Hummingbird - We Can't Go On Meeting Like This

Hummingbird - We Can't Go On Meeting Like This (1976)
密会(紙ジャケット仕様)

 ボブ・テンチさんってベックのトコロでやって有名になった人で、そこから名前を知った人も多いと思うし、実際そこからが売れっ子ミュージシャンへの道のりになったようだけど、職人芸的に色々やってて、好みはやっぱり黒い系のギターや歌やノリなんだろうね、やってる仕事が大抵そういうのばかりで、コテコテに暑苦しくてわかりやすい。ただ、それでもやっぱりセッション・ミュージシャンという枠組みからは出られない印象もあるんだけど、それは自分だけかな、ナイスなサイドマンという感覚なんで…。

 Hummingbirdの1976年リリースの2枚目のアルバム「We Can't Go On Meeting Like This」。ベック・グループから派生したバンドがHummingbirdで、メンツはボブ・テンチ、マックス・ミドルトンにバーニー・ホランド、そしてこのアルバムからはドラムにバーナード・パーディーが参加、そしてクライブ・チェアマンと凄いだろ、って言うか、渋いだろ、って感じかな。その筋では有名な方々なんだけど、その筋でしか通じない有名度合いでして…、そんなマニアな連中が集まって超絶なR&Bグルーブバリバリのソウルをやってる。ん〜、でもロックなんだろうな、これ(笑)。やってることは明らかにR&Bベースな音で歌だってあの調子で真っ黒の暑苦しい歌だし、リズムだってベースだって真っ黒系だし、鍵盤がロック的なのか…、出てくる音は限りなく黒に近いロック。しかもドライブ感が凄い。これはもう偏にドラムの素晴らしさがそのままノリに出ているというトコロか、凄いグルーブ感。

 そこに歌もギターも鍵盤もベースも見事に真っ黒な連中がブイブイとやってくれてるから女性コーラス陣も入ってきてそのまんまの世界。なんでロック畑にいるんだ?って思うが、聴いてるとロックなんだよ、それでも。何だろうねぇ、その境目。面白いわ。曲だって結構ノリが良いし演奏も良いし斬新なバンドだったし、メンバーの知名度もキャリアも見事なモンなのに当時はなかなか売れなかったのかな。今でもそりゃ玄人向けのバンドになっちゃってるけどさ、もっと知られても良いバンド。





Humble Pie - On To Victory

Humble Pie - On To Victory (1980)
オン・トゥ・ヴィクトリー

 リスナー側にとってのバンドのイメージと演奏側からしてみた時のバンドという器ってのは大きく異なるのだろう。だから故同じバンド名で全然違う音楽だったりメンツが異なっててもその名義でリリースしたりすることが出ているんだろうしね。それが認められるかどうかってのはリスナー側の話だけど、リリース側はそういう名義だから、ということでリリースしているので、どうあってもバンドのカタログのひとつにはなるワケだ。今に至るまでそんなのありかよ、ってアルバムはいくらでも世の中にあるが、だからといって認められないワケじゃないからやっぱりリリース側のこだわりが長い時間経過してみれば正しかった…ってか狙い通りの効果を出しているってことか。

 Humble Pieの1980年の再結成アルバム「On To Victory」。これもまたスティーブ・マリオットがSmall Facesの再結成が解体した後に同じようにHumbel Pieの再編を目論んでメンツ集めしたトコロ、ジェリー・シャーリーは一緒に出来たものの、他は揃わずでボブ・テンチなんかを誘っての再編成、結果的には別バンドのようなモンだけど名義はもちろんHumble Pieだし、このジャケットでもハンブル・パイなのだ。肝心の音楽性はと言えば、もちろんスティーブ・マリオット独裁政権のアルバムだから思い切りスティーブ・マリオット色が出ているワケで、良くも悪くもあのまま。それでも新たな試みはいくつも手がけていて単なる再編成ってんでもないけど、単純にマリオットがやってみたかったことをやってるだけかもしれない。

 この時代になってしまうとこういう音って一体何がしたかったんだ?ってな話になっちゃうくらいには古めかしいいつものR&B色風なロック、そしてスティーブ・マリオットの暑苦しい歌声は相変わらず健在だから想像できるってもんだろう。かといってポップ寄りでもないし、R&B面が強い訳でもない。上手くやればそれなりの作品として位置付けられたんじゃないか、と思うくらいには良い出来映え。でも、多分どこか好かれなかった側面があったからこそのカタログから無視され続けているアルバムになっちゃってる、気がする。フラットに聴くと、ちょっとくたびれてるし、特筆すべき所もないけど良いアルバムに思える。





Chicken Shack - Accept

Chicken Shack - Accept (1970)
Accept

 これだけ色々な音楽が氾濫していて自分で選びながら聴くのが普通だし、せいぜい友人やブログなどで他の人に紹介してもらう程度でしか拡張性はないのだろうけど、それでは勿体無いくらいの素晴らしい音楽が溢れている。自分の好みって皆が皆多方向にあると思ってて、それを他の人が知ることは多分無理だからどうしても自分の感性のアンテナってのは自分で立てておかないと反応しにくいから人任せってわけにもいかない。でもさ、やっぱり聴いておくと面白いよ、もっと若い頃に知ってたらもっともっと突っ込んで聴いてたしギター弾いたりしてたもん、なんていいたくなるアルバムも数多くある。油断できないんだよね。

 Chicken Shackの1970年リリースの4枚目の作品「Accept」。ジャケット地味だし、多分人気的にも地味なんだろうと思う。70年頃からのチキン・シャックってどうも地味でウケない印象しか無くて、初期の作品も太鼓判押されつつもどこかチープで線が細い感じあったからど真ん中で聞く事なかったし、それがこのヘンからは結構ど真ん中のブルースロックを中心に、発展させて英国ブルースロックの幅を広げながらアルバムを創り上げてて、かなりの佳作に仕上がっていると思う。あまり人気もなくてそんな風に評価されてるのを見たこともないけど、結構レベル高くて楽しめるアルバムだよ、この「Accept」。

 この後バンドのメンバーが異動していってチキン・シャックは崩壊の道へと進むけど、この頃はまだクリスティン・パーフェクト離脱後のメンバーで頑張ってて、後釜にUFOのポール・レイモンドが参加してやってくれるじゃないですか、って褒めたくなります。しかも楽曲が一辺倒なブルースロックだけじゃなくてホント多彩なサウンドにアプローチしていてそのあたりはブルースロックバンドと定義されることの方が狭量なものの見方にすらなってしまっているんじゃないかと。The Kinksの中期みたいな感じをイメージして、もちょっとブルースロックテイスト強いというような感覚か。名曲って感じのがもっとあれば変わったんだけどなぁ…、ブルースロックからの発展系にオリジナリティ路線が弱かったのが難点か。んでも良い味出してるアルバムです、これ。



Van Morrison - Astral Weeks

Van Morrison - Astral Weeks (1968)
アストラル・ウィークス~デラックス・エディション

 長々とロックを聴いててもそれは単に好きなモノを聴いているだけで多少の開拓はしつつもまだまだ知らない名盤や凄い作品なんてのはたくさんあるんだろうし、そういうのに出会えるウチに出会いたい。自分の感性・感覚だって歳と共に変化していくものだからそのタイミングで感動できたりすれば良いんだけどね、結局ロック好きってことは熱い魂の篭ったのが好きってことで、表現に違いはあれども発散しているエネルギーを感じ取りたいということに他ならない、と自分では思ってる。それは超暗い静かな音であっても同じだという矛盾も含めて、ですね。

 Van Morrisonの1968年の作品「Astral Weeks」。この突き刺さり方は尋常ではない。この50年間でこういうのってそうそう無い作品なんじゃないだろうか。誰が聴いてもこの熱い魂は分かるだろうし、とにかく溢れ出てくるエネルギーを何とかしたい、っていう激しい思いだけが出すぎていてそのままアルバムになっちゃったとでも言うべき作品。バックの音だって静かなアコースティック楽器ばかりだし、ともすればジャズですらあるし、しかもほぼ全てインプロに近いレベルでの楽器陣営だし、ロックとは程遠い作品なのかもしれないけど、どこからどう聴いてもロックだ。Van Morrisonのこの熱い魂は一人だけでもロックだ。さすがにアイルランドの雄、今でも残っている現役な人だけあって若い頃からとんがりまくってます。ファンからすればこのアルバムが異色な作品で数あるVan Morrisonの作品の中でも異彩を放っていると言われているが、そりゃそうだろう。こんなのそうそう出来ないもん。

 ホントにね、歌を除くと何だろこれ?ってくらいに静かな音ばかり。でも歌が全てを引っ張ってて、歌の流れに合わせてバックがそれぞれのプレイヤーがそのインプロに着いて行ってプレイしているもので、そうじゃなきゃこれ出来ないだろ。譜面じゃ無理だろうしセッションで出来上がると言うものでも無さそうだし、何か凄いプログレッシブなスタイルでのアルバム。やっぱりこの頃ってのはアイディアがアレば何でもやってみてアグレッシブな作品が出来上がったんだなぁと思う。時代の成せる業、いや、でもこれは凄い。初めて聴いた人には衝撃的だろうし、何度聴いてもコレは驚く。そしてVan Morrisonのこぼれ出てくる魂を毎回感じ続けて味わえる凄み。うん、どう聴いてもジャジーだけどロックだ。





Luther Allison - Live in Chicago

Luther Allison - Live in Chicago (1995)
Live in Chicago

 ブルースアルバムの名盤ってのは大抵ライブアルバムだったりするのは当然のことだろう。でも、昔漁ってた時ってのはライブアルバムそのものがそれほど多くもなくって、やっぱりマディのベスト盤とか代表的です、みたいになるワケよ。それよりもロックから入った側としては熱くて迫力のある魂燃えるようなライブが好きなワケで、そういう意味ではBBの「Live at the Regal」とか納得するモンあるんだけど、要するにブルースメンの本領はライブなのにライブアルバムがあまり見当たらなくて、出ててもイマイチなのが多くて燃えないとか…、まぁ、聴き足りないってのはあるとしてもブルースの名盤紹介なんてのを見てると大抵ライブ盤じゃなくていわゆる名盤が出てるハズだ。

 うん、やっぱブルースはライブが最高だよ。

 ってことでLuther Allisonの1995年のライブアルバム「Live in Chicago」です。昔の作品聴いてたんだけど、どうもなぁ、って思ってしまって、この人もっとスゲェイメージあったんだけど…、って聴き直しの一枚がこれ。90年代のCD革命以降、単なるリイシューから発掘ライブ音源やCDの長さを意識したライブアルバムとか色々出てくるようになったし、ブルースの本当の良さってのもライブにありきってのは皆知ってたから、こういうのがどんどん出てきてる。それで再評価されてきた人も多いし、復活した人も多い。そんな流れでのルーサー・アリソンだけど、もうねぇ、最初から聴いてびっくりなギタープレイ、ブルースプレイ、これぞロック…、いや、求めてたブルースロックそのもの、ってかブルースギター弾きまくりプレイですよ、先生。白熱迫力の熱気をそのままぶつけてて、90年代だからもう音もバランスも良いし、音色も最高に素晴らしい。曲に対してはさほど意識してないけど、ベスト曲なんだろうと思う。弾きまくれるのから歌ってるのもあったりするけど、圧倒的にギタープレイヤー。このギターのトーンとか曲によって結構アレコレいじってるからその艶やかさも変わるし、ギターも替えてるからさ。それでいてジョニー・ウィンター顔負けのアグレッシブなプレイ!これぞブルースロックギターですよ。

 しかもこの迫力のまま2時間収録されているんだから恐れ入る。普通に真剣に聴いてたらスゲェ疲れるし、やってる側も相当なエネルギーを使ってるよな、っていう…。ホーンセクションとかもいるし、ベースはブイブイとチョパったりするし、どこかファンク的な曲もあったりするし、かなり色々と試している素晴らしきライブ盤。こんなのね、ロックのライブ盤でもなかなかないよ。知名度イマイチ的な人ですが、恐るべしプレイヤー、一度お試しあれ。古い作品こそブルース、なんて思ってたら大間違い。円熟しまくったこういうのこそが往年のブルースメンの本領発揮で、このあたりのライブって結構凄かったりする、そんな代表格的なライブアルバム。ロックが明らかに負けてる時代だね。さすがにアリゲーターレーベルは判ってらっしゃる。



Stray Dog - While You're Down There

Stray Dog - While You're Down There (1974)
While You're Down There

 EL&Pのマンティコアレーベルって3年間しか無かったんだ?それであの知名度…ってのも凄いな。だからこそのレーベルメイト達がそれなりに売れていたってことかもしれないけど、PFMやBancoはともかく、そういえばStray Dogあったなぁ…ってことでファーストの「ストレイ・ドッグ」を聴いてて、なるほどやっぱりカッコ良いロックだ、なんて思ってたところ。ついでだからセカンドの「While You're Down There」も聴いてみましょう、ってことで聴いてました。

 1974年リリースのStray Dogのセカンド・アルバム「While You're Down There」。前作よりメンバーを増やしての5人編成になっての作品で、世間的には全く無名だし売れなかったとも言える商業的には失敗作なアルバムで、これにて解散ってなトコだけど、今の時代の基準からしたら相当なレベルにあるアルバムだったんじゃないかな。B級と呼ぶには洗練されすぎてるし、きちんと狙いもあるかのような音作り、そして何よりもきちんとカッコ良いというロック感を持ち合わせているところが自分的には評価高いです。もっともギターがスナッフィなので基本ブルースロックな人だし、嫌いじゃないからってのあるけどね。このスナッフィって人、フリーのコソフの代理をやってた人ですからね、うん、それは比較対象が悪かったと思うが、それでもその位置できちんとギター弾いてたワケで、こういうバンドから見たら大出世だったろうに…。

 しかし軸足はきちんとStray Dogにあって、ここでも奮闘している。ギタープレイヤーと言うよりはコンポーザーと言うか、楽曲面での貢献が大きいんじゃないかな。良く出来ている曲ばかりだからそういうセンスは良かったと思うんだよね。よくアメリカ寄りになった音と言われているみたいだけど、そもそもアメリカ人なんだからそりゃそうだろ。英国風ミニ味付けてたファーストとはちょいと違って、だんだんそのままになってきただけと思えるけど、言わんとしてることは分かる。でも結構佳作が多くてこだわらなきゃ楽しめるロックサウンドでしょ。最後の大作なんて面白いよ。







Hanson - Now Hear This

Hanson - Now Hear This (1973)
Now Hear This

 いつもの事だけど、系譜辿りによるアルバム漁りは大抵つまらないものを引くハメになって一気に方向転換を図ることが多い。やっぱりね、それなりに名を成していく人ってのはアルバムの質やバンドのレベルも他界んだけど、脇役になってくるとどうしてもソロアルバムレベルになってきてミュージシャンとプレイヤーの才能のズレが出てきてあまり面白みのあるものが出てこないケースが多い。名プレイヤー名監督ならずってヤツですな。

 ボブ・テンチが3曲程参加していることと、クライブ・チェアマンもメンバーで参加していることからギタリストJunior HansonがHansonとしてリリースした作品「Now Hear This」はJeff Beck Groupのメンバーが参加したアルバムとしてちょいと知られた存在になっていった。このJunior Hansonってギタリストさんって一体何者?ってな話、しかもアルバムはEL&Pで知られているマンティコアレーベルからのリリースなワケで、アルバムを聴いていても結構白熱したギターを弾くプレイヤーさんで、悪くないんじゃね?ってなモンだけど、ボブ・テンチが歌っている曲なんかはいつも通りな感じ。ちょいとブリブリした質感のサウンドが中心で、ロック的エッセンスが散りばめられているからそのヘンの融合がなかなか楽しめる。Funkadelic的な試行錯誤もあるのかも。

 しかし、B面の最後でのアグレッシブな混沌とした志向性はこれぞロックと言わんばかりの迫力あるセッションに仕上がっていて、こいつをやりたいがためのアルバムだったんじゃないか?ってくらいこの10分の曲に全てが集約されている。ロックバンドたるもの、この時代だったらこういう世界好きだもんな。白熱したそれぞれのプレイをぶつけ合って出来上がっていくテンションの高いサウンド、緊張感、スリリングな駆け引き、そんなのが詰め込まれていて意外とここでハマった。



Love Affair - New Day

Love Affair - New Day (1970)
New Day

 バーニー・ホランドが一瞬だけ参加していたLove Affairというバンド、随分昔にバンド名見て探してみたことのあるバンドだったなぁ…と懐かしく思い出してライブラリを漁ってみるとちゃんとあるモンなんだな。何にも印象が残っていないバンドなので、果たしてどんなんだったんだろ?って事で聴いてみる。聴きながらクレジット見ててもバーニー・ホランドなんて名前は出てこないから、あれ?って思ったらこのギタリストがいなくなってからの参加で、しかも一瞬だけだったってことね、多分崩壊の始めに参加することになったんだろうな。このバンド、テクニック面ではまずまずのバンドだったししっかりとしたコンセプトもあってのバンドだったからに呼ばれたのだろうか。

 1971年リリースのLove Affairの「New Day」という作品、これ以外のアルバムのジャケットとか見たこと無いし、これしか自分も知らないので、英国B級ロックの一発屋さんだろうと思ってたけど、かなりキャリアも息も長いバンドなんだな。知らなかった。もっとも全盛期は60年代終わりから71年頃までってことで、正にその時代の代表作がこの「New Day」。難しいなぁ、これを書くのは。どこも特性がないと言えば無い、フルートが珍しいくらいだけど、この頃には既にJethro Tullがもっと強烈な使い方してたし、かと逝ってメロディアスで云々とかハードでどうの、ってのもなく、普通に英国ロック・ポップスな世界での音楽が中心で、可もなく不可もなくの音世界で、プログレってんでもないし、正に英国B級なこの時代の音のひとつ、聞きやすいのはあるけどね。

 この音の中でどうしてバーニー・ホランドがそこまでギター比重の高くないこのバンドに参加することになったんだろう?器用だから何でも出来る、他の楽器も出来ちゃうからっていうマルチミュージシャン的才能を買われての話なのかな。しかしこの手のミュージシャンは奥が深い…。



Gass - Gass

Gass - Gass (1970)
Gass

 例えばさ、ジェフ・ベックがボブ・テンチって人を見つけたのはGassってバンドで歌っていたのを聴いたから、ってことだとしたらベックもGassってバンドのレコード聴いたことあるってことだろうし、それかライブを見たって可能性だってあるハズだ。Gassってバンドのライブを見たことある人ってそりゃそれなりにいるだろうけど、こんなライブだったよ、なんて言える人ほとんどいないだろうから、その意味でもベックって人はとても貴重な英国B級ロックの生き証人でもあるワケだ。それにGassってバンドのレコードを聴いていたとしたら、今となっては相当な英国ロックのマニアでもある、と言えるのかもしれない(笑)。

 ま、それは冗談としても、そんな可能性を具体的に実現させてくれたアルバムってことでボブ・テンチとしてはこのGassの1970年の唯一のリリースアルバム「Gass」は忘れられない人生の貴重なきっかけのひとつだっただろう。自分的には真逆にこのGassはB級ロックバンドとして知って聴いていたので、このボブ・テンチってベックのところでこの後に一緒にやったんだ…って思ったくらいだけど、一般的にはそりゃ逆だわな。んで、このGassってバンドの音、結構好きだったんです。ごった煮そのままの英国B級ロックそのままだけど、その中でも結構光ってたしなぁ…、ソウルフルな歌声がかなりハマってて、バックの音は黒い、と言うよりも民族的なものとサイケ的なものが入ってて聴かせるアルバムにもなってるし、結構良い感じなんだよね。

 驚くべきはこんなバンドのデビュー作なくせに、Fleetwood Macを離脱したピーター・グリーンが2曲参加しているという所だ。一体どういう人脈だったのか…バンドの来歴自体は古いからそれなりの人脈があったみたいだけど、なかなか出来ないよね。デビューアルバムでそんなメジャーなギタリストがゲスト参加してるなんてさ。んで、これがまた面白くてね…、ハマってるんだわさ。B級バンドなんて書いてるけど、やってる音はかなりメジャー系に攻めていけるレベルの洗練された音だし、ファンクやアフロエッセンスも入った正統派英国ロック、とも言えるサウンドなのでこの系統平気な人はぜひ。ピーター・グリーンも凄いしボブ・テンチもイケてるし、ギターもベースもかなるブリブリしててお好みです♪





Streetwalkers - Red Car

Streetwalkers - Red Card (1976)
Red Card

 ファミリー時代のロジャー・チャップマンの歌声からしてもっとブルースロック系統あたりに進んでたら結構なバンドでもイケたんじゃないか、って思う事よくあったんだけど、その意味からするとファミリー解体後にチャーリー・ホィットニーと一緒にやったバンド、Streetwalkersはその系統の路線を打ち出しててなかなか70年代中盤を駆け抜けるには良いバンドだったと思うんだけどな。それなりにはチャートを駆け上ったりしてたので成功した部類に入るのだろうか、その割にはあまりロック名鑑的な所では出てこないのだが…。

 1976年リリースのStreetwalkersのセカンド・アルバム「Red Card」、ベースはボブ・テンチ、ドラムは現Iron Maidenのニコ、という布陣。このニコって人も結構下積み長くて今の地位を築き上げた人で、割とアチコチに名前が出て来るのは面白い。さてさて、このアルバム、どんな雰囲気?ってのはさ、昔のファミリーと違ってきちんとロック路線に進むというバンドの方向性はあったみたいで、昔よりはストレートにそういう方向性が出ている作品になってる。ここまでなのかな、ってのもあるし、この微妙なバランスでのロック的スタンスが良いのかも、ってのもある。歌がこんだけしつこいから他の音は並程度で対応していないとグチャグチャのサウンドになるだろうし。

 ニコのドラムは、だからと言ってと個性的なワケではないし、ボブ・テンチの方がよほど目立ってる。ただ、やっぱりフロント二人のバンドっていう見方が強いかな。当時だとバドカンと被る路線でもあったのかな、もうちょいと垢抜けたサウンドが出来ていればもうちょっと抜け出た存在になれたかもしれないのに、という程度には物足りない感ある。B級ロック好きにとってもそこまで、という味わいがないからさ。一番困る度合いのバンドかも(笑)。



 | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ+

2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【29件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon