Category-Uriah Heep 1/3

Uriah Heep - Celebration

Uriah Heep - Celebration (2009) ロックバンドがこんなに長く続くなんて組んだ時点で誰も思わなかっただろうし、実際そんなに長く続いているバンドなんてそうそう無いんだから気にしなくても良かったんだが、さすがにもうキャリア50年ってバンドが幾つかある時代になると、それはもう骨董品扱いだ。メンバーの入れ替わりがなく50年なんてのは多分無いんだろうから当然メンバーは替わっていくのだろうが、それでもたった一人だけ...

  •  0
  •  0

Uriah Heep - Live at Koko 2014

Uriah Heep - Live at Koko 結構今でも活動しているバンドはいくつもあるのは知ってるけど、あんまり積極的に見たり聴いたりってのはやっぱりしなくてね、ジジイのノスタルジック的なのってイメージあるからだけど、実際はそうでもなくって中規模以下のレベルでのライブハウスなんかでやってるバンドは今でも熱いライブを繰り広げていて、一生現役でやるぜ、ってなくらいの勢いのもある。ユーライア・ヒープなんて一世を風靡した...

  •  1
  •  0

Uriah Heep - Firefly

Uriah Heep - Firefly (1977) 忙しくてあっという間に10月になってしまって、夏が一瞬で終わってしまった感じすらする…、そんなに忙しくしててもしょうがないのになぁ…、自分のペースだとそりゃダレるのは判ってるけど、かと言って無理してると色々ストレスも溜まるし無理も出て来るしと、当然だけど思うようには行かない日々。もっともそういうのが人生ってモンだからさ、考えちゃいけないんだよね、そういうのをさ。ある日突然...

  •  2
  •  0

Uriah Heep - Outsider

Uriah Heep - Outsider (2014) 最近ライブ観に行ってないなぁ。行こうとする意思があまりないってのと観たいな、って思うのがジジイばっかでそれ見てもなぁ、って思ってしまう事が大きな理由だ。ノスタルジックなのを楽しみに行くってよりか熱いものを観たいって言うのか、衝撃を受けたいんだよね、どうせライブ行くなら。もちろんクリムゾンとかヒープとか見たら今でも燃えると思うけど、チケットを取るという行為をさせるほどの...

  •  0
  •  0

Uriah Heep - Live at Shepperton '74

Uriah Heep - Live at Shepperton '74 こないだCDケースを数百枚単位で発注してみて、届いてみたら何とも面白いことにケースとトレイが別立てになったままで到着。最初はなんか箱数が合わないんだが何だろ?って不思議に思ったんだけど箱開けてみたらそういうことね、と笑った。自宅でCDケースに裏ジャケ入れてトレイを入れてCD入れてジャケット入れてパックして…って業者じゃないんだけどなぁと一人でウケながら作業…っても全然...

  •  0
  •  0

Ken Hensley - Eager to Please

Ken Hensley - Eager to Please (1975) あんまり真面目に考えたことないけど税金って色々なパターンで払ってるんだが、無駄に使われてるってのを目の前で見るとやっぱ一言モノ申したい気持ちにはなるな。明らかに意味のないと思える工事とか施策とか、それをまた必死に取り付けようとする議員さん達や取り巻き、それによって恩恵を受ける周辺の街の有志達、そしてそこに紐付く業者のお偉いさん、そうしてカネは落ちていくのだがそ...

  •  0
  •  0

The David Byron Band - On The Rocks

The David Byron Band - On The Rocks (1981) 健康の話題があちこちで出て来る、最近痩せた太った話から血圧が血管がとか云々…飲みに行く世代にもよるんだけど著しく世代が離れたのと飲みに行くことも多くないから自分の上下10歳幅くらいの連中になってくるし、そうすると健康のお話も割りと出て来る。仕事がらみだと共通項がないからそうなるのはしょうがないけどさ。確かに健康に長生きってのは正しいし、そうあるべきなんだが...

  •  0
  •  0

Uriah Heep - Wonderworld

Uriah Heep - Wonderworld (1974) 今は2014年、70年代や80年代のロックなんてもう30年40年前のお話なワケだ。そこで自分も含めて大抵の書き方の中にはリリース当時は売れなかったとか名盤は何枚目で、とか書かれてたりするんだけどほとんどがその昔の時代から言ってること変わってないんだよ。時代変わって聴く人達も変化してって世代も増えて同じものばかりが評価される、好まれるってのもないだろ、いや、あるならそれはホント...

  •  5
  •  0

Uriah Heep - Into The Wild

Uriah Heep - Into The Wild (2011) 先日トレヴァー・ボルダーの訃報を聞いた。自分にとってそんなに思い入れがあるベーシストだったワケでもないが、ほんの少しだけ70年代の栄光が消え去った気がした。多分それはデヴィッド・ボウイの「Rise & Fall of Ziggy Stardust」というアルバムの輝きに参加しているメンバーだったからだと思う。訃報で最初に名前を聞いた時に思い付いたのはやはり「Rise & Fall of Ziggy Stardust」とい...

  •  2
  •  0

David Byron - Take No Prisoners

David Byron - Take No Prisoners (1975) 訃報が相次ぐここ最近ではあるがそりゃもう60年代のミュージシャンなんて70歳前後だから色々とあるだろうな…。生きてる方が不思議だったって人もいるし、そこで久しぶりに名前を聞いた人もいればまだ生きてたのか、って思う人もいたり(笑)。どっちにしても自分的には知ってる人じゃないから感慨深く悲しむってことはないんだが、そっか、とは思う。んで、今回はだ、前節とはまるで無関...

  •  2
  •  0