The Beatles Tribute Band : Abbey Road - Live In Japan 2001


 ビートルズ・トリビュート・バンドなんてのは世界中に掃いて捨てても捨てきれないくらい存在しているだろうし、プロの世界の中でもビートルズ好きが多くて、自身の作品に見事にそれらを反映しているものも実に数多い。ジャケットのパロディや音のパロディなど表現方法は実に色々あるようだ。自分的にも別に興味はそれほど深くないので研究したことはないんだけど、面白いなぁって思ったのはトッド・ラングレンの「ミート・ザ・ユートピア」かな。曲作りから音色、空気感やジャケットまで含めて全て初期ビートルズの模倣で聴いてて笑えるくらいに完璧にツボを得ているんだもん。これくらい笑えるのもそうそうないだろうなぁ…って楽しんでた。で、更に面白いのは日本盤に付けられた邦題がこれまた笑えるんだよ。「抱きしめたいぜ」とかさ(笑)。

 で、2001年、世界最強の、そしてポールも公認のビートルズカバーバンドが出現して、日本にもやって来た。

 ジョン・エントウィッスル、トッド・ラングレン、アラン・パーソンズ、アン・ウィルソンが組んだバンドで、厚生年金会館で何日かやっていたので当然当日券を狙って行ったんだが、二階席一番前ってトコで座ってゆっくりと楽しめるナイスな座席でよかった。滅茶苦茶盛り上がるモンでもないのでそういう見方が丁度良いんだよな。

 ライブは確か「Sgt.Peppers...」から景気良く始まったような記憶があるんだけど、もう圧倒的にジョン・エントウィッスルの親分的存在感が他を制圧していて、このジョンが霞んで見えるザ・フーってバンドは相当凄いハズだとジョンを通じてザ・フーの凄さを感じてしまったのだが…、それはともかく、ライブはもう単なる懐メロのオンパレードで序盤こそビートルズのメジャーな曲を幾つか続けたものの、途中からはそれぞれのヒット曲を演奏し始めるというもので、まぁ、アラン・パーソンズにしてもトッドにしても、ハートにしてもそんなに知ってる曲もなくって思わず眠ってしまったのだが(笑)。あ、「バラクーダ」はなんとなく知ってたので聴いてたかな。しかしここでもジョン・エントウィッスルのバンドは自身が常にやっているトリオ編成の自分のバンドメンバーがバックを務めていたおかげで本領発揮の凄いライブを一曲だけだけど見せてくれたので感動。その辺からまたビートルズに戻っていって、トッド・ラングレンは「While My guitar Gentley Weeps」のギターソロのためにクラプトンから譲り受けたサイケSGを持ってきていて、クラプトンに成り切って完コピに近いフレーズで弾いていたのは笑った。さすがこだわりの男だ…。そして締めはなんと、「Abbey Road」のB面途中からのあのメドレーを壮絶な演奏力とパワーで完璧にプレイしてくれて、しかも個性もしっかり出ているというとんでもないカバーで、さすがだ…と思わず唸ってしまった出来映えだった。

 そんなことで帰り際はどの客ももの凄く満足そうな顔をして出てきたのが印象的で、自分自身もそう感じたもんな。で、なんでこんな話かってのはお気づきのように、本日はジョン・レノンの命日だから♪ この日だけはやっぱり記憶から抜け落ちないのは世間的なものもあるけど、昔通っていたジャズ喫茶でいつもはジャズなんだけどこの日だけはビートルズデーになるんだよ。それで印象的でね、で、普段ジャズ好きで通っているような常連さんもこの日フラリと来て楽しんで帰っていくんだよね。そういうのって凄いな、と。

 ちょっと早いけど気分的に「Happy Xmas!」って感じかな(笑)。

The Pogues - If I Should Fall From Grace With God


 アイルランドの音楽って凄く面白くて、コアーズを聴くきっかけになったのもそもそもアイルランドという国の音楽に興味を持ったからなんだけどね。そもそもイギリスの音楽のルーツを漁っていくとトラディショナルに出会い、その周辺を聴いていくと必ずアイランド伝承音楽に行き着く。そこで広がるのは激しくも美しいケルトサウンドから発展したアイルランド独特のメロディーを持つ楽曲の数々、旋律でコアーズなんかもこの旋律をポップスに混ぜ込み、独自のポップスを築いたからこそ世界中で愛されたのだろう。

 そしてザ・ポーグスだ。最近まさかと思われたオリジナルメンバーのボーカルであるシェインを復活させて再始動して来日公演も果たした彼らだが、そのルーツは聴いての通りアイルランドの伝承音楽の旋律をパンキッシュに演奏するというまさしくロック的発想でシーンに登場したユニークなバンドだ。中でも「墜ちた天使」と呼ばれるサードアルバムは全てが開花した傑作アルバムとして君臨している。プロデュースにはU2で有名なスティーブ・リリーホワイトが名乗りを上げており、そのサウンドを確かなモノにしている。全ての楽曲にはふんだんにアイルランド音楽の旋律がフィドルやアコーディオンで奏でられていて、他の誰も成し得ないサウンドを激しくかき鳴らしている驚くべきサウンド。だからアイルランドのバンドは面白いのだ。そんな激しさの中にも「Fairytale Of New York」という世界最高のクリスマスソングを収録していて、これこそ万人が聴いて感動すること間違いナシの名曲。あまり日本では聴かれることも流されることもないが、実にもったいない。

 彼らの歴史は「アルティメット・ベスト」という最近リリースされたベスト盤に凝縮されているので手軽に聴くならばこちらだろうか。補足的には1990年の作品「ヘルズ・ディッチ」では我らがジョー・ストラマーがプロデュースしており、正にジョーのアルバムかのようなサウンドも面白いところだ。新たなる音楽の分野を切り開きたい輩には是非ともオススメなポーグスだが、偏見なしに聴いてみると大変意外性に富んだバンドなのだ。

 | HOME | 

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ+

2018年 12月 【1件】
2018年 11月 【13件】
2018年 10月 【31件】
2018年 09月 【30件】
2018年 08月 【31件】
2018年 07月 【31件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


格安sim mineo!

楽天市場

Led-Zeppelin by Led Zeppelin

Evenings With Led Zeppelin: The Complete Concert Chronicle

ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)(スーパー・デラックス・エディション)(限定盤)(6SHM-CD+Blu-ray)

REMASTERED PART 1 [CD BOX]

ヤング&デンジャラス

アンセム・オブ・ザ・ピースフル・アーミー

WASTELAND [CD]

シンセシス・ライヴ [Blu-ray]

Live in Boston 1974 King Biscuit Flower Hour

WE SOLD OUR SOUL FOR ROCK’N’ROLL(紙ジャケット仕様)

Live: Towson State College, Maryland '79 King Biscuit Flower Hour

クラシック・ハード・ロック・ディスクガイド (BURRN!叢書)

バンド・スコア 80年代ブリティッシュ・ハード・ロック[ワイド版]

LED ZEPPELIN by LED ZEPPELIN【日本語版・4000部完全限定】