CategoryUS 80s HR 1/2

Circus of Power - Circus of Power

Circus of Power - Circus of Power (1988) 昔は違うジャンルのバンドとしてカテゴライズされていたのが、いつしかこういうカテゴリのジャンルに属しているんだよ、みたいな事が起きる。ジャンルやカテゴリの細分化によるものだったりブームから名付けられたカテゴリなんてのは後になればきちんと音楽性に準じたカテゴリに戻されるというような事も多い。それでもその時代で聴いていれば何でそんなカテゴリになるんだ?なんて思う...

  •  0
  •  0

Night Ranger - 35 Years & A Night in Chicago

Night Ranger - 35 Years & A Night in Chicago この時期に台風ですか…、秋雨前線による天候不具合に加えてのトドメの一撃、スカッとした秋晴れの空の下でお散歩したいですねぇ…。お散歩ってお散歩じゃないけどさ、雨や曇り空ばかりの日々ってどうしてもどことなく陰鬱になっちゃうじゃない?キライじゃないんだけど長すぎる。ロンドンなんてのはそんな天候ばかりだからああいう湿った音が出来上がるってのあると思うんだが、日本...

  •  0
  •  0

Bon Jovi - Keep the Faith

Bon Jovi - Keep the Faith (1992) アメリカを席巻したバンドのひとつにBon Joviがあるけど、途中からAOR路線に走り自身達では曲を書かずに売れ線に走ったという印象があって、実はそれ以降ってのはもうほぼ聴いてなかった。ところがその辺も聴いてみると、自分達で曲作って頑張ってるのもあって、魂売ったんじゃなかったのか?そういう作品もあるんだ…、なんて不思議に思ってしまった。しかも出て来る楽曲がこれまた新しい作風で...

  •  2
  •  0

Night Ranger - Don’t Let Up

Night Ranger - Don’t Let Up (2017) 明るくてヌケが良くて快活でドライブするロック、ってのがアメリカのロックのイメージで、色々な方向性があるけど概ねこの部類に入ってくるんだよね、アメリカってさ。近年はメタル勢があって、こういう概念下には入らないものも多くなったけど、元々アメリカってのはそういうロックだった。キャッチーさももちろんの事ながら上手さってのも当然あって、人様に聴かせるモノなんだからきちんと...

  •  0
  •  0

Full Moon - State of the Artists

Full Moon - State of the Artists (1980) 先日とある告別式に参加したのだが、参加そのものはもちろん好きじゃないのは元より、参加してみていつも感じるのはお坊さん達のコーラスワークの美しさと木魚と鈴の音色の美しさだ。人数が多くなるとコーラスワークの厚みが増すから迫力が増すのと共に熱気と気合いがどんどんと高揚していくことでさすがに魂弔いの儀式だから凄い迫力だもん。かと言ってそればかり追求して聴くってもん...

  •  0
  •  0

Winterhawk - Revival

Winterhawk - Revival (1982) ストラトの音ってのはこういうのには相応しいんだなとつくづく思うのだが、もっとハードになってくるとやっぱりダメだろうって思っちゃう境界線がある。音的には嫌いじゃないんだけど一線を超えると苦手な音になっちゃうという自分にはどういうわけかハードルのあるギターの音色、不思議なもんだ。昔はそれだけで聴けなかったのも多かったが、今はまぁ、別に聴けないってんでもなく気に入らんなとい...

  •  4
  •  0

Bon Jovi - New Jersey

Bon Jovi - New Jersey (1988) どうにもHR/HMの細分化されたあたりになってくると1ジャンル1バンドみたいな構造になってるんじゃないかっつうくらいジャンルの形成と代表バンドとが近接している感じ。多分そのアンダーにはたくさんのバンドがあるんだろうけど、代表バンドが筆頭格なのでそれで十二分、ってお話。他のバンドは筆頭バンドを超えないんだよ、結局。だからどんどん衰退したり絞られたりしていくみたいね。その分皆新...

  •  3
  •  0

Night Ranger - Japan Tour ’83

Night Ranger - Japan Tour ’83 聴いてるものと聴きたくなるものとがズレてて何か聴いちゃってるってパターンもよくあるのだが、そうすると大抵話がかなりズレた方向に進む傾向になるのはわかってる。ただ、それが面白いのもあるし、実際何かを聴きたいと思う時に普通はそれを取り出せば良いんだけど、ブログネタか〜みたいなのもあって上記のようなズレが出るんだな。それで良いんかい?って話だけど、それで良いんです、きっと...

  •  0
  •  0

Faster Pussycat - Wake Me When It's Over

Faster Pussycat - Wake Me When It's Over (1989) 音楽的にジャンル分けってのは対話をする以上は必要なものだと思うんだが、そういうカテゴライズでバンド名を当てはめて記憶していくとどうにも宙ぶらりんになってしまうバンドがいくつも出てきて困る事もある。特にハードロックとヘヴィメタルの境目辺りとかロックンロールとブルースロックの境目辺りとかさ、細かく言えばブラックメタルとデスメタルの境目とかあるのかもしれ...

  •  0
  •  1

Badlands - Badlands

Badlands - Badlands (1989) ジェイクと言えばバッドランズと思い付く方々も多いんだろうか、とふと気づいてみると自分の周囲でもジェイク信者がいてやたらとバッドランズ聴いてたな…と思い当たった。結構良く遊んでたから車に乗るとよく流れてて、その時はあんまり気にしなかったんだけど今回ちょこっとどんなんだろ?って聴いてて幾つも聞き覚えのある節があったんで思い出した次第。80年代終盤に出てきたバッドランズはもちろ...

  •  2
  •  0