのが分かるサウンド、これはまた最初期の作品から徐々に聴き漁っていかないといけないなぁ…、聴きたくなってきた(笑)。







Battle Beast - Bringer of Pain

Battle Beast - Bringer of Pain (2017)
バトル・ビースト『ブリンガー・オブ・ペイン』【CD(日本盤限定ボーナストラック収録/日本語解説書封入/歌詞対訳付き)】

 ヨーロッパってホント、メタル的シーンが充実していると言うのか多いってのか、その手のばかりが目立つ。もちろんポップシーンもあるんだろうけど、バランス的にはメタルシーンも結構着込んでるんだろうなぁという気がする。その辺もあってか、かなり面白いバンドがいくつも出てくるし、その反面バンドが短命だったりメンバーがコロコロ替わったりとなかなか大変な事も多くでているのは確かだけど、それだけメンバーも働き口があるってことなのだろう。

 Battle Beastもボーカルが替わったり、メインソングライターがいなくなったりとなかなか大変な人事が発生しているけど、バンドのコンセプトと出て来る音が評価されているので頑張って存続しているようだ。自分的にはこのバンドはメロディが好きなのともちろん迫力の女性ボーカルも好きだ。まぁ、フィンランドのこの辺のハードロック止まり程度のバンドってのは好きですね。ハードロックよりはメタルに入っているかもしれないけど。んで、そのBattle Beastが2017年早々にリリースしたのが4作目のアルバム「Bringer of Pain」。相変わらずインパクトのあるジャケットで一回見たら印象に残るアルバムで、もちろん中身も今までの作品からしてもかなり良作で、バンドのポテンシャルの高さをしっかりと出してきてくれた。

 パワフルでメロディもしっかりしててキャッチーでツボを抑えている曲ばかりが並んでいるんで普通に聞きやすいし、だからと言ってパンチもあるから軽くはない、メタルメタルもしてないから耳障りもそれなりに悪くない。曲の出来具合もしっかりしてるからなぁ…、面白いバランスで保たれてるバンドだ。これまでの作品全てがそんな感じなので、一生そのままで進むんだろうな、どうすんだろ?そうするとバンド的には多分長持ちしないし、その辺他のバンドも含めて上手く深化出来ると良いな。





Last Autumn’s Dream - Saturn Skyline

Last Autumn’s Dream - Saturn Skyline (2006)
サターン・スカイライン

 この手のAOR的メロハーってヤツは自分的にはもちろん聴きやすい部類にあって、キライじゃないんだけど、ずっと聴いていられない音ではある。流して聴くには心地良くて、そりゃもちろんギターソロやメロディのツボなんかもしっかりハマるから楽しいんだけどさ、ひっかかりがちょいと弱くて、だからこそ流して聴いていくにはどんどんと聴いていけるというシロモノ。そういう聴き方が良いのかどうか分からないけどさ。

 Last Autumn’s Dreamの4枚目「Last Autumn’s Dream - Saturn Skyline」、2006年の作品…、ってそんなに新しいバンドの音なんだ。そりゃそうか…、それでももう10枚位のアルバムはリリースしてるんだからベテランの域にあるんだもんな。基本的にFair Warningからのメロディメイカーによるプロジェクトだから安定的なメロディアスハードロックなんだけど、以前にも増してツボを得たメロディが上手く作られてる気がする。こういうメロディって狙って作れるものなんだろうか?音楽理論的にメロディアスだ、と感じられる音階の旋律とか音の移り変わりみたいなのが定説としてあるのだろうけど、それってコード単位だろうから、そこを流れるメロディの組み立てってのはどうしても作る人のセンスに依存する所が大きい気がしている。それで、このレベルをずっと出し続ける、それがその人の才能として生み出し続けられるってのは普通に歌詞や曲を作り続けるってのとはちょいと違うように自分では思う。

 なので、その才能はかなり特殊なんだろうってのはあるとしても、次に出てくるのは当然だけどどれもこれも似たようなメロディの羅列になってしまって曲による違いがどんどん出しにくくなるってことだろうか。それもある種しょうがない話だろうから、歌詞やらアレンジやらで差をつけてくんだろうね。だから自分的にはずっと聴いてると飽きるってのはあるけど、作品としては相当良質な部類な事は確か。こんだけの泣きのギターを入れられるとかさ、歌にしても大衆的なメロディで聞かせてくるし。このバンドってどれ聴いてもそういう意味で駄作が無かったし、それこそバンドのジャンルとして確立されてる節はあるもんね。





Fair Warning - Rainmaker

Fair Warning - Rainmaker (1995)
RAINMAKER

 70年代のドイツって面白いのいっぱいあったのに80年代になると突如何も無くなってクラウトロック=ヘンなのばかりが脚光を浴びてくる、ようなイメージ。それとNena♪ 多分自分の勘違いで、もっとたくさんドイツってのはあるんだろうと思うけど、全然体系化も研究も出来てない。その辺はこれからの楽しみってことにしておこう。ちょいと路線の外れたのが出てきてしまったので、ガツンと爽やかに気分を変えようってことで想像もしなかったであろうコレを突如聴いてました。

 Fair Warningの1995年のセカンドアルバム「Rainmaker 」。いやね、AOR的ってもさ、ガツンって欲しいし、なるほど、そういう所でメロハーってジャンルは活躍するのだな、なんて思った次第。今更気づくなってくらいに時代遅れですがね、90年代ってのは自分的にはついこないだって感覚でしかなくて、どっちかっつうと新しいバンドとかアルバムって感覚なんだよな。良くないよな、こういうジジイ的感覚(笑)。それはともかく、あの暗黒の時代のドイツでこんだけ爽やかなのやってたって凄いよなぁ、しかもそれなりに売れていた、んだろう。爽やかってもしっかり影があって単純なAORにはならないのはさすがだし、何と言ってもギターソロのメロディアスさと歌メロの美しさ、更には楽曲の哀愁とよくもまぁこんだけツボを刺激するような曲とメロディが出来てきたものだと感服する。

 自分がこの頃10代だったら凄く聴いてただろうし、有無を言わせずにファンになってただろう事は想像に難くない。それくらいに抜けのない、人間の感情的に押さえるべき所は全て抑えているアルバムで、多分Fair Warningの全アルバム郡の中での人気は高い位置にある作品じゃないだろうけど、自分的にはコレ、凄いなぁと思う。だから他の作品聴いてみたらもっと凄いなぁって思うんだろうけど、「Go」のクサさほどではなく、適度にツボを得たアルバムって所が好みなのかも。アコギも鳴ってるし、やり過ぎてない音作り曲作りが心地良い。

 いいねぇ、こういう快活な音を聴きたかったんだよ。想定通りに入ってくるサウンド、ギターソロ、ドラムのオカズ、期待通り、そして心地良いハイトーンボーカル、あの時代にコレだったら売れたのも納得。かなり浮いてたバンドだったんじゃないだろうか。今聴いてもこんだけ快活なのはなかなか無いしね。



Lordi - Monstereophonic (Theaterror vs. Demonarchy)

Lordi - Monstereophonic (Theaterror vs. Demonarchy) (2016)
モンステレオフォニック(シアテラーVSデモナンシー)

 15年選手のバンドって既にベテラン領域に入るだろうし、それだけ一線にいるってことは実力も人気もあるのだろうし、そりゃそうだよな。中高生頃に聴いてたとしたってもう家庭持ちくらいの年月なワケで…、ん〜、自分からするとついこないだ知ったバンドで面白かったから今でも新譜が出ると普通に聴いてるというだけなんだが15年…、早いモンだ。ふと気づけばなんでコレ聴いてるんだろ?って程度でしかないんだけど、それでも今でも唯一無二の音とインパクトのバンドに変わりはない。

 Lordiの何枚目だろ、8枚目になるのかな、「Monstereophonic (Theaterror vs. Demonarchy)」。ここ三枚くらいはメンバー固定でやってるのもあって安定した一枚。もっともMr.Lordiのワンマン体制なのでバンドメンバーによる変数はさほど大きくはないだろうけどね。うん、だから今回もこれまでとまるで変わらない安定のフィンランドメランコリックポップなメロディをメタル調で聴かせてくれるけど、モンスター衣装でやってるからイメージはオドロオドロしてるけど、曲はかなり軽いしメロディーがしっかりしてるので意外なほどに聴きやすいのが特徴的だ。それはこれまでの作品と大して変わらずにそのままの路線で、良くも悪くも毎回ほぼ同じアルバムが続いていると言えるか。そういう意味ではどこに向かうのか、って気はするけど…。

 多分歌詞の世界で結構色々と深掘りしているんだろうなぁとか勝手に思ってるんだけど、そこまで聴いてないのでやはり曲で好みかどうかなんだよな。でも、途中のインストとかテーマとか含めて、またアルバムのサブタイトルとか見ても、とある世界を打ち出しているハズで、そういうシアトリカルな方向性がひとつあるのだろう。Mr.Lordiの趣味嗜好からすればきっとそうだろうとも思えるし。まぁ、難しいこと考えずに相変わらずの良質なロックを聞けるってことで楽しもう。





Amaranthe - Maximalism

Amaranthe - Maximalism (2016)
MAXIMALISM(デラックス・エディション)(初回限定盤)(DVD付)

 聴いたことない音だ、ってのが一番差別化出来てて商業的に売り文句にもなるし、宣伝しやすいのはわかるけど、それは新しすぎて受け入れられるかどうかって疑問符は付くので難しいところだ。それでも新しいのが無いとどんなトコでも何でも衰退していくんだからきちんと新陳代謝を図っていかないといけない。ましてやロックの世界なんてそうだろうし、音楽の世界そのものがそうやって膨らんできていたものだ。

 スウェーデンからの新進バンドAmarantheの2016年作「Maximalism」、4枚目くらいかな。そもそもがディスコ(ユーロビート系)とメタルの融合ってトコで、そのミックス具合は時々によるし曲次第でもあったんだけど、これまではやっぱりメタル寄りな音から見ての異質感が強かった。ところが今回は逆にユーロビート感が強い中でのメタル度って感じで、それが好き嫌いを分けているようだけど、そんなモンだろう。いつも聴いてて笑っちゃうんだけど、今回も大爆笑してしまったアルバムで、いや、何度も絶対聴かないし、何だろなぁ、これさ〜、って思うんだが、面白い試みだよなぁと云うのはいつも思う。ホントにユーロビートとメタルの融合だからさ、相反する世界が同居してて絶対イヤだもん。でも、こりゃよく出来てるわ…っていうのはある。

 同じような世界をやっててもっと世界に通用しているのがBabymetalなんだろうけど、ユーロビートというカテゴリがちょいと狭かったか。Babymetalはアイドルというものを合わせてるから幅広いもんな。そこがAmarantheの難しい所で、だからアルバムごとに新しい試みをしていてもなかなか広がり切れないのかも。それでもこんだけミクスチュアなのをこのクォリティでどんどんと立て続けに出してくるのは凄い制作陣だと思う。もっと凝っても良い気がするけどな。メタル側のどの世界のリスナーに訴えていくのかもちょいと中途半端だし、ユーロビート側も然り。その辺の戦略の甘さはある気がするが、面白いのは面白い。



Lordi - Market Square Massacre

Lordi - Market Square Massacre
Lordi: Market Square Massacre by Lordi

 フィンランドの首都、ヘルシンキは市内で60万人程度の人口、周辺の都市部と言われる部分合わせて140万人程度と言われているが、2006年に怪物メタルバンド、Lordiがユーロビジョンコンテストで優勝をかっさらい、その凱旋記念公園としてヘルシンキの港でフリーライブを行った際には何と10万人が集まったと言われている。外部からの流入などあれども、それだけの国民を動かしたという事で完全に国民的ロックバンド、しかも子供にもウケるルックスとキャラクター、そして馴染みやすいメロディやキャッチーなフレーズで愛され続けているようだ。

 その模様は日本盤だと「ハード・ロック黙示録 スペシャル・エディション(DVD付)」のおまけDVDに30分強のライブが丸々収められているし、単独DVD「Market Square Massacre」としてもリリースされているが、普通はおまけ付きCDで持っているもんだろう。いや、今から手に入れるなら別に何でも良いけど多分YouTubeで観ても同じだろうし…ただ、DVDだとLordiのメンバーがライブ映像見ながら勝手にコメントを入れている副音声もあって、それがもちろん字幕で出るのでそれなりに楽しめる。何とも気さくなロック野郎達的なバンドの会話で、身内で楽しんでビデオ見てる雰囲気そのままってのが良い。彼らもそんなに集まっているとは思ってなかったみたいだし、ただ、多いなぁ…と思っていたようだ。映像ではカットされているけど大統領がステージに上がって握手して云々って一幕もあったようで、さすが国を挙げてのユーロビジョンコンテストの優勝者は普通とは扱いが違う。ちょいと他の年も調べてみたけど、優勝者でそこまで世界的印知名度が上がったのって、他にはもう随分昔になるABBAかセリーヌ・ディオンくらいしかいない。そこにこのLordiなんだから恐れ入るってなもので、改めてこの異質な快挙に驚くばかり。

 さてさてそのライブ映像、見ると一目瞭然なんだけど、港の全部が人人人で埋め尽くされ、本気で10万人いるだろうな、これ、ってくらいに人が満ち溢れている。それでいてスクリーンも無けりゃスピーカーも基本前方にしかなくて、こおkまで集まるなんて思ってもいなかったってのはアリアリとわかるけど、いやそれにしても凄い人。フィンランドってメタルが普通にお茶の間に馴染んでるって言うけど、どこまでなんだろ?それでもここにいる人達皆楽しんでる感じだから、まんざらでもないのだろう。フィンランドでここまで人が集まるって、そうそうないだろうし、Lordiとしても間違いなく最絶頂期であっただろし、素晴らしい。んで、ここで歌われてる曲ってどれもキャッチーで覚えやすくて良いしね。最近少々動きが鈍いのが残念だけど…。

ハード・ロック黙示録 スペシャル・エディション(DVD付)

AC/DC - Live At River Plate

AC/DC - Live At River Plate
Live At River Plate

 アルゼンチンでの熱狂ぶりをマジマジと実感できるライブ映像をリリースしているのもいくつかあるだろうけど、こりゃまたスゲェな…ってのがAC/DCのアルゼンチンでの2011年のツアーのライブ。何とも凄い人の波が全てユラユラと飛んでハネて踊って騒いで熱狂しているという暴動だろこれ、ってくらいのライブが見れる。それに触発されるかのようにどんどんと熱を帯びて演奏していくAC/DC、その興奮と熱狂が一体化してものすごい事になってるのを映像レベルで確認出来ちゃうんだから実際の会場はとんでもなかっただろうなぁ。

 AC/DC「Live At River Plate」。2011年のライブなんだけどさ、過去最高なんじゃないか、ってくらいの気合と熱気とパフォーマンス、一体このジジイ達はどんだけエネルギッシュなんだと不思議に思う。この広いステージを縦横無尽に走り回るアンガス・ヤング、その熱狂を受け止めつつもいつもおスタイルでじっくりと歌い上げていくブライアン・ジョンソン、いやはやさすがに百戦錬磨のライブバンドなだけあって観客のパワーをそのままエネルギーに変えて発散しているってのは凄い。見て聴いてるだけで凄いのにこの熱狂的な観客…、いや、見てるととにかくそこに目が行っちゃうんだよ。この馬鹿でかい所で皆が皆大騒ぎなんだもん。そりゃ映像化したくなるわな。

 面白いのはこの頃ってアルバム「Black Ice」のツアーだったから新曲郡もたくさんあるんだけど、それでも大騒ぎでさ、そういう隔たりなくAC/DCを楽しむというスタイルがこういう観客になるんだろうね。まぁ、普通にそこで初めて聴いてても相変わらずのR&Rだからノレるのはあるだろうけど。ホント、ライブ向きな曲が多いんだとつくづく実感。圧倒的なパワーを振り撒きまくって名曲郡ももちろん大放出してのライブ、スゲェわ。



 | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

過去ログ+

2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【26件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon