Gary Clark Jr. - Blak & Blu

Gary Clark Jr. - Blak & Blu (2012)
Blak & Blu

 ブルースロックってのは70年代の言葉でしかなく、80年代以降、何となく出て来ることはあってもコイツだ!ってのはほぼ見当たらない。ブルースロックの影響を受けているバンドってのは山のようにあるけど、ブルースロックそのままを語る時は常に70年代だ。実際そうなのか?それでもそれぞれの時代にいただろうし、そいつらは残ってないんかい?って思いたくなるよね。ジャンルそのものが古くなっているから影響はあるけど、そのままやってもしょうがない、ってのがあるのは事実だろう。大して発展しようのない世界だし。でも、常にブルースをポップシーンに持ち込む連中はいるし、楽しめるのはまだまだあるだろう。

 Gary Clark Jr.の名をこないだ聴いて、見て、そうだよなぁ、この人カッコ良いギター弾くからな…、ルックスはアレだけど、楽しみな人だし、って思っててね、もうじき新しいアルバムも出るみたいだけど、とりあえず最初のスタジオアルバム「Blak & Blu」です。2012年リリースの作品で、その前年にクラプトンの「Crossroads Guitar Festival」で突然世間に大アピールになって、何だありゃ?あんなのいるんか?ってくらいに話題になったことでメジャーになったとの話。ライブパフォーマンスどころか、ギタープレイだってそりゃかなりインパクトあっただろうしなぁ…と。んで、スタジオ・アルバムってそんなに評判良くなくってライブ盤が良いよ、ってなことばかりだったんだけど、聴いてみると全然そんなことなくて思い切りスタジオ盤でもギター弾きまくってるしグイグイと自分の世界に引っ張ってってる。そういう曲が幾つか入ってて自分的にはものすごくハマってしまうね。

 ただ、確かに一方でまだ多種多様の音楽感の中で出せるワザを模索しているのか、一般的にロック人間には好まれにくいであろうタイプの曲も入ってて、そこでのプレイはじっくり聴けば流石だな、って話だけど曲が受け付けないってのはあるだろう。好みのお話だけどさ、世代的にそういう何でもあり的な状況で育ってるワケで、新世代的な感覚を聴く側も受け入れてみれば面白く聴けるんだろうけど、どうにもロックリスナーは保守的になる傾向が強いので(笑)、いや、こだわり、か。それは自分もそうだし、当然だろうけど、振り切った時のプレイも凄いんだからさ、多分今後ライブアルバム中心になっていけば自ずと激しいプレイの方になっていくだろうし、期待ですよ。今度のライブアルバム「Live North America 2016」もね。







Albert King - King of The Blues Guitar

Albert King - King of The Blues Guitar (1969)
キング・オブ・ザ・ブルース・ギター

 ロックはブルースの子供だ、って言われてて確かにその通りだった時代もあったが、今となってはそれも単なる歴史の一コマでしかなかったのかも。今のロックからブルースに辿り着くのは相当色々と辿らないと行けないだろうし、そもそもそんなところに辿り着かないものも多数ある。ロックはブルースの子供であるが、ブルースは全てのロックの父ではない、ってことだ。昔ながらのロックが好きな人にはあり得ないだろうけどね。ま、だからと言って何か変わるってもんでもなく、ブルースの面白さってのは確実にロックに受け継がれているんだから良いってもんだ。

 Albert Kingの1969年作品「King of The Blues Guitar」。何と英国ブルースロックが全盛期の頃にリリースされた名曲揃いのアルバムってことで売れたとか…、しかもタイトルが「」だからブルースロック好きな連中が多かったあの時代には気になるヤツも多かっただろうしそりゃ皆聴いただろうよ。しかもきちんと嘘じゃなくてAlbert Kingなんだから。個人的に思ってるのはこの人のフライングVから出てくる音色がハムバッカーのピックアップのくせに妙に線が細いってのが気になって気になって…なんだが、ずっとこの音なんだからこの人の音なんだよね。そんなのが顕著に聞けるのもあるんだけど、アルバムそのものはやっぱりいつもの、と言えばいつもの、名盤と言えば名盤になるであろう安定の作風とギタープレイ。周囲がどんなロックをやっていようとも、己のスタイルはそのままでシンプルなギタープレイと歌を中心にした作品ばかりで占められたホーンセクションも当たり前に入ってるブルースアルバム「King of The Blues Guitar」、ベスト盤とも言うが…。

 いや〜、この時代のロックと併せて聴くとなるほど、あちこちでこんな影響受けてるじゃないか、ってのはいくらでも発見できます。曲のカバーにしてもそうだし、ギターのフレーズにしたってそのまま丸パクリだし、曲だってそうだ。だからロックってのはブルースの子供って言われるんだ。単なるパクリじゃなくてね、子供、なんだよ。ここから発展させて自分達のものにして時代を作って今じゃ伝説になってるんだから。そんな事に思いを馳せながらこの古臭い音を聴いていると夢がある。うん、いいじゃないか。



Little Junior Parker - Drivin’ Wheel

Little Junior Parker - Drivin’ Wheel (1973)
ドライヴィング・ホイール+8

 古い録音のアルバムだとそれぞれの楽器を誰がプレイしているみたいなクレジットが無いものも多くて、結構苦労する。このギタープレイって誰なんだろ?知られてる人なのかスタジオミュージシャンなのか、それとも若いころの誰それなのか、とかそういうのが分かると納得するのもあるし、またこんだけギターが弾けても名が知られてないってのは名が知られている人たちってのはやっぱりどこか突出しているんだろうって納得するし、コレクター的な部分で知りたがる。今じゃネットで調べればなんて思うけど、実際そこまで言及されているのってなかなか無くて苦労する。クレジットされてなきゃわかんないもんな。それでも知られているのは知られているし、ニッチなトコいけばこの時期のメンバーが云々なんてのはある。

 Little Junior Parkerなる人、ブルースをかじり始めた頃にも名前は見たりしたんだけど、歌とハープな人だったから全然食指が動かずそのままにしてて聴くのは随分後になってしまったけど、ちょうど良い機会なので1973年の作品「」、モロにアメリカの黒人の憧れをそのままジャケットにしました的なデカい車をバックの記念撮影、いいねぇ、古き良きアメリカ。出てくる音は割と洗練された暑苦しくない歌でちょいと意外なんだけど、ギターが良いなぁ…誰なんだろうなぁ…と冒頭の文章になるワケです。ペケペケな音なんだがフレーズがロック的解釈してて、それは時代背景によるものなのか、なかなかに楽しませてくれるプレイ。ただ、やっぱり全体感としては歌もの系な傾向が強いかな。

 とは言え、ここまで来るとそうそう発掘モンのギタリストってのもなかなか見つからないし、愛好家さん達もかなりディープな世界まで入り込んでいる世界だからねぇ、広がりはないだろうし、この中で探していくしかない。新たなマテリアルが出てくるモンでもないし、そうやって全てのコンテンツが発掘されてしまったら恐らくそのジャンルは衰退していくだけ…、歴史になるかゴミになるか…(笑)。





Little Milton - Blues N' Soul

Little Milton - Blues N' Soul (1974)
Blues N' Soul

 ロックの世界ではギタリストってのはとっても花形だし、歌もそうだ。んで、歌いながらギターを弾くってのは2つの花形を一人で持ってく、すなわちワンマンバンドになっちゃうんだけど、実は歌もギターもスゲェって人は多くない。ジミヘンはギターは神だけど歌は別に上手いワケじゃないし、3大ギタリストは歌わないし、クラプトンが頑張ってるけど、どっちも…ってな感じになってるし、なかなか両方って人は多くない。ブルースの世界に行くともっと顕著で、ギター系はとっても好まれてるから歌はさほど重要視されてない…けどB.B.Kingなんかは歌もしっかりソウルしてたりするから唯一無二な存在だったのかも。

 さて、Little Miltonはギターもさながら、どっちかと言えばその歌声のソウル感の方が目立つためかソウルな系統に位置付けられることも多いけどその姿を見てわかるようにギターを抱えているワケだからソウルなボーカルシンガーってな色眼鏡がなくなる。んじゃブルースメン?になるけど、それでこの歌?スゲェ…みたいなお話。1974年にリリースされた有名な「Woman Across The River」を筆頭にしたアルバム「Blues N' Soul 」。明らかにソウルメンだろ、って歌とブルースメンなギターの両方がしっかりと入ってるアルバムを大いに楽しもう。ホントはこういう全てに秀でた音楽ってのが望まれてるのかもしれないけど、それが実現しちゃうと実は完璧すぎて面白みに欠けるって部分もあるのだろうか、なかなかそういう作品は少ない。

 しかしこんだけギターがキュイーンって鳴いてて歌が完全にソウルフルでホーンセクションもあって、しかも曲がしっかりと良い曲で出来てるってのはなかなか無い、無いけどそれが凄く傑作ってワケじゃないのは面白いよなぁ…世間的に知られてる作品ってワケでもないし、何でだろ。とは言え自分でもリトル・ミルトンってやっぱりソウルフルな歌が…ってのが邪魔だったってのあるもんな。純粋にギターブルースを追いかけてると後回しになっちゃってね、普通にギタリスト的にスゲェって思ってればそんなことなかったのにな。しかし、これ、名盤だな、ロックエッセンスももちろん入ってるし、ブラスロックでもあるし(笑)、足りないのはヒネりかな、しょうがないが。







Memphis Slim - At the Gate of Horn

Memphis Slim - At the Gate of Horn (1958)
At the Gate of Horn

 シカゴにメンフィス、テキサスにニューヨーク、ブルースはその地域地域に密着したスタイルを着実に根付かせていて、今でもそのスタイルはその土地々々に継承されているし、ニューオリンズなんから純然たるブルースというスタイルにはならずに更に独自進化している。そんな土着音楽がブルースだ。最初は分かんなくても、何となくこれがあれがと聴いているとシカゴは、メンフィスはなんてのが何となく判ってくるようになるし、だからこそ楽しめる世界もある。今回メンフィス・スリムを聴いてて、あぁ、やっぱりシカゴ系な音だなぁ…とマジマジと実感しちゃってね。

 Memphis Slimの1958, 59年の録音素材をまとめたアルバム「At the Gate of Horn」。ブルースロックファンなら聴いておいた方が良い。メンフィス・スリム自体はもちろんピアノプレイヤーなのでロックファン的にはちょいとハマる事はなさそうだけど、ここでギター弾いてるマット・マーフィー、すなわちブルース・ブラザーズで有名なマット・マーフィーのギタープレイが超ロック的でストンとハマってくる。それにね、ロック的感覚からしてもかなりガレージ的なアプローチとも言えるスタイルがあったり、2曲目の「Steppin’ Out」なんてクラプトンで知られてるけど、このフレージング、自分的にはポール・バターフィールド・ブルース・バンドのアレなんだよなぁ。それでシカゴかぁ、確かに洗練されたシカゴブルースってああなるのかも(白人だけど)って思ってね、地域密着スタイルがそんな所で聴けて…、全編がそういう雰囲気。ピアノという楽器が流れているからかもしれないけど、当然の如くホーンセクションも鳴っている。

 歌にアクはないけど、ギターにピアノという楽器のスタイルはともかく、出てくるサウンドが妙にスタイリッシュで洗練されてるのが印象的な名盤。ホント、ギターがかっこいい。こういうの聴いてたから後のロックバンドのギター小僧達はああなったのか、ってのも何か分かるわ。





Robert Jr Lockwood - Steady Rollin’ Man

Robert Jr Lockwood - Steady Rollin’ Man (1974)
ステディ・ローリン・マン

 昔はリズム&ブルースとブルースの意味合いの違いなんてのがよく分からなかった。R&Bってブルースも含めての事じゃないの?とかね、ソウルとR&Bとかブラコンとかその辺の意味の違いも分からなかったな。単なる総称なんだけど、それなりにその単語があるということは意味があるってことだろうし、それぞれの代表的なモンってのがあるんだからそれなりに意味のある呼び方なんだろうと。そこでブルースだ。R&Bのブルースじゃなくて純粋にブルースだ。それには戦前と戦後がある。ただ、戦前に活躍した人たちが再度活躍したのが70年代だから戦後ブルースと重なってきてややこしい話にはなるのだが…。

 Robert Jr Lockwoodの1974年復帰してからの二枚目くらいの作品かな、「Steady Rollin’ Man」。この頃このままのメンツで来日公演を果たしてそのライブから超有名曲ばかりを収録した名盤「ブルース・ライブ!(フロム・ファースト・ジャパン・ブルース・フェスティバル)」なんてのもあるので、この頃が一番日本ではRobert Jr Lockeoodの名が知れ渡ったんじゃないだろうか。来歴はもうご存知のようにロバジョンの義理の息子、ってのはギターだけの意味かと思ったらホントに母親の再婚相手がロバジョンだったらしい…、女癖悪くて云々ってことは母親がその相手だったってことか?確か刺されたんじゃなかったっけ?まぁ、そういうのは色々あるんだろうということで、話を本題に戻して、ロバジョン直伝にギターを教わったRobert Jr Lockwoodのギターはロバジョンよりもちょっと現代的なギターフレーズで仕上がってるからまだ理解しやすいと思う。そこのあの手のギターフレーズがバンバン入ってくるワケだから馴染んだものだ。

 今の時代になってこういうのをたくさん聴いていると、それぞれの個性の違いをきちんと認識するまでじっくり聴くってのは皆出来るものなのかなぁ…。気に入ったのをひたすら聴けばそれで良いんだけど、あの人とこの人はこういうところで違っててさ、とかアルバム聴いててもどっかで聴いたような…ってのも多いけどギターのフレーズとかで聴き分けちゃうとかそういうのが必要な世界な部分もあるし、一般的ではないわな。Robert Jr Lockeoodはそういう面では尖った個性と言うよりはマルチ的な個性で多様なプレイヤーな方じゃないかな。だからアルバムそのものにはさほどの個性派宿ってないけど聴いたら凄いブルースな作品だからハマってく、そんなアルバム。ハマると面白いしね。



Buddy Guy - I'll Play the Blues for You...Live

Buddy Guy - I'll Play the Blues for You...Live
I'll Play the Blues for You...

 色々なライブを体験するし映像を見て感動することも多い。んで、実際にどれが一番感動したライブだった?って訊かれると答えるのにかなり困った。映像よりは実際に体感したライブの方が圧倒的に感動的なハズなんだけど、じゃ、どれが感動的だった?ってなるとさ、これだ、って言い切れない。素直に心だけで聴いてないんだろうなぁ、ライブを。あとはハコが狭い方が伝わって来るから、そういう小さなハコのバンドの方が感動的だったりするのもあるし、ビッグネームが良かったとは答えにならないし、なかなか悩ましい質問だったなぁ…。

 今やリアルブルースとロックを繋いでいるジジイになったBuddy Guy、1992年のモントルーでのライブの模様が突如として「I'll Play the Blues for You...Live」としてリリースされた。実はコレって映像もあるんだから両方で出せば良いじゃないかとすら思うのだが、オフィシャルじゃないのかな?アマゾンにあったから聞けてるけど、まぁ、いいじゃないか。YouTubeでもそのままライブの模様が見れるしなかなか感動的でお得ですよ。オープニングからSRVの名曲、途中でもSRVのカバー曲とSRVへの哀悼が見て取れるのと、ジミヘンへの愛も相変わらずというブルースロックへの傾倒ぶりなのだが、SRVはこの前年に飛行機事故で帰らぬ人になっているのに、こんだけの追悼ぶり、やっぱりやられた感あったんだろうなぁ。今のBuddy Guy聴いてても同じ路線にまっしぐらで、色が黒いか白いかの違いだけでやってることはほぼロックだもんね。だからロック畑からも聴きやすいし、馴染みのあるギタープレイなのだ。

 今となっては20年以上前のライブプレイだからまだまだ艶のある歌とギター、そしてエンターティメント性がとっても高く、完全なる芸人の域にあり、更にギタープレイは圧倒的。一音一音が染み入るんだよ、本気で。それが自然に出てきてるし、歌だってさらりとR&Bの大御所たちみたいに歌っちゃってるしものすごい才能の持ち主ぶりを発揮。そんな模様が丸ごと聴ける楽しめるライブアルバム。正にブルースとロックの架け橋、ナイスなライブが発掘されたのは嬉しいね。






B.B.King - Guess Who

B.B.King - Guess Who (1972)
ゲス・フー

 今年も幾人かの著名ミュージシャンがこの世を去ってて、レミーの訃報には意外と落胆した自分がいたんだけど、B.B.Kingも割と感慨深いものがあった。生で間近で見てるからかな、まぁ、歳相応なのでそうか〜ってなモンだけど、ここのところブルースをひたすら聴いてて思い出した。年末だしちょいと締める意味でももう一回出しておきたいな、ってことでブルースの帝王、B.B.King。

 1972年にリリースされた「Guess Who」。これね、ブルースファンの間じゃ多分全然名盤扱いされるはずもない作品なんだけどね、ジャケット見ると凄く気になるでしょ?腹出して転がってるのB.B.King本人だからね、こんなにも明けっ広げでさらけ出したまんまのジャケットってなかなか無いもんね。晩年のスーツ姿で真摯なブルースメン雰囲気からしたら、何これ?だもんな。どういういきさつでこのアルバムがこういう作風になって、こういうジャケットになったのか背景はもちろんあるんだろうけど、よく知らない。ただ、音を聴いてジャケットを眺めてそうだったのかな…とあれこれと想いを馳せるのみだけど、こういう作品があっても良かったんじゃないかなって気がする。

 作品そのものはさ、ブルース一辺倒からはかなり逸脱したアルバムで、AORにも近い、R&B作品にも近い、極めて聴きやすさを打ち出したポップ作品とも言える作風で、もちろんブルースファンが聴くこともないアルバムの作風だ。ただ、ミュージシャンとしてのB.B.Kingとしたらこういう幅の広げ方もあったんだろうなという部分は感じる。70年代になってブルースロックは出てきたものの、ブルースそのものはどうなんだろうか?自分はこのままブルースやっててもいいのか?なんてのもあったのかもしれないし、単なる周囲の環境かもしれないが。いずれにしても、ここで聴けるのはブルースじゃなくてブルースのマインドの歌声と相変わらずのギタープレイと音色のまま、作風がR&Bになってるってところだ。本質に変化はないけど、サウンドは売れ線系を狙ってみた、ってとこかな。

 Mr.ブルースメン、B.B.King…、まだまだこれからも音楽で楽しませてくれるだろうから、本人がどうあれ、作品はずっと聴かれていくだろうし、残っていくだろう。うん、いいね、音楽ってのはさ。






Sherwood Fleming - Blues Blues Blues

Sherwood Fleming - Blues Blues Blues (2015)
BLUES BLUES BLUES  ブルース・ブルース・ブルース

 最近はMacを新しく買い換えようということを思うこともないのだが、そういえば5年位は経ってるんだよな、ウチのマシンって。遅さとかスペック不足を感じることはないのでOSだけきちんと上げていけば大丈夫なんだろうけど、そういえばこないだバージョンアップしたら全然合わなくてダメだったんで戻した事を思い出した。iOSとの整合性もあるだろうし、今後どうしていくのかな。取り敢えずウチはMac中心でiOSはサブでしかないから問題ないけどさ、iOSで作業することないもんね。せせこましいしさ。

 2015年にリリースされた1930年代生まれの発掘されたブルースメン、Sherwood Flemingの「Blues Blues Blues」。随分昔にシングル3枚だけリリースしてそのまま埋もれていって、現在79歳、それを日本人の元P-vineのスタッフが好きなんだろうなぁ、探し当ててきて新たにレコーディングさせたというのが本作「Blues Blues Blues」。いや、もうね、ホンモノのリアルブルースの歌声ですよ。いつの時代の音なんだ、ってくらいに古さ満開。それが新録なんだから驚く。今でもこういうのってホンモノがやると出来る音なんだ、ってのが判っちゃったもん。多分本人は至ってリラックスして歌っている、楽しんでるんだろうけど、それでもこれかよ…、全くリアルブルースメンは凄いね。

 ソウルの名曲カバーやら自作曲など幅広くやってるし、アレンジもモダンに仕上げてるんで古いだけのブルースじゃないけど、根本的に歌声が79歳の歌だから人生物語ってる感強くてさ、圧巻なワケ。その分楽器から聞き取れるブルースってのはそう強くもなくて、やはり歌中心での世界。もうここまで来ると昔の発掘っつうよりも新たに出てきた脅威の新人と言っても良いのかもしれないなんて思うわ。






Phillip Walker - Big Blues from Texas

Phillip Walker - Big Blues from Texas (1994)
Big Blues from Texas

 ブルースって飽きないな、って思う人はそんなに多くないのだろう、そもそもそんなに聴くって人も多くはないだろうし、聴いてもそこまで色々と深くって人も更に少ないのかも。でも結構マニアックなのがいっぱい出てるし、レビューなんかもきちんと出て来るからファン層そのものは割と広いだろうし、聞き続ける人も根強くいるんだろうね。何かと再発あったり復活あったり市場に割と常にある感じだもん。カントリーミュージックみたいなモンだろうけど。

 1994年にリリースされているPhillip WalkerとOtis Grandの作品「Big Blues from Texas 」。Phillip Walkerってさ、もちろん50年代頃から活動しているお方でして、それが90年代に入ってこんなにスゲェのを出してくれてるという…、これでこんなギター弾いてる人いたんだ?って昔のも聞き直したりするんだけど、そんなに出て来ないんだよな。やっぱりそういう目立たなさもあるからこうして90年代にソロ作でこんだけカマしてくれる作品を出しているのだろうか。とにかくアグレッシブなテキサスブルースそのもので、音色も良いねぇ〜、これ、ホント。Otis Grandとのジョイントでもあるからどっちのギターも聴けるのはその差が歴然としていて面白い。音に特徴あるから聴き違えることもないし、楽しそうにプレイしているのも良いよなぁ。

 んでも、フィリップ・ウォーカーが弾くギターはもう一発で、あぁ、これこれ、みたいに分かるのはホント頼もしい個性だ。アルバムそのものも弾きまくりから始まってムーディーに聴かせるもの、オーソドックスにギターを聴かせて泣けるブルースなどもあって割と多彩に楽しんでいる感じで聞いている側もこの溢れる才能をたっぷりと聴ける。何か凄いなぁ、こういうの。ギターっていいよ、やっぱり。こういう音出してみたいな、なんて思うし、弾いてみたいなって感じるもん。








 | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

過去ログ+

2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【26件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon