目次2018年6月2日更新

ロック好きの行き着く先は…ブログ掲載アーティスト・バンド名の目次です。
A B C D E | F G H I J K L | M N O P Q R | S T U V W X Y Z | 日本語

Buddy Guy - Live! Real Deal

Buddy Guy - Live! Real Deal
Live! Real Deal

 ロックはブルースから生まれたものだ、だからブルースの子供でもあるんだ、というロック神話は今でも生きているのかどうか知らないが、確かにロックの歴史をなぞるとそういう言い方も正しいし、自分自身がロックから入って聴いているとブルースに行き当たるし、確実にブルースの影響をウケているというロックが好きだからっていうのもあるか。ロックの中でもブルースの影響を受けていないのもあるし、ロック全般がブルースの子供ってんでもないだろう。ただ、ひとつの世界としてはそうだよな、って思う。それを逆手に取ってしまった人の一人がBuddy Guyなのかも。60年代からずっと活躍してきた人だからロックの全盛期も同時代に生きていたし、衰退してきた時期、そして今でもシーンに健在に君臨しているからロックの歴史をほぼ目の前で見ているんだよね。それもブルースメンという目線から。だから故、Buddy Guyがロックをやったってのも良く分かる。そもそもその傾向が強い人だったんだからロックのエネルギーに引っ張られたんだろう。それでセールス的にも成功したし、思う存分ギター弾いてるし、結果的には大成功だったろう。

 そんなBddy Guyの1996年のG.E.スミスと一緒にやったライブアルバムが「Live! Real Deal」としてDVDでもリリースされている。ちっぽけなライブハウスみたいなトコでやってるから二人の姿が接近した形で見られるものだけど、音を聴いているともうさ、凄い迫力なワケ。もう90年代だから売れた後だし、すでにハジけているしロックやってる時期だし、G.E.スミスだし、何ら文句のひとつも出ないプレイを堪能できます。ギター聴いてるともうSRVが乗り移ってるんじゃないかっつうくらいにはロック寄りなギターが聴ける。ジミヘンよりもそっちだな。ブルース・ロックをブルースメンがやっちゃってるという、それでいて歌は黒人だからある種白人のブルース・ロック小僧達が皆なりたかった姿の最高峰を実現しちゃっているというワケだ。そりゃさ、ブルース側からしたらちょっとオメェやりすぎだろ、って言われるだろうけどロック側はもう大喝采。そこにベテラン職人G.E.スミスまで加担しちゃってるんだから言うことない。この人のおかげでバディ・ガイからロジャー・ウォーターズまで、そしてホール&オーツまでつながっちゃうワケで、どんだけ振り幅広いんだ、ってな話。

 しかしもうこんだけ熱いギター聞かせてくれるんだからひたすら楽しめ、観客の熱気と一緒に自分も楽しめってくらい。映像見てると演奏側のバックミュージシャン達も凄く楽しんでるし、リラックスしてライブやってるから見てて気持ち良い。そこにもう理屈なしのストラトバリバリの乾いたトーンでのバディ・ガイのエネルギッシュなプレイ、言うことなしの名盤です。正にブルース・ロックの真髄、っつうかブルースギターの真髄。こういうギター弾けたらホント楽しいと思う。いくつになってもこういうパッションが出せるんだから凄いよ。




Otis Rush - All Your Love

Otis Rush - All Your Love
All Your Love

 ブルースメンの世界でもそれなりに発掘音源はたくさんあって、怪しげな所から、またキチンとしたオフィシャルでのリリースも含めて以前に比べたら格段に数多くリリースされているから様々なものを聴くことが出来る。そりゃライブの方が多い、っつうかライブばかりになるんだけど、結構ラジオで放送してたりしてて残ってるのはあるみたいなんだよね。自分たちでは録音するなんてあんまり無かったみたいだけど、誰かが録音したのならあるよ、ってなトコだ。さすがに客席録音盤みたいなのは出てこないからそのヘンまでっていうのはあるが、それでもぶっ飛ぶライブが多いからその手のモノは楽しんで聴くことが出来る。

 Otis Rushの地元シカゴでの1976年のライブがラジオ放送されていたらしく、その時の模様がオフィシャルでリリースされた「All Your Love」なんかはその例で、これがまた強烈なライブのインパクトを放っているので聴いていると惹かれまくる。冒頭の強烈な3連からして引き込まれていくし、それに続く歌声もやっぱりモノホンのブルースメンの歌そのものだから慣れてても引き込まれていく。さらにグイグイと強烈なギタープレイでもっと引き込まれていくし、これを調子悪いとかイマイチなライブとか言うのってよく分からん。これでダメなライブだったら一体どんなライブが凄いんだ?ってくらいには調子良いライブだと思う。それか、これが最低限だとしてもやっぱり強烈なライブを放つ人なんだ、ってことだ。自分がブルースギター好きだからかもしれないけどね。とにかくミックスがギターと歌ばかりをクローズアップしているんでとにかく耳に刺さってくつんだよ、このギターが。んで、その音色がハコギターだからかうるさくない。ナチュラル感たっぷりの音色でグイグイくるから心地よく引っ張られる。

 シカゴブルースの代表な人だけど、ちょいとシカゴブルースにしては激しさが強いかもしれないね。リズムや取り組みは紛れもなくシカゴ系のスタンダードだけどさ、こんだけのライブになるとそういう括り以上に熱くなる。とにかくエネルギッシュでテキサスブルースの引き込み具合とは全く違う聴かせっぷり。今までのオーティス・ラッシュのライブのイメージからはちょいと異なる激しいギタープレイにギャップ感を良い意味で感じるライブアルバム、その意味ではまずはコイツから聴いてオーティス・ラッシュを聴いた方が良いかもね。

Albert Collins - Live in Japan

Albert Collins - Live in Japan
Live in Japan

 今も昔も変わらないのがブルースというジャンルかもしれない。色々な音楽とブルースを交えてとかブルースからファンクやソウルなんかも入れて、なんてのもあるけど結局はどれもこれもブルースギターと歌、シンプルな進行でのアドリブ合戦みたいなところから離れることもなく、基本に戻ってくるから時代を経ても何ら変わらないスタイルが継承されている。昔のブルースメンでも今時の若手でも基本的には同じだ。だからこそそのシンプルな構成の中でどんだけ熱くエネルギッシュに人を引き込むプレイが出来るか、みたいなのがブルースメンの腕の見せ所。当然ながらライブに注目することになるのだが、これまた難しい事にブルースメンのライブアルバムってそんなに多くはないんだよな。なんでだろ?録音する設備を持ってのツアーなんてしてなかったからだろうなぁ…。

 Albert Collinsの1982年日本公演を記録したライブアルバム「Live in Japan」は九段会館でのライブからの抜粋版でオープニングからして思い切りノリノリにスイングしたプレイをビシバシと決めてくれている必殺のライブアルバム。日本でのライブってのもあって聴いている側も思い入れが深くなるし、このライブ行ったわ〜って人ももちろんそれなりにいるだろうし、結構なライブ名盤に仕上がっていると思う。この手の人たちはライブアルバムに後から音をかぶせるなんてこともしていないだろうから当然生々しいライブそのものが記録されているんで、このエネルギッシュなプレイもそのまま伝わってくるし、エモーショナルなブルースプレイも息遣いから伝わってくる。

 それにしても凄いトーンだよなぁ、このテレキャス&指弾きピッキングの味わいの深さ。しかも7カポとかだしFmのオープンチューニングとか訳わからんし、どういう音感してるんだろ?んでテレキャスのカバーも付いてたりするから指弾きする場所も限られてるだろうに、面白いです。それとストラップは右肩に掛けてのスタイル、どこから見てもヘンな弾き方するギタリストですな。それでいて歌も歌っているし身長も高いしデカいから迫力もあるしさ、もう素晴らしいです。んでもってこのギタープレイ。文句なしのテキサスアーバンスタイルの代表的なギタープレイ、大好きですねぇ、ホント。サイドを固めるACリードもギターとサックスで大活躍、とにかくバンドがノリノリでコリンズのギターもいつものように素晴らしい。いつまで経っても聴き続けられる古くならないブルースプレイヤーの姿。




Freddie King - Getting Ready

Freddie King - Getting Ready (1971)
Getting Ready

 周期的にブルースを聴きたくなるんだが、ブルースの新しいものってのはそうそう無かったりするので、結局は古いのを紐解いて聴き直したりする方が圧倒的に多い。それでもまだまだ新しい発見や、あのヒトとこの人が一緒にやってて云々とかワクワクすることってのはたくさんあるし、まだまだだなぁって思う事も多い。音色を楽しむというのとギターを楽しむってのとやっぱり迫力を楽しむってのもあって聴く度に楽しめるから何度も聴いちゃう。それでも口づさめるってほどのアルバムは多くないのだが…。

 Freddie Kingの1971年リリースのアルバム「Getting Ready」はレオン・ラッセルが設立したシェルターレーベルからの作品で、その影響が大きいのだろうけど、この時代が一番ロックに近づいた時期でいわゆるロックファンには一番受け入れられる辺りだろう。ブル^すファンからするとこの時期はちょいと魂売っただろ、って批評も多いようだ。まぁ、そんなのはともかくとしてだ、このアルバムでのフレディ・キングのハジけ具合が違う。冒頭から名曲「Same Old Blues」というバラードで始まるという意外な展開、これがまたギターも歌も素晴らしく、確かに一曲目に持ってきたくなるわなというくらいの傑作。んでもって「Dust My Bloom」ですよ、ってエルモア・ジェームズのあの曲をフレディ・キングが、って話だけどものの見事に自分のものにしちゃってるという出来映えに舌を巻く。以降はもうお得意の世界観がひたすらに出てくるのだが、いつ聴いてもこの人のギターのフレーズも手癖も相変わらずのもので、読めるんだけどイチイチ感動するという大道芸、音のズラし方とか入り方も唐突だったり、トーンも割と平坦なのにグイグイと迫ってくるというもので、スクィーズギターと呼ばれるのはそのヘンだもんね。残念ながらロックサイドにはこういうギタリストはいない。当たり前だけどやっぱり黒人独特のスタイルだし、どんだけ真似ててもそこはこうならないというか‥、不思議なものだがたとえそれがクラプトンでもこういう風にはならなかったってのかね、だから面白いんだよな。

 ブルースってのは定形パターンがあるから音楽性が云々ってもさほど違いは出てこないし、そりゃホーン合ったりとかあるけど、そんなモンだし、このアルバムもかなりスワンプなサウンドに仕上げているけどパターンはいつもの定形どおりだからやっぱりギターが映える作り。それにしても「Key To The Highway」や「Goin' Down」もあって聴き応えがある作品だ。やっぱりシェルター時代がいいな。






Flamin' Groovies - Teenage Head

Flamin' Groovies - Teenage Head (1971)
Teenage Head

 バンド名は知ってるけど真面目に聴いたことないよなぁ、とか聴いたことあるけどアルバム一枚程度だったかなみたいなのも結構ある。特に自分的にはアメリカモノはそういうのが多い。何かとロック本なんかで名前は見るけど聴いたことあるかってぇと、そんなに無いとかね。さほど魅力を感じないからそうなるんだろうけど、多分偏見(笑)。実際そんなに面白みを感じない事が多いからそうなるんだが、それでも聴いておきたいかなってのはある。そんなバンドの中のひとつにこのThe Flamin' Grooviesなんてのがある。うろ覚えの知識で初期とその後なんかじゃガラリとバンドが変わった、みたいなのは知ってたけどそこまで聴き比べてなかったんで聴いてみたところ。

 Flamin' Grooviesの1971年リリースの三枚目のアルバム「Teenage Head」。この頃まではガレージロックに影響をウケたR&Rを展開していてソリッドなスタイルが売りだったんだけど、この跡からちょいとキャッチーな路線に進んでいったみたい。やっぱりガレージ時代の方が面白かろうってことなんだが、これがまたやっぱり名が知られているだけあってカッコよい。アルバム通してって話になるとそうでもないんだけど、いくつかカッコよさがにじみ出てくる曲やリフがあってニタリと笑ってしまう。リトルストーンズ的な言い方されることも多いんだが、言い得て妙な部分はあるか。単純にR&Rスタイルだけでもなくアコースティックも交えたロックスタイルなんてのはまさにストーンズ的、主しおいのはブルース色がまるで無いことか。ガレージロックってそういうもんだけど、ブルース色なくしてストーンズ的とは何ぞやって話だな。スタイルとして似ているってことか。まぁ、言うほど似ているワケでもないからやっぱりガレージロック。

 生々しいバンドらしい音なんだな。作られた音ってのが全くなくてせーの、って録音したかのようなアルバムのサウンドが魅力的。ギターのチープな音なんかもナマナマしくて頼もしいしフレイミン・グルーヴィーズの初期傑作と言われるのは分かる。もうちょっとスリリングさとかあると聴き応えあったのかもなぁとは思うけど、痺れるカッコよさは持っているし、この時代のアメリカ、しかもサンフランシスコにこんな音出してるバンドがあって、他では見当たらなかったんだからさ。




 | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ+

2018年 07月 【1件】
2018年 06月 【23件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


格安sim mineo!

Free Spirit
全曲フリー!

Welcome to the Blackout
ボウイ1978アールズコート!

アズ・ロング・アズ・アイ・ハヴ・ユー

Live in Japan

Our Country: Americana Act II

The Blues Is Alive & Well

Live At Town Hall 1974. 2CD Set

Appetite for Destruction [Deluxe Edition][2CD]

Sexorcism
Sexorcism

Led Zeppelin Live: 1975-1977
Led Zeppelin Live: 1975-1977

THE DIG Special Edition キング・クリムゾン ライヴ・イヤーズ 1969-1984 (シンコー・ミュージックMOOK)
THE DIG Special Edition キング・クリムゾン ライヴ・イヤーズ 1969-1984 (シンコー・ミュージックMOOK)

Klipsch 革製ネックバンド型Bluetooth イヤホン X12 Bluetooth Neckband Black KLNBX12111
Klipsch 革製ネックバンド型Bluetooth イヤホン X12 Bluetooth Neckband Black KLNBX12111

ゼンハイザー ヘッドホン オープン型 HD 599【国内正規品】
ゼンハイザー ヘッドホン オープン型 HD 599【国内正規品】

ヒプノシス全作品集【2000部完全限定】
ヒプノシス全作品集【2000部完全限定】

麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ
麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ

ブリティッシュロック巡礼
ブリティッシュロック巡礼

フリー・ザ・コンプリート 伝説のブリティッシュ・ブルース・ロックバンド、栄光と苦悩
日本語訳版出てたんだ!


Click!!


Powered By FC2