Category-Aerosmith 1/3

The Joe Perry Project ‎ - Once A Rocker, Always A Rocker

The Joe Perry Project ‎ - Once A Rocker, Always A Rocker (1983) エアロスミスの中で一人R&Rにこだわり続けた男、ジョー・ペリー。そんな人がいなきゃロックだぜ、とこだわるバンドは出来上がらないし、出来たとしてもファンがついて来なくなるから、その意味でもジョー・ペリーはホントにこだわったのだろうと思う。そりゃビジネス的な妥協もあっただろうし、意見が通らない事もあっただろうが、それでも基本はブルースとR&R...

  •  2
  •  0

Aerosmith - Get A Grip

Aerosmith - Get A Grip (1993) ロックバンドがメジャーシーンに登場する際、彼等が新しく音楽界の一端を担う役割だとの認識がどこまであるだろうか。ましてやそれがヒットメイカーを要求されるツラい立場に追いやられたとしたら、と考えてしまうバンドのひとつにエアロスミスが挙げられる。あの復活と活躍ぶり、セレブぶりを見ているとそんな杞憂は不要とも思えるが、実際時代を追う毎の彼等へのプレッシャーと彼等の立ち回りの...

  •  0
  •  0

Hollywood Vampires - Rise

Hollywood Vampires - Rise (2019) ファイアーバード使いとしてロック的に知られているギタリストと言えばジョー・ペリーだろうか。メインギターにコイツを据えるという人は実に少ないようで、そういう音なのかな、とも思う。ギブソンのギターでもメインに据えられるのはどうしてもレスポール、ES335くらいで他は大抵サブで出て来る程度だから、ミュージシャンはシビアにギターを捉えている事が伺える。その意味ではギターのメー...

  •  0
  •  0

Aerosmith - Honkin' On Bobo

Aerosmith - Honkin' On Bobo (2004) 延命措置でどこまで人を生かしていくかという事を追求しているのが日本、欧米他は多分そこまで生かしておく感はなくてある程度までの処置の後は自然の摂理に任せておく、という感覚で無理な延命はしないという感じだ。宗教観の違いなのだろうけど、どっちが良いのかよく分からなくなってくるのはある。長生きして動けて人生を楽しめるならそりゃ長生きの方が良いんだろうけど動けなくて、とな...

  •  0
  •  0

Aerosmith - King Biscuit Flower Hour

Aerosmith - King Biscuit Flower Hour 今じゃほとんどのバンドがどこかしらに残された良質なソースをオフィシャルでリリースしているんじゃないだろうか。以前だったらそのバンドのディスコグラフィー見てるとスタジオ盤と幾つかのライブアルバム、ベストアルバム程度だったのが、アマゾン見てそういうの知ろうと思ったらそこかしこで色々なジャケットに遭遇する。もちろんオフィシャルじゃないのもあったりするからその辺を差っ...

  •  2
  •  0

Aerosmith - Nine Lives

Aerosmith - Nine Lives (1997) ジジイ連中元気だな(笑)。ロックのジジイ達ってホントその年齢でまだやってるんかい?ってなの多すぎて、周りの同じような年齢のホントのジジイ見てるとやっぱりプロってのは違うな、気合の問題か?など色々思ってしまうけど、そんな歳であれだけ若々しくいられるのか、ってぇのは一般人じゃかなり疑問だわな。ある種超人的ですらある。少なくともあれだけギター弾けたり歌えるってのは訓練の賜...

  •  0
  •  0

Joe Perry - Have Guitar, Will Travel

Joe Perry - Have Guitar, Will Travel (2009) エアロスミスってバンドを見る時、やはりスティーブン・タイラーとジョー・ペリーの二枚看板がバンドの顔であろう。ライブでも映える二人がバンドのイメージを引っ張っているのは間違いない。はて、音楽的な所ではどうだろうか?って見てるとやっぱりスティーブン・タイラーの方がその才能を如何なく発揮しているような感じだ。それぞれの性格の問題かもしれないが、ジョー・ペリー...

  •  0
  •  0

Aerosmith - Rocks Donington 2014

Aerosmith - Rocks Donington 2014 スティーブン・タイラーってそんなにアレだっけ?って思って近年のエアロスミスにはまるで手を付けてない気がしたのでちょいと今のところ最新で見れるエアロスミスに手を付けてみようと。ちょっと前にリリースされていた「Rocks Donington 2014」ってのがあったからそいつを見てみよう…。2年前まではそれなりにエアロスミスだったんだよ。ただね、全編見ていてスティーブン・タイラーが独り立...

  •  0
  •  0

Steven Tyler - We're All Somebody from Somewhere

Steven Tyler - We're All Somebody from Somewhere (2016) 一体何事が起きてる?みたいなのはちょっと前からあったけど、益々独自な活動が増えてきたエアロスミスのシンガー、スティーブン・タイラー。エアロ辞めるって噂もあったり、最近じゃ活動停止だって噂も。アメリカン・アイドルの審査員ってのも何だそりゃ?ってのあったけど、そしたらカントリー・アルバム作りたいからソロでやる、ってな話で、実際にアルバムが出来上...

  •  2
  •  0

Joe Perry Project - I've Got the Rock N Rolls Again

Joe Perry Project - I've Got the Rock N Rolls Again (1981) どっかのバンドのメンバーのソロアルバムってのはそのパートによって異なるけど、ユニークに感じることが多くある。一番はギタリスト=大抵はバンドの曲も作っている人、なんてソロアルバムだ。そもそもが本人が曲を作ってバンドでやってるんだから、やりたい事は基本的にバンドでやれてるハズなのだが、ある程度の才能が一緒にいるとそうでもなくなってくるらしい。...

  •  2
  •  0