ロック好きの行き着く先は…

60年代のブリティッシュロックから70年代黄金期を聴きまくり、行き着く先はマニアへの細くて深い道のみか。それでも楽しいロックこそ我が人生。 by フレ

Nucleus - Live in Bremen

0 Comments
Nucleus - Live in Bremen (1971)
B0000996IM

 音楽を堪能するには時間との戦いを制覇する事から始めないといけないのが一般人の悩ましいところ。その他もちろんカネや環境作りもあるから、趣味とは言えどもなかなか突き詰めていくには労力を伴うのも厳しいところか。普通に音楽鑑賞が趣味です、といえるレベルならそうでもないが、気になって探求してしまう性癖があるとそうもいかない。もしくは才能があって一度聞いたら分かっちゃったり進行が分析できちゃうような人なら短時間でも良いのかもしれないが、元来ゆったりと楽しみリラックスしてその世界に浸るものだとも思うので、やはり時間が優先度高いだろう。大人になったらジャズを聴く、と思っていたのもそのひとつで、時間がゆっくり流れる年頃になったらそういう贅沢な音楽を聴けるのだ、と。実際そういう時間を持てる事もなくただただあくせく生きている毎日、それでも趣味には時間を割いて楽しむべきだから色々と聴いたり、突っ込んだりしているあまり意味のない日々。

 カンタベリーシーンの連中はポップスも耳にしながらジャズ楽器を演奏するメンツで、その入り混じり具合によってバンドの指向性が変わっていったが、少々外れたところにはジャズメンからロックに近づいていったNucleusの総帥、イアン・カーがいて、それはそれで秀逸なミュージシャンを集めてバンドを組んでジャズにロックを混ぜて演奏していた。アルバムデビューは1970年、勢い込んだその年には2枚のアルバムを市場に突っ込み、その存在感と音楽感をロック界に、そして英国ジャズシーンに投げ込んだが、結果的にプログレッシブ・ロックのジャズ・ロック辺りの筆頭バンドとして捉えられている現在、メンバーの流動性も高く、またメンツの大部分がその筋の人脈でソフツとも被りまくるため概ねその範疇で語られる事が多いし、実際自分もそうクロスオーバーして聴いている。アフィニティのリンダ・ホイルのバックを務めたりもしているので、その辺りまで進めると色々と出てくるがそこはクリス・スペディングのキャラクターの人脈の為せる業だろうか、あちこちでその名声を培っている。

 そしてニュークリアスの「Live in Bremen」なる発掘ライブアルバムは1971年5月にブレーメンで行われたライブだが、メンツは後期ソフツそのまま、そして冒頭から「Hazard Profile」そのままの「Song For The Bearded Lady」のリフレインがゆったり目に鳴り響き、以降前半はインプロプレイ中心の白熱したライブがひたすらに繰り広げられる素晴らしき名演で、息つく間もなく繰り広げられるそれぞれのソロバトルプレイ、絶妙なアンサンブルと展開がこれでもかとばかりに出てくるのでついつい引き込まれていく。この手のインタープレイがジャズ・ロックとも言えるし、ロックが求めていたアドリブプレイの真骨頂とも言える世界と同じだし、自分的にはこういう瞬間が大好きだ。楽器の音色はともかく聴いていてゾクゾクする瞬間が多数あるから面白い。本ライブではメンバー6人で、その半分は後期ソフツメンバー、クリス・スペディングや離脱しているので代わりにレイ・ラッセル参加だがギターの出番はそれほど多くない。圧巻なのは当然ながらのイアン・カーとカール・ジェンキンスで、絶妙に合間を縫って捌くのがロイ・バビントンとジョン・マーシャル。合間を美しく彩るのがブライアン・スミスの管楽器と言った感じか。

 ステージは前半と後半の真ん中に休憩を挟むような進行だったらしく本ライブアルバムは発掘リリースながらもこの古い音源を全て網羅しているようで、全く集中力を途切れさせる事なく一気に聴けてしまうテンションの高さが凄く、楽曲に親しみがあるなしは関係なく演奏を味わえるから、その意味ではジャズ的。それにしてもモロに後期ソフツな印象が強いのはリフそのものもあるが、カール・ジェンキンスの雰囲気だろうから当然ながらもソフツ前夜をこれだけ激しく楽しめる事に感謝したい。先日ソフツの白熱ライブを聴いたばかりだったので、ニュークリアスも似たように何かあるだろうと思って引っ張り出してきたが、ここまでとは思ってなかったから楽しめたライブ。



Kevin Ayers - That's What You Get Babe

0 Comments
Kevin Ayers - That's What You Get Babe (1980)
B01GEWJGFC

 普通に聞いたら普通にポップスだろ、と思えるのが当たり前なカンタベリーシーンのポップ感覚だが、それでもやはり妙な質感が残るのは気のせいか、今の時代にもなるとそれも感じないままに古き良きポップスに聞こえるのかもしれない。ケヴィン・エアーズの作品を聴いていると、そうそうこの人のポップ感覚ってこういうのだった、と再認識してしま い、それを聴きながらふと普通にポップスなのかもしれないとも感じだからの序文だが、やはりどこか変。まず流行に乗っている部分が何一つ見当たらない。楽曲構成はオーソドックスなスタイルを踏襲しているのでさほど新しい感は見当たらない。かと言ってヘヴィやソフトや妙なロックには触れていないからあるがままギターを片手に出来上がった作品を適度なビートで演奏している、見合ったアレンジやイメージに合うムードを入れて録音している。ギターには盟友オリー・ハルソール呼んできて雰囲気に合わせて弾いてもらう、それこそがケヴィン・エアーズ作品の音にもなっているからこの二人によるプロジェクトなのかもしれない。

 Kevin Ayersの1980年リリース作「That's What You Get Babe」は本人からするとほぼ黙殺する作品だったようなので、どこにも特筆すべき部分が見当たらない作品とは認識していたのかもしれない。それでもオリー・ハルソールのヘヴィギターが炸裂すべきところでは炸裂してくれているし、相変わらずの低音な歌声が痺れるポップ作品が並んでいる、割と軽快で聴きやすいアルバム。難しいのはこれくらいだったら簡単に出来上がっちゃうだろうと思えるくらいの作品で、何かを狙って創った作品には思えない点。この後イビザ島へ行ってしまうので、色々と辟易していた時期の契約消化のための作品だったのかもしれないし、だからこそこの妙なピンク基調のジャケットにしているとも思う。良く言えばサルバドール・ダリの唇のソファの雰囲気を持ち込んでいるが、どうにもなイメージ。

 中身の曲調も脳天気に近いものが多く、それはそれで楽しめるがコアなファン向けになるだろうか、60年代からシーンに登場してきた英国のロックシンガー達は皆が皆この頃方向性に戸惑い、多々悩み、大きな壁に出会っているような時期、キンクスにしてもストーンズにしてもフーにしても同じだし、その意味ではケヴィン・エアーズも同じかもしれない。才能ある若者だった連中の同じジレンマ、とでも言うべきか。悪くはない作品で、ケヴィン・エアーズらしさもあるが、突出した何かも見当たらないアルバムとしか書けない自分も聴き込み不足。



Robert Wyatt - Old Rottenhat

0 Comments
Robert Wyatt - Old Rottenhat (1985)
B00NWU1J5K

 不遇の目にあったミュージシャンもこれだけ長く色々見ているとそれなりの数が知られているが、多くは忘却の彼方に葬られ、また本人も活動しなくなるので当然そういう存在になっていくが、何人かは生還して活動再開したり、世界観が変わった状況を作品にしたりもしている。人間で表現する才能がある人なら当然だろうし、それに共感するリスナーも多いだろうし、それが仕事だから再起したとも言えるし、また人に知られるのもしょうがない商売だからと色々あるが、総じて継続こそ力なりの部分も大きいのだろう。それは何事に於いても同じだろうし、普通に全うに生きててもそうだし、たまたま見れるところにあるから改めてそう感じるだけかもしれない。

 Robert Wyattはその意味で実に珍しい、と言うか不遇と言えどもその才能はきちんとシーンに残されている人だ。ソフツのドラマーとボーカリストとして知られているが、ソフツ脱退後にマッチング・モウルを結成してアルバムリリースした後にレディ・ジューンのアパートで行われたパーティで酔って階段で足を滑らせて下半身不随の重症を負い、そのままシーンから消え去るかと思われたが、そこがカンタベリーシーンのふわふわ感と同じく心優しい村の雰囲気と言うのか、皆が皆ミュージシャンとしてのロバート・ワイアットを求めて来ては再起を促し、ドラムが叩けなくなっただけで、元々のボーカリスト面や作詞作曲能力や音楽センスには何も影響ないだろうとの事で再起。当然ながら作風は大きく変わっているが、それは聴いている側の勝手な解釈かもしれない。元々心に染み入る歌声の持ち主だし微妙な旋律のメロディを歌う人だったから、ちょっと研ぎ澄まされただけ、とも言える。

 1985年にラフ・トレードレーベルからリリースされたソロアルバム「Old Rottenhat」はオリジナルアルバムとしては10年ぶりの作品で、多分全て本人が演奏して歌っている、真のソロアルバムに近いのだろうと思われる。ドラムは入っていないから、パーカッション的な音で代用しつつシンセサイザーとベースや鍵盤がならされている程度の宅録かもしれない。その意味ではニコのこの頃の作品に似た雰囲気はあるが、その前までは映画のサントラや実は英国では売れたらしいエルヴィス・コステロ作曲のシングルなどもあってアルバムは幾つか出ていたがカバー集や編集盤だったようだ。それでも知らなければ普通に聴けてしまっただろうが、本作はその意味では一段落してのソロアルバム制作となり、改めて悟り切った感じのする作風に聴こえてしまうのはやはりこの人の声質に依るところが大きいと思う。





Soft Machine - Breda Reactor

0 Comments
Soft Machine - Breda Reactor
B01G4CWMVM

 プログレッシブ・ロックと言えばクリムゾンやEL&P、ジェネシスやイエス、フロイドの名が挙がり、ちょっと深掘りしてもムーディー・ブルースやプロコル・ハルムあたりが出てくる程度が一般的な範疇だろうと思っているが、もうちょっと入ってみてもソフト・マシーンやキャラバンのようなカンタベリー系は出てこないように思う。やはり何かのきっかけがないと進みにくい世界だろうし、それは何なのかとなるとこれも難しく、今となっては道標が何処にあるのかすら不明な状況な気がするがしっかりと若い世代にも聴かれているのだろうか。知ってるリスナー向けに幾つもの発掘音源が続々とリリースされてそれはそれで喜ばれていたが、最近の状況までは把握仕切れていない。

 Soft Machine発掘ライブ名盤、迫力のライブアルバムとして語られる事の多い1970年1月のオランダ公演がメンバーか関係者によって録音されていたらしく、ブライアン・ホッパーの手元にあったテープから2005年になりCD「Breda Reactor」としてリリースされて陽の目を浴びている。音質は決して良い状態とは言えないが、音が揺れる事はなく固定的なバランスで聴けるのでリリースに踏み切れたのだろう。その分ヒュー・ホッパーの歪んだベースが凄まじく、ラトリッジのクールに見えるくせにとんでもなく目立つ鍵盤と共に大いにソフツのアグレッシブなライブの姿を楽しめる、どころか迫力に息を呑む白熱のライブに出会える素晴らしきライブ盤。その分ロバート・ワイアットのドラムや歌が引っ込み気味になってしまっているが、この時点で既にボーカルパートの不要さが顕著になり、ワイアットのドラミングも他の楽器陣営のインプロビゼーションとは異なり勝手なプレイに始終しているようにも聴こえてくるので、バンドの方向性には疑問を抱いていたり、悩ましげな部分もあって叩いていたのだろうかとも思える。

 時期的にはセカンドの「Volume 2」とサード「Third」の間のライブで、リン・ドブソンがフルートでも参加している貴重なカルテット時期のライブで、数年前までカンタベリーのジャズポップシーンで、などと書いていた面々がここまでフリージャズに舵を切ってプレイしている姿は想像も付かなかっただろうし、メンバーもそう思ってなかっただろう。それでもこの音だ。更にバンドはアルバムの音から随分とかけ離れた音楽をプレイしているからクリームあたりよりもぶっ飛んだ世界を進めているとも言えるか。ものすごい才能と熱気とセンスが詰め込まれた恐るべきライブの記録。テープはチョコチョコとぶった切れているから作品としてはどうしようもないが、これだけの迫力が残されている事の方が貴重で歴史的だ。古いロックバンドのインプロビゼーションを少しでもかっこ良いと思うならばこの演奏は是非とも聴いておきたい。曲を知っている知らない、バンドを知っているという次元を超えてロックとはこういうものだ、と叩きつけてくれる、が、彼らはロックを演奏している気はサラサラないだろうところが面白い。ジャズメンになりたくて電子楽器で遊び始めてバンドを結成してフリーに演奏していたらここまでの熱気になってしまって、やってるスタンスはジャズだが出てくる音がロックになってる。しかし凄まじい記録としか言えない。





The Wilde Flowers - Tales of Canterbury

2 Comments
The Wilde Flowers - Tales of Canterbury (1994)
B01MQ5LOUT

 久々にカンタベリーシーンの音に触れたが、やはり心地良い音のソフトさを味わえた。プログレバンドとして知られているからなかなか手が出せてなかったり、カンタベリーの意味不明な世界に触れるのをためらっているならその偏見は全て捨て去ってCaravanの中期の傑作あたりにどんどんと手を出すべきだろうし、マッチング・モウルやロバート・ワイアットのソロ作品でも良い。その辺りなら手を出して聴けなかったと言う事もなかろうし、ともすればカンタベリーの傑作が良く分かるかもしれない。やや演奏に比重を置いた傑作ならハットフィールド・アンド・ザ・ノースあたりに手を出すのも分かりやすいような気もするがそれ言うと何でもありになるので、軽快な歌ものとして聴ける範囲からが良い気がする。そのカンタベリーシーンの源流とも呼ばれるバンドにワイルド・フラワーズがあり、カンタベリーシーンの全てのルーツはここに集約されるのでご紹介。

 The Wilde Flowersは1963年にホッパー兄弟が組んだバンドで、そこにはロバート・ワイアットがボーカルで、ケビン・エアーズも参加していて、歌う時にはロバート・ワイアットがドラムに回っている。ロバート・ワイアットが歌専門の時はロバート・コフランが在籍していた。ブライアン・ホッパーはギターからサックスに回ってしまったり、ヒュー・ホッパーはここでベースに馴染んだという話だが、そこに絡んだのがパイ・ヘイスティングで、その後リチャード・シンクレアも加わっているが、後年にはマイク・ラトリッジも参加しているから見事にCaravanとソフト・マシーンの初期のメンツが全て関わったバンドになっている。面白いのは60年代中期前後のバンドなので、英国ではいわゆるビートバンド=ビートルズやストーンズ、キンクスやフー、初期のムーディーズなどが出揃った頃に出てきているが、見事なまでにブルースに影響は受けておらず、下手したらR&Rにも影響を受けていないのかもしれない。もっともカバーしてるからそれは無いが、人によっては多分あまり絡んでない気もする。どちらかと言えばそれよりもジャズに親しんでいたような節も大きく、その辺りはカンタベリー周辺でそれなりにミュージシャン気質やセンスある連中が集まったからそれぞれの好みは別として一緒にやっているような雰囲気か。故に実に多彩なバリエーションに富んだ作風が立ち並び、いわゆるマージービート系のサウンドとは全く異なる。同時代でこの差は凄く、明らかにThe Wilde Flowersの連中のセンスはキレキレに感じる。

 そんな初期のデモテープ集が纏められて、日本でもその伝説のバンドの音源が発掘されたとばかりに話題になって1994年にリリースされた「Tales of Canterbury」が自分もワイルド・フラワーズとの最初の出会いで、今ではその拡張盤がリリースされてもっとディープなソースが収録されているらしいがそれはまだ未聴。まずはこちらを改めて聴いているが上記に書いた通りにマージービートとは全く異なり、それよりもロバート・ワイアットのあの哀愁漂うボーカルも若い頃からそのまま。明るい曲を歌っているのにモノ悲しく聞こえるのもどうかとは思うが個性的な歌声なのは確か。その意味ではポップソング+サイケシーン風味を漂わせた曲が多いが、音色やアレンジあたりには後のカンタベリーシーンの姿をチラホラと垣間見れる部分もあるのである程度カンタベリーに慣れてから耳にすると面白さが増すだろう。




Caravan - The Album

0 Comments
Caravan - The Album (1980)
B00000885A

 何かのきっかけでロックが好きになり、その周辺から色々と聴き漁る幅が広がっていくが、いつでも新鮮な刺激があるとそれに夢中になって進んでいく。当然気になるフレーズやかっこ良い曲、フレーズに痺れて何度も聴き込み、ふとまた新たな刺激を何かで聴いてしまうと今度はそれはコンセプトアルバムとしての出来映えだったり、妙な楽曲の組み立て方だったりと常に聴いた事のないような組み合わせや歌声やアレンジ、曲構成やリズム、または楽器のテクニカルさ加減に刺激を受けたりもする。そんな色々な楽しみ方があるのに、まだ他の人と話したりすると面白い角度で聴いていたり、見えてなかった点を話されたりするから深くて、名盤として知られるアルバムですら、自分でも何度も聴いたアルバムですらそういう発見がある。

 カンタベリーシーンの雄、Caravanは1978年にレコード会社との契約を切られて一旦バンドも解体しているが、翌年にはまたメンバーが再結集してライブを行い、そのライブアルバムを持って契約を果たそうとしていたらしいが、その合間にリチャード・シンクレアがまたしても離脱してしまったのでそのライブアルバムはお蔵入りにして、スタジオ制作に入ったらしい。ここではデイブ・シンクレアも戻ってきているのでほぼ全盛期メンバーによる再結集だったが、リチャード・シンクレアもこの後また戻ってきているからその夢は次作「Back to Front」で叶っているが、今回はその境目となった1980年リリースの「The Album」。リチャード・シンクレアは居ないが、パイ・ヘイスティングの秀逸なソングライティングは相変わらず、と言いつつもデイブ・シンクレアとパイ・ヘイスティング、更にジェフ・リチャードソンも加わっての作曲陣営となっているから割と民主主義的なアルバム、言い換えれば統一性が無いアルバムになるはずなのが、見事にキャラバンというバンドの味付けに包まれての傑作に仕上がっているから面白い。だからこそ「The Album」とのタイトルにしたのか、とある種の自信の現れが見える気がする。

 この浮遊するポップセンスは果たして誰のものなのか、歌メロはパイ・ヘイスティングが創っているとするならばこの統一性のあるメロディセンスは納得するが、そこまでは傍から聴いていてもよく分からない。ただ、曲によってのセンスのバラツキは感じるのでそれをパイ・ヘイスティングが纏め上げてしまっているのだろう、と勝手な解釈で聴いている。その意味では一貫してあのキャラバンの作風、雰囲気、独特のジャズ風味ポップス的エッセンスを含むロック、カンタベリーシーンからちょいと上にあるセンスは傑出している作品で、アルバムジャケットのダサさが音の秀逸さを台無しにしている気がするが、中身は素晴らしい。自分も1980年リリースでこのジャケットなら入手するのは後回しでも良いかと聴くのは結構経ってからだった気がする。それでも聴いてみれば一旦解散した影響など皆無、どころかそれによってリフレッシュして作り直せたのじゃないかと思われる程に抜けきっている作品。