Circa Waves - Different Creatures

Circa Waves - Different Creatures (2017)
Different Creatures

 若さに溢れた音に触れるとやっぱりそのエネルギーに惹かれるし、ロックってのはいつの時代もパワフルで尖ったモノなので、若狭という武器は確実に必要。やってる本人達は当然そんな事意識して無くて普通にそうなる。後で聴くとその若さ故の溢れるエネルギーが音に詰め込まれている事に気づくだろう。それは大抵ファーストアルバムとセカンド・アルバムの違いだったり、それ以降のアルバムとの差だったりして顕著に作品に現れるものだ。それも面白い。だから数年した後からバンドってのはどうなっていくのか、ってのが面白くなるし、もしかしたらそこまでのモノかもしれないなんて事もある。

 Circa Wavesという英国の新鋭バンドの二枚目の作品「Different Creatures」を耳にした。特に意識したワケじゃないけど、やっぱり新しい音で若い音を聴くとエネルギッシュさが気になるし、それ以上に当然どこか新鮮さ、斬新さ、そしてロックらしさみたいなのも気になる。いくつかこの辺りのバンドを聞いてたんだけど、そんなに自分が面白いかも、って思うのが無くて、もちろん何度も聞いてれば違うのかもしれないけど、ざっと聴いてて何となく、ってのでこのCirca Wavesってバンドだ。アルバムは2017年リリースの作品で、どうやらファーストとは割と異なる音楽性になってきてのエネルギッシュな作品ということで、だからこそ面白いと思ったのかもしれない。やってる音は勢いのあるガレージロック、だろう。どことなくスタイリッシュな作風でもあるし、今まで自分的にはここまでのはあんまり聴いてないからか面白いと思ったのかも。

 リバプール出身なんだ…、メロディセンスがなかなか絶妙でもあり、その一方でギター中心のガレージサウンドでもあるし、その辺がユニークなんだろうね。そしてどこかオシャレで繊細な音色やフレーズも出てくるし、不思議な感覚のするバンド。古いロックでは出てこない感性かな。だからこそロックは面白い。そんなバンドで、ちょこちょことこういう新しいのは耳にして気にしていかないとね。




The Quireboys - White Trash Blues

The Quireboys - White Trash Blues (2017)
White Trash Blues

 やっぱりブルースってのが一番いつまで経ってもやっていられるし聴いていられるのかもな。若い頃からブルースってのはよ、みたいなのを思ってたからやっぱり聞いてたし、年取ってからもやっぱりブルースってのはよ、みたいなのあって、ジジイになったらそれはそれでまたブルースってのはこんだけ味が出てから初めて出来るんだよ、みたいなのもあって結局一生ブルースなんじゃねぇか、みたいにね(笑)。しかも流行りものと無縁だから青春の1ページみたいなのとはちょいと違うし、取り組もうと思わないと取り組まないし、やっぱりロック聴くならブルースありきだよなってのも普通でさ。

 The Quireboysの2017年作品「White Trash Blues」。クワイアボーイズってアレ?って人、そう、アレです。80年代終盤に出てきたバンドそのまま。途中解散したけどここ最近は復活していてもちろんオリジナルアルバムもリリースしているんだけど、今回の「White Trash Blues」は王道ブルースの名曲郡のカバーアルバムで、多分彼らもずっとやってみたかったんじゃないだろうか。物凄くロック的に仕上がっていて、ホワイトブルースそのままになってるし、しかもスパイクのあの歌声は年を経て一層しゃがれてきているから迫力を増しているし、どの曲もバンドとして熟成したサウンドに仕上がってるからかなりの名盤になっちゃってる。原曲知らなくてもブルースアルバムとして普通に楽しめるレベルになってて、カバーって知らなきゃ分からないのもある。妙に格好良いぞ、これ。

 ちょっと驚いたのはクワイアボーイズってこんなにブルースバンドだったっけ?ってトコで、自分的にはそんな認識はなかったんで改めて聴いてて、なんか本物、って感じだったんだよな。英国人だからあのブリティッシュブルース的な香りももちろん入っているし、だから70年代初頭のブルースロックバンドらしくなってるって意味で、ここから入ったらかなりお気に入りにはなるアルバムですな。







Little Barrie - Stand Your Ground

Little Barrie - Stand Your Ground (2006)
スタンド・ユア・グラウンド

 ひとつ新しい道が開けるとそこからは割とゾクゾクと新たなる世界が広がっていく。様々な音楽の世界とかジャンルを聴いていると時にそういう瞬間に出会うこともあって、こういうのがあったんだなぁ…と噛み締めたりするものだ。今回もそんな隙間からちょこっと新しい路線が見えてきて、それも面白いことに70年代ロックの風味を醸し出したサウンドだけど全く新しいという不思議な感覚。一体何がどう違うのか、楽器は変わらないんだけどやっぱりセンスの部分で大きく違うんだろうなぁ。

 Little Barrieという勿論英国のバンドで、今回は2006年リリースのセカンドアルバム「Stand Your Ground」をチョイス。何とトリオ編成でのバンドでリーダーのバーリー・カドガン自体はアチコチの著名なミュージシャンとのセッション活動が有名なので、ちょこっと調べれば出て来るくらいの人物。それがリーダーバンドを組んだんで、プロ中のプロのバンドってことで後は売れるかどうかって話だけに近かったのかも。人脈やセンスは折り紙つきだったワケですな。メンバーも何人か変わってるけど、そこも面白いことにイエスのスティーブ・ハウの息子のヴァージル・ハウがドラムを叩いているという編成で、話題も事欠かないように出来上がっている。残念ながらこないだヴァージル・ハウは急逝してしまったという悲劇もあるのだが、それはともかく、この「Stand Your Ground」というアルバムを聴いてみてのお話。

 60年代初頭のThe Whoと言ったトコロか。モッズサウンドのようなシンプルでソリッドなスタイルのサウンドが甘いボーカルと共に流れてくるという小洒落たバンドの音。最近こういうの聴いてなかったから凄くかっこよく聴こえてきたね。んで、ギターもスゲェ弾いてて、何というのか、ブルースギターのソロを弾きまくりとは違った、センスで押していくようなギターがどんどんと出てきて聴かせてくれるという代物、更に曲もソリッドでかっこよくて文句の付けようのないくらいの出来栄え。程よくロックとポップ、そしてR&Bの香りも入りつつ、曲によってはT-Rex的ですらあったりとなかなか器用なバンド。世界的にもかなりの人気バンドらしいが、自分的には初めて名前知った(笑)。こりゃ格好良いわ。


The Heavy - The House That Dirt Built

The Heavy - The House That Dirt Built (2009)
The House That Dirt Built [帯解説・ボーナストラック2曲収録 / 国内盤] (BRC426)

 今時の新しい時流の音楽を知るってのもきっかけがないとなかなか難しいのは常々書いているんだが、実際一般の人々はどうやって今時の歌を知っているのだろうか、って疑問もあって、それでも売れてるとか売れてないとか知ってる、知らないなんてのあるんだから不思議だ。自分的にはそういう情報アンテナがあまりないから分かんないんだよね。ひたすらに何かから調べていく方が多いし。とは言え、何かの映画やTVドラマで耳にしたとかはそりゃあるにはある。ただ、そこでいいなこれ、って思うことはあんまりないし、そんなにきっかけとして重要なもんでもないから影響力は薄いんだが…。

 それでもコイツは面白そうなサウンドじゃないか?って思ったのがThe Heavyってバンドの曲で、ふ〜む、それならアルバム聞いてみようかなってことで2009年リリースの「The House That Dirt Built」。何かの評を読んでみればカーティス・メイフィールド meets レッド・ツェッペリンってなことで、なるほど言い得て妙な例えだなと納得。聞いてて確かにソウルフルってのもあるけどそれだけでもなくてノスタルジックな部分も大きいしギターがハードな部分もあって、なるほど斬新で懐かしいサウンドかもしれんと。ちょこっと調べてみれば黒人ボーカルと白人メンバーに女性コーラスというバンド形態でだからこそちょいと不思議な質感を保てているのだろうと納得。英国出身なんだよね。だからそこに英国風味の湿っぽさも同居してるから単純にソウルにはならない。

 音楽そのものはミクスチュアなのは勿論だけど、オシャレでセンスが良いので心地良さも結構なもの。ロックさ加減はその分少ないけど聴きやすいし、なかなかユニークだなぁ…なんて思いながらフワフワとアルバム一枚が終了する。こういうの聴いてバンドやろうってのは思わないんだろうけど、音楽の深さを改めて実感した作品だった。いいきっかけで知ることの出来たバンドだったんで、ちょっと小洒落た感じにマークして聴いておこうかな。他にもこんなんが幾つかありそうなので、そういう漁り方もまた楽しみです。


Red Hot Chili Peppers - Californication

Red Hot Chili Peppers - Californication (1999)
Californication

 世の中で必要なことは結局自分で学んでいくしか無いというのは今に始まった事じゃないけど、色々と変化・進化していく時代の中でそういう事を学び続けるのもなかなか難しいな。変化・進化に対応する能力みたいなのがないとそもそも厳しくなっちゃうしさ。でもいちいち学習していくってのもこれまた出来るもんでもなくて、どうしても置いてけぼりになる部分も出てくる。大抵はそこまで考えることないけど、保証や保険、税金や相続、補助金なんてのとかになると自分自身のメリット・デメリットも考えて知っておくと損しないものでもあるし、かと言って真面目に覚えられるほどじっくり研究するって気力もないし、どうしたもんかなぁ…とか考えちゃう。

 Red Hot Chili Peppersの1999年の傑作「Californication」。最全盛期のメンバーでもあったジョン・フルシアンテが復活して全面的に作り上げた会心の作品。レッチリってぇとやっぱり初期のグリグリファンキーでハチャメチャな曲という印象が強いのだが、ここではそれらを超えた作風になってて、結果としては今後のレッチリの方向を示した作品になったけど、なかなかソフトな印象の強いアルバムだ。…と言いつつ、冒頭の「Around the World」からして、ん?Budgie?そのままじゃね?ってリフが歪んだベースでかき鳴らされるのは驚いたのだが、多くの楽曲は実にメロディアスな歌が聴かれる作品が多くて、いや〜、単なるポップ路線じゃねえの?っていう感じはするな…。それでもそうは思わせないトコロにロック的資質の高さがあるのだが、レッチリってのはそもそもそういう路線は簡単に出来てしまうんだ、という前提でハチャメチャにできるか、っていうのあったからここではある種原点回帰なのかもしれない。それにしてもメロウなのが多いな…。

 ベースの変態さとかドラムの音のでかさとかがなかなかわかりにくくなってるアルバムという印象、逆にギターの繊細さや歌の聞かせ具合みたいなのは実に伝わりやすく聴こえてくるアルバム、狙ったんだろうな。そもそもバンドが崩壊寸前の状態だったトコロに旧友の復活も合わせての会心作、しかもジョンに任せてみたという潔さはなかなかモンスターアルバムを作ったバンドに出来る事ではない。そんな背景を知らなくても十二分の良いアルバムだ、と思える作品だし、知ってれば知ってるで愛情あふれる作品に聞こえるし、要するに傑作なんだろう。とっつきやすさは重要だ。うん、覚えやすい曲多いしね、見事なアルバムです。


Radiohead - Ok Computer

Radiohead - Ok Computer (1997)
Ok Computer


 苦手な部類のサウンドにチャレンジしつつあるこの流れ、それでもロックの世界で20年以上経過しても色褪せること無く名盤扱いされている作品なんだからやっぱりそれだけ素晴らしいアルバムなのだろう。だからと言って自分がそれを好きじゃないといけない理由はなくって、好き嫌いならばそれはどっちでも良いもんだ。名盤じゃなくても好きなら好きで良いし、人の意見とか評価ってのは単なる目安でしか無いのでさほど気にすることはない。だから気に入ったアルバムはどんどんと聴くべし、気に入らなかったのはさっさと忘れるべし。そんな感覚で全然OKなのもロックでよし。

 Radioheadの1997年の傑作と名高い「OK Computer」。迂闊なこと書けないくらいには名盤だし、しかもカルト的人気が高いので、ちょこっと触った程度の人間がこのアルバムを上げていくってのはね、なかなか容易じゃないんですが、まぁ、自分的には対して通ってなくて、ましてやリアルタイム時はこういうの嫌いだったから全然通らなかったし、後追いです、こんな新しいのでも。色々聴いて慣れてきたから聴けるアルバムでもあるのかな、Radioheadって見てくれがちょいとヤバい感じでしょ?なのでなんか病的で取っ付けないんだよ。そういうイメージもあるんで苦手な部類だった。音も含めて。

 それでもリマスターアルバムがリリースされたり、あちこちでRadioheadなら「OK Computer」だ、的なのも多かったし、そうか…って何度か試みていたんだけど、たしかに凄いアルバムだし、実験精神旺盛なロック作品で、歴史に残るあるアルバムと言えるだろうね。じっくり腰を据えて何度か聴いているとそれが分かってくる。ただ、どこか自分が名盤だなと思うアルバム郡の名盤さとは異なる。作品のレベルとかではなくって明らかな方向性と言うのか、陰鬱でも名盤は多いから良いんだけど、何だろうな。そんな事こだわらないで普通に聴いてりゃいいんだから、そう思うと暗いけど魂から絞り出される歌声の悲壮感がたまらなく素晴らしい。果たしてどういうセンスの持ち主がこういう音楽が作っていけるものなのか…って不思議に思うくらい斬新な作風とも言える。何度か聴いてるとホント、深みがあってまた聴きたくなる…が、暗いからちょっと制御しちゃうかな。んでもこの叫びは響く。




Coldplay - X & Y

Coldplay - X & Y (2006)
X & Y

 CD屋さんってホント、どこもかしこも無くなってしまってるんだな。DLばかりが主流になると言ってもショップがないってのはやっぱり売れ行きが落ちることになるとは思うんで、やっぱりAppleあたりがデカい店舗を作るなんてことあるんだろうか?そう言ってる自分でもCD屋には全然行ってないんで、やっぱりそうなるんだろう。ただ、たまに行ってみるとそれなりに情報は入ってくるし面白いなって思うんだからやっぱり無いよりもあった方が役に立つ。買いたいものあればなるべく買うようにはしてるけど、そもそも行かなきゃって気になるってのがないからなぁ…。

 Coldplayの3枚目の作品「X & Y」、2006年リリース。U2の再来とまで言われたくらいのフォロワーバンド、という認識だったけど、この3枚目あたりではさすがにそこから脱却しつつあるようで、割りとオリジナリティを出しているように感じる。前はU2そのままだな、なんて思う曲が多かったけど、このアルバム聴いてるとそれよりももっと陰鬱な英国バンドの一つというような感触がする。デヴィッド・ボウイの後期なんかもこんな印象だったなぁ…。英国のネオプログレにも通じる世界観でもあるし、割とその辺近い感覚なのかもしれないね。面白いのはそれでものすごく数多くのリスナーがいるってことで、この陰鬱さでポップメジャーバンドなんだよな、不思議なことに。しかもスタジアムクラスのライブをやるくらいなんだから驚く。美しさが人を引きつけるのかな。

 聴いていると確かに聴きやすく美しい。引っ掛かるトコロなんてほとんどなくって、アルバム全体がサラッと流れていく…、ビートルズ的なのもあったりするけど、それでも綺麗なモンですよ。U2チックなのもあるけど、それもひとつのスタイルとして入っている程度という印象で、取り立ててどうのっていうんでもない。ただ、その分U2よりも良い曲なのか?ってなるとちょいと疑問ではあるが、だから流れの中の一つなのだろうか。アルバム全体のトーンが美しいんで、そんな些細な事もさほど気にならずに聴ける。どういうふうに進化していくのがこのバンドのスタイルなんだろうな。


Belle and Sebastian - The Boy With the Arab Strap

Belle and Sebastian - The Boy With the Arab Strap (1998)
Boy With the Arab Strap

 あまりガツンガツンとしたのを聴くのも辛いなぁって時もあってさ、かと言って思いの聴くのも何だしって時にセレクトされる音楽ってのはたいてい自分では決まっている。アコースティック系やほんわか系、まぁ、軽いジャズ・ロック系…ってかカンタベリー的なのとかね。ただカンタベリーだとそこまでリラックス出来ないからやっぱアコースティック系かなぁ…。トラッド系が多いんだけど、ちょいとここのトコロの流れからして久しぶりにあったなぁってのを探してみて発掘してきたこいつら。

 Belle and Sebastianの1998年リリースの三枚目のアルバム「The Boy With the Arab Strap」。コレでブレイクし始めたんじゃなかったかな、それなりに売れたらしい。自分的にはこの前後くらいでベルセバってのを知ったと思うが、こういうネオアコというかジャンルを知らなかったんで、グラスゴー出身だしトラッド系統からのアコースティック路線のバンドなのかな、なんて思っててね、もっと土着的なのかろ思ってたからさ、ネオアコポップスからのバンドというのは思わなかった。それだったら聴かなかっただろうから、まぁ、良い誤解だったのかもしれない。ほんわかとしたサウンドと歌声とメロディでほのぼのと静かに聴ける、やっぱりアコースティック系統だから聞きやすいし、それでいてしっかりとエレクトリックも入ってて独特の切なさを持ったスタイルはなかなか個性的。実際どういうバンドなのかは全然知らなくて、ベルとセバスチャンってのがいるんだろう、っていう誤解をしているくらいな話なんだが、それでもアート的にもオシャレだし音もチープだけど親しみの持てる作品だし、結構一時期ハマったな。

 こういうスタイルのバンドってそれなりにいるのだろうけど、全然聴かない。たまたま耳にして気になったメロディだったんだろうな、これ。女性ボーカルモノってのも良かったのはあるけど、単にネオアコ系とも言えないし、どこかSuzanne Vega的な風味もあったりするし、Valvets的なのもあったり…、チープなだけか。んでもメロディ綺麗だし、手軽に構えること無く聞けちゃう作品、ってかバンドでよろしいです。






Muse - The 2nd Law

Muse - The 2nd Law (2012)
The 2nd Law

 80年代にU2が出てきた時は普通にロックバンドが出てきただけで、ちょいと風変わりな音、すなわちアイルランドの音なんだろうな、って程度でそんなにビッグネームになるとかなんてあまり思われなかったはずだ。幾つかのインパクトを放つ曲が売れてイメージが定着したけど所詮それだけ。90年代に入る頃には時代の波へと迎合されつつあり、バンドとしてのインパクトは別の方向へと進んでいった。それでもこの頃のU2をも含めて影響を受けたバンドが出てきたというのは面白い。フォロワーバンドとして幾つかのバンドがビッグネームになっている今、そもそものセンスがあった中でのスタイルがU2っていうトコロか。それだけ大きなインパクトを放ったバンドだったんかなぁ…あまりにも個性的過ぎてフォロワーったってそのまんまになっちゃうんじゃないか?なんて思ったけどね、ところがそうもならずにしっかりと個性を発揮してデカくなったバンドも多い。

 Museの2012年作品「The 2nd Law」。既にこれまでのアルバムも売れていてスタジアムバンドへと歩みを進めていた中でのアルバムで、相当に期待されていた時期、前作「The Resistance」との比較論ではイマイチ感も言われるけど、どうしてどうして、結構な名盤だし多彩な楽曲が収録されていて、マシューの才能の幅広さを感じさせるアルバム。U2フォロワーとかどっちでも良くってさ、単に深みがあって格好良い、オーケストラも上手く使ってるし、それでも本質的なロックスタイルに変化はない。正に新しい世代によるロックバンド、と言ったトコロだが、聞けば聴く程に深みが出て来るアルバム。これまでの作品からはバラエティに富んだ作品が多いのかな、スリーピースのロックバンドなんて枠は完全に取り去られた感のある広がりのあるアレンジ、ギターだけに偏らないスタイル、もちろんギターも格好良いんで捨てられないけど、見事なまでにロック。更にプログレッシブなスタイルも取り入れているから楽曲に飽きが来ない。

 ものすごい才能持ち主だなぁと毎回思う。曲やアレンジもそうだけどギターも結構新しいスタイルをどんどん取り入れて刺激的なまでの音を作り上げているし、普通にロックバンドとしてのギタリスト的にすごい部分が多い。そういう聴かれ方することも少ないみたいだけど、その辺はプリンスみたいなもんか。こういうのがあってライブ見てたりするとすごいなぁって思うし、ホント、才能溢れるバンドの音という感じなのでね、すごいなぁと聴いてます。




Liam Gallagher - As You Were

Liam Gallagher - As You Were (2017)
AS YOU WERE [CD]

 Mac自体は軽くなり快適なのだが、バックアップからのアプリケーションの復帰もこれまたなかなか面倒で、結局あちこちから持ってきて再インストールしている。こういう機会だから使い慣れたソフトなんかも変えてしまって新しいものに挑戦するってのもあるしね、いくつかそういうチャレンジをしてみたのだ。ところが、やっぱりもう何十年も使ってきてそのソフトに落ち着いていたってのは使いやすかったり機能がしっかりしてたりと自分的にはマッチしていたんだな、だから新しいのだと結構物足りなかったりやりたいことがイマイチ出来なかったりと実験してみたけど力不足、結局これまでのソフトに戻るのだった。それでもAdobe系はバックアップから戻したりするのも大変で、色々と難儀だった。バージョンアップとか色々やろうとしたから余計にだけど、フリーソフト系のユーティリティなんかも含めて相当数のソフトを何かと使っててさ、結構たくさんやり直さないといけなくて、そこまであると思わなかった。そんなことしててひたすら時間を費やしてしまったここのところ、嫌いじゃないから良いんだけど面倒は面倒だ(笑)。

 Liam Gallagherのソロ名義でのアルバム「As You Were」…、何とかってバンドやってたんじゃなかったっけ?それとは別にソロアルバムのリリースなのだろうか、どっちにしてもリアム・ギャラガーかOasisの名前で売るのがメインだろうから構わないのだが、兄ちゃんのアルバムよりはちょいとこちらの弟の方が先にリリースしていたんだが、さほど聴く必要性を感じなかったんでしばし放置してた。せっかくなので兄弟比較的に聴いてみるかね、ってことで手を出してみたら案外こっちの方がスタンダードに良かったりして、その実リアムって結構Oasisに貢献してた?みたいなとこある。もちろんOasisのボーカルだから曲調があんな感じで普通に歌われたらOasisじゃないか、って喜ばれそうなのは当たり前なんだが、そこがメロディメイカーの兄ちゃんがいないところ、ああいうメロディにはならないというところで逆にロック的ではある。

 そもそもリアム・ギャラガーだって結構な才能の持ち主だし、だからこういうソロアルバムでもロックよりな作品が出来上がってくるワケで、兄ちゃんが天才的過ぎただけって話。普通からしたらこれまでのアルバムからしても非凡な才能の持ち主ってのは知られていることだろう。そしてこのアルバムでは自身のスタンスに立ち返ってのシンプルさを出しているからか、ロック寄りな感じで意外や意外、兄ちゃんのアルバムとは好対照な作品が出来上がっている。新しさはちょいと見当たらないけど、その分ファンを裏切らない作品、かな。






 | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ+

2018年 07月 【1件】
2018年 06月 【24件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


格安sim mineo!

Free Spirit
全曲フリー!

Welcome to the Blackout
ボウイ1978アールズコート!

アズ・ロング・アズ・アイ・ハヴ・ユー

Live in Japan

Our Country: Americana Act II

The Blues Is Alive & Well

Live At Town Hall 1974. 2CD Set

Appetite for Destruction [Deluxe Edition][2CD]

Sexorcism
Sexorcism

Led Zeppelin Live: 1975-1977
Led Zeppelin Live: 1975-1977

THE DIG Special Edition キング・クリムゾン ライヴ・イヤーズ 1969-1984 (シンコー・ミュージックMOOK)
THE DIG Special Edition キング・クリムゾン ライヴ・イヤーズ 1969-1984 (シンコー・ミュージックMOOK)

Klipsch 革製ネックバンド型Bluetooth イヤホン X12 Bluetooth Neckband Black KLNBX12111
Klipsch 革製ネックバンド型Bluetooth イヤホン X12 Bluetooth Neckband Black KLNBX12111

ゼンハイザー ヘッドホン オープン型 HD 599【国内正規品】
ゼンハイザー ヘッドホン オープン型 HD 599【国内正規品】

ヒプノシス全作品集【2000部完全限定】
ヒプノシス全作品集【2000部完全限定】

麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ
麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ

ブリティッシュロック巡礼
ブリティッシュロック巡礼

フリー・ザ・コンプリート 伝説のブリティッシュ・ブルース・ロックバンド、栄光と苦悩
日本語訳版出てたんだ!


Click!!


Powered By FC2