ロック好きの行き着く先は…

60年代のブリティッシュロックから70年代黄金期を聴きまくり、行き着く先はマニアへの細くて深い道のみか。それでも楽しいロックこそ我が人生。 by フレ

「note」マガジン発刊

-

Christine Perfect - Christine Perfect (1970):

0 Comments
B000B9EX0S

 突如の訃報にどんなんだっけ、と改めて聴き直していたが、本作に収録されている「I'd Rather Go To Blind」は、名曲さ加減から多数のミュージシャンやシンガーがカバーしてそれなりにヒットを収めているし、有名なところではロッド・スチュワートだが、チッキン・シャックでもカバーしてた。その流れからかクリスティン・パーフェクト女史の名義でもリリースされていて、これが大ヒットと、その成功を受けて急遽アルバム作りが進められて、一気に売ってしまう思惑が働いて出来上がった作品が1970年リリースとなった「Christine Perfect」。結婚するのでチッキン・シャックを辞めたのが1969年で、その合間にヒットしたので、曲作りとレコーディングを急いで1970年暮れにはリリースしたようだ。見事。

 1970年には当時の旦那のバンド、フリートウッド・マックの崩壊劇から新メンバーで参加する事となり、以降、数多くのヒットを放った事は既に周知の事実ながら、そこでは鍵盤とボーカルの才能を開花させて押しも押されぬスターへと上り詰めた。一方でプライベートでは散々な目に遭っていたようで、なかなか平凡な幸せは掴めなかったらしいが、それはともかくとして、このアルバム、ジャケットが良い。こんな椅子にリラックスした雰囲気で腰掛けて、もうしばらくしたら爆睡してる雰囲気で羨ましいくらいに牧歌的な雰囲気がよろしい。アルバムの中身もクリスティン・パーフェクト名義だからか、ボーカルは当然ながら、オルガンが妙にクローズアップされて、また時代を物語るアシッド調の音色をしたハープシコード的な音と時代を感じさせると同時に、白いオルガン、みたいな鍵盤を弾いている微笑ましい姿を想像する。

 そんなアイドル的な側面はあるものの肝心の「I'd Rather Go To Blind」に差し掛かると、本物の迫力やソウルさ加減には敵うはずも無く、もっと小奇麗に纏まってるのは当然で、元歌が良いから、ここでの歌唱も素晴らしいし、冷静に聴けばそこまででもないが、ただ、この儚さは彼女だから出せた味わい。そして結婚前後の時期だからこその感情移入もあっただろうか、なるほど、良い。迫力やソウルフルではない英国的な味わいがここにある。そして、アルバム全体を聴いてて思ったのは、アフィニティ的なトコある英国風味たっぷり感、そしてブルーホライズンらしい部分はまるで見当たらない作品も珍しいが、アルバムはさらりと聞きやすく佳作と言った所。





UKbluesrock

Chicken Shack - 40 Blue Fingers, Freshly Packed and Ready to Serve (1968):

0 Comments
B07DV8WTCW

 突然の訃報に驚いたが、後のフリートウッド・マックで活躍するクリスティン・パーフェクトはマックのジョン・マクヴィーと結婚してクリスティン・マクヴィーとして有名となっている。最初は同じ英国ブルースロックバンドのチキン・シャックに参加しており、その才能を開花させていたが、それにしてもこのバンド=チキン・シャックは実に認知度が低い。普通に英国ロックが好きでもあまりこのバンドをきちんと聴いている人も多くはないと思うが、その理由は大きく、と言うよりも単純にアルバムが手に入らなかった、ただそれだけ。初期の作品はブリティッシュブルースレーベルで有名なマイク・ヴァーノン氏率いるブルーホライズンからのリリースだが、そのマニアックぶりからかこのレーベルのアルバムはほとんど手に入らなかった。英国B級バンドの方がまだよっぽど見かけたように思うし、実際再発もあったけどチキンシャックはなかなか出なかったし、そうこうしているウチに聴かないまま終わったのが現実。

 それでも今なら簡単に聞けるようなので早いウチに聴いておく必要があると手を出して、どうせ聴くならファーストからで「40 Blue Fingers, Freshly Packed and Ready to Serve」に挑戦するが、このアルバムジャケットを見ると以前は万単位の値札が付いていた事を思い出してしまうし、「O.K.Ken」はついぞアナログを見かけなかった事も良き思い出。それだけにこの二枚への期待感は凄かったが、特に「40 Blue Fingers, Freshly Packed and Ready to Serve」は、驚くまでにシンプルなブルースロックで、ギターのスタン・ウェッブがフレディ・キングばりのギター弾きとは知っていたが、ここまで見事にブルースなファーストアルバムと思わなかった。ちょっとはオリジナリティあると思ってたけど、それはほとんどがクリスティン・パーフェクトの手がけたモノらしいのでちょっと違うし、これじゃ売れないと思うが当時の英国では評価されたアルバムで、セカンドアルバムも出せているからそこそこ売れたのだろう。

 まんまブルースで、歌もモロに黒人のモノマネ、ピアノの入りやブラスもモロで評価できない部分はあるけど、英国らしさは線が細い事で、まったく同じようにやってもその辺は出てきてしまう。その分スタン・ウェッブのバリバリのギターが楽しめ、クラプトンと大差ないギタリストとも思えるが、何かが違うのだろうか、その辺のブルース好きな人にはお勧めできるけどヘヴィーブルースが好きな人には軽すぎるキライがあるが、個人的にはフレディ・キングも好きだからこういう模倣を聴くのも好き。






UKbluesrock

Bud Powell - The Scene Changes (1958):

0 Comments
B01I5BU9RE

 バド・パウエルが1958年にブルーノートで録音した「ザ・シーン・チェンジズ」はジャケットとブルーノートなだけで聴くし、ジャケットでジャズのレコードも買ってたから歴史的背景も知らなくて良かったけど、今はすぐネットで背景が分かるから良いか悪いか…、バド・パウエルの「ザ・シーン・チェンジズ」は下り坂の頃の作品で名盤扱いはされていないが、もっと前のバド・パウエルを聴いている人には物足りないらしい。ただ、「ザ・シーン・チェンジズ」から聴くと全然凄いし、50年代後半の録音が一番熱かった時期と勝手に思ってて、何枚かレコードが並んでいると大体その辺を聴いてしまう。

 バド・パウエルの「ザ・シーン・チェンジズ」は、一曲目は耳にした事のある人が多い「クレオパトラの夢」が入ってて、好みなメロディで、バド・パウエルはピアノ弾きだからホーンに頼らずひたすらドラムとベースのトリオで音が紡がれていく。バックを務めるポール・チェンバースとアート・テイラーのトリオの楽しさはそれぞれのプレイヤーの掛け合いが音色が異なるから音に余裕がある感じで聴けるし、音が詰め込まれていないからメロディ楽器のピアノが縦横無尽に駆け巡って奏でる忙しさはあるけど、主旋律にメロディがあって心地良く、おしゃれなバーのバックに流していたら凄く似合うしアルコールも進むこと間違いない軽快なジャズ。



Horace Silver - Blowin' The Blues Away (1959)

0 Comments
B01I5BUA28

 最近ピアノが心地良くて色々な人の作品や演奏を見たり聴いたりしているが、クラシックもジャズもアニメもロックもすべてごちゃ混ぜにしてアウトプットしてくる新進プレイヤーもいて、時代は常に進化していると実感するし、それを見て聴いてきちんとついてくるリスナーのレベルの高さも素晴らしいと思う。自分と来たら相変わらずロックに近くないと聞けない部分はあるものの、オーソドックスなジャズピアノに立ち戻るとその美しさを改めてシミジミと感じて聴いてしまう。

 ホレス・シルバーが1959年に録音してブルーノートからリリースした素晴らしい作品「ブローイン・ザ・ブルース・アウェイ」で、一発目のタイトル曲「ブローイン・ザ・ブルース・アウェイ」からぶっ飛ぶ。素晴らしきグルーブとスピード感で、メタルで言うならいきなりスラッシュのスピードに強烈なグルーブが加わるから、さしずめRage Against The Machineともいうべきパワフルさ。

 一曲目のみならず名曲名演奏がとことん詰め込まれて飽きる事なく楽しめるし、ジャズ屋さん達の評価がかなり高い曲に「Sister Sadie」もあり、メロディが印象的でグルーブした黄金のピアノとトランペットとサックスによる華のある展開が心地良いハードバップグルーブで、圧倒的にピアノでスウィングさせている。アルバムジャケットに見られるハマり込んだピアノのノリは凄いし、何回聴いても飽きずに満載のサウンドは恐れ入る。メロウな曲もあるけど、元気になるグルーブが堪らなく素晴らしいブルーノートの傑作アルバム。



Phil Woods & The European Rythm Machine - Alive and Well in Paris (1968):

0 Comments
B01M34H60S

 アルトサックスの名演と云えば、チャーリー・パーカー直系の影響下にあったフィル・ウッズがフランスに渡って録音した作品「フィル・ウッズ&ヨーロピアン・リズム・マシーン」があり、アルバムジャケットを見る限りではこの作品「Alive And Well In Paris」と1968年当時パリに渡りこの名作を作った時をタイトルにしているが何故か邦題は「フィル・ウッズ&ヨーロピアン・リズム・マシーン」。

 アルバム一発目に入っている「若かりし日」に尽きるし、演歌の血が通っている日本人であれば必ず好きになる、火曜サスペンスのバックで流れてきそうな哀愁漂うメロディが印象的で、正にフランスを意識したイントロからメロディをモチーフとしたバップ系ジャズが始められるが、ジョージ・グランツのピアノがプログレッシヴで面白い。アメリカでは出てこないジャズの交わりかもしれないが、息を尽かせぬサックスのメロディの連呼はただ聴き入るのみと、多分玄人にはウケが良くないと思うが、好きな作品。もともとジャズの録音はライブが基本だから常に緊張感が高くて当然だけど、そのテンションがロック好きには堪らず、アドリブの応酬もかっこ良く決まっているし、1968年のパリならもう英国のロックが出始めてきた頃で、少なからずそのエネルギーがジャズ界にも影響を及ぼしていたと思いたい。