CategoryUK 80s HR/HM 1/3

Forcefield - Forcefield

Forcefield - Forcefield (1987) ミュージシャンってのは元来風来坊的な活動が自然なのかもな、って。自身の腕ひとつで他者から認められて一緒にやろうぜ、みたいなのが基本だから、そんなにバンドという形態に縛られる必要もなく、自由にプレイする、その時々のリーダー作ならそこに追随していく、ってね。ジャズの世界は正にそういう風に進んでいるし、今でもそうだ。アドリブやフィーリングでどんどんと演奏が変わっていくから...

  •  0
  •  0

Dio - Dream Evil

Dio - Dream Evil (1987) 70年代のメジャーシーンを彩ったバンドからして80年代と言うのはなかなかの鬼門だったのか、バンド存続はおろか、ソロ作や別のバンドになってからの活動でも、どうしてもロックを作り上げた時代とは異なるから、時代の影響を受けざるを得なかった事で、本領発揮出来ずにいた部分も多かったか。今聴けばそりゃ録音技術の物足りなさやどうしたってチープな音色になってしまったりなど、弱点がいくつも出て...

  •  0
  •  0

Dio - Sacred Heart

Dio - Sacred Heart (1985) 音楽ってのは発展していくものなのだ。今でも多分発展してって、新しい融合が出来上がっているんだろうと思う。シーンの流れは速いけど、音楽が融合して出来上がって市場が認めてくれるまではやや時間がかかる。そしてその融合の斬新さに気づく敏感なリスナーがどれだけいるかってのも重要な要素だし、そうじゃなきゃ単なるカルトバンドになっちゃうし、なかなか難しいところ。それでも今やヘヴィメタ...

  •  3
  •  0

FM - Indiscreet

FM - Indiscreet (1986) ヤバいな…、80年代の英国ロック、ハードロックの世界にこんなニッチな世界があったとは知らなくはなかったけど、そこまでは知らなかった。幾つかのバンドがあるのは知ってたけど、80年代なんてどっちかっつうとポップスの方が英国は強かったどころか世界を制していたからね。その水面下でこんなメロハー路線のキャッチーなハードロックバンド勢が頑張ってたなんて、ちょいと不思議な部分もある。それも含...

  •  0
  •  0

Terraplane - Black and White

Terraplane - Black and White (1986) いつの時代でもそうなんだが、とあるバンドがシーンに出てくると同じくして似たような部類のバンドがどんどんと出てくる。この現象はそもそもそういうバンドが水面下にいたから取り沙汰されるのか、これ幸いとばかりに同じような方向性の曲やバンドイメージを持たせてシーンに二番煎じを狙いに行くために出てくるのか、いずれだとは思うんだがよく分からん。NWOBHMの連中がキャッチーなメロ...

  •  0
  •  0

Shy - Brave The Storm

Shy - Brave The Storm (1985) Huluに入ってから割とアチコチで海外ドラマや映画を見たりしている。普通のケーブルテレビとかと違ってオンデマンド配信だから好きな時に好きなの見れてトイレ行きたくなったらそこで止めてまた続きを見るってのも出来るのがいわゆる番組時刻通りに流されていくテレビ方式との違いだ。それに加えてちょいと戻って見直したりテーマ曲を飛ばしておくとかも容易なのでその意味で時間短縮なんかも出来て...

  •  1
  •  0

Snowblind - Snowblind

Snowblind - Snowblind (1985) これだけ皆が皆iPhoneなりのスマホをどこでも見ている時代になって、情報過多になっているけれどその反面モノが全然売れない。どっちかっつうと情報が多くなるってことは好みが分割されていくからニッチなものが売れていく傾向にあるはずだけど、それ以前に買うという行為まで及ばないということが増えているのか、単純に売れないだけなのか…。音楽や映像なんてのはもうYouTubeでいいやって人も多い...

  •  2
  •  0

Lionheart - Hot Tonight

Lionheart - Hot Tonight (1984) しかし80年代のハードロックバンドと呼ばれたバンドって皆こんなんだっけ?ってくらいにミーハーな音でハードロックやってたんだな。そりゃまLAメタルでも今聴けばしっかりキャッチーなキラキラな音だし、時代の成せる技だったんだろう。それをハードロックだぜ、って聴いてた方もアレだけど、水面下ではもっとしっかりしたメタリカみたいなのが出てきてて、受け狙いじゃなくって本気でメタルやる...

  •  2
  •  0

Grand Prix - There for None to See

Grand Prix - There for None to See (1982) 著名なミュージシャンとプレイする人ってのはどっかからそれなりにキャリアを積んでそこにいるという姿が多くあるので、マイケル・シェンカーとのコラボで一躍有名になったロビン・マッコリーって…、って気になった。ちょこっと漁ってみたら、アイルランド人だったんですね、この人。んで、英国のGrand Prixってバンドの二代目のボーカリストとしてシーンに出てきたのが最初らしいって...

  •  2
  •  0

Girl - Wasted Youth

Girl - Wasted Youth (1982) ロックは元々アメリカ産だけど発展させたのは英国人だ、というトコロと英国産のロックの奥深さと面白さと気品みたいなのが性に合ってたのか、どっぷりと英国ロックに浸かりっぱなしな半生、もちろんアメリカや他の国の音も聴いたりハマったりして興味の範囲を広げていったけど、根本は英国産のロックにあるのは変わらない。それと比べてみるとどうだ、みたいなのはあるもん。もっとも本能的に感じるの...

  •  0
  •  0