目次2018年1月27日更新

ロック好きの行き着く先は…ブログ掲載アーティスト・バンド名の目次です。
A B C D E | F G H I J K L | M N O P Q R | S T U V W X Y Z | 日本語

Peter Frampton - Frampton

Peter Frampton - Frampton (1975)
Frampton

 本能的にロック的なものとそうでないものってのを嗅ぎ分けるのか、聴いてないアルバムってのは有名なミュージシャンのでもかなり多い。ロック畑のミュージシャンのでも聴いてなかったりする。それはもちろん何かの評論だったりアルバム紹介だったりという要素から自分なりの解釈なので間違ってるのもあるだろうし、聴いてみなきゃ分からんだろ、ってのはホントだ。ただ、一般的に売れたものとかってのは正直ほとんどアテにしてなくて、そういうのは多分芸術的ではあるだろうけどロック的とはちょいと違うんだろう、みたいなのあるし。昔の話ね。だからと言って売れないのが良いってんでもないが、そもそも売るためのものなのでロック的であろうとなかろうと売れるに越したことはないし…、それで自身を貫き通す人ってのはやっぱり凄いと思う。

 Peter Framptonの1975年のソロアルバム「Frampton」。アルバムジャケットは本人なんだが、そのTシャツに描かれているのはマリオット?Humble Pieの離脱は和平的だったみたいなので、円満退社ってことでこういうところでの感謝の表れなのかな、別に喧嘩別れしてないぜ、ってのを皆にアピールしてたのかも。この頃なんて情報ないから、ソロアルバム出しただけで疑われる時代だし、そもそもバンド離脱ってのも知られてなかったかもしれないし、色々とメッセージも考える必要もあったのか。そんな邪推をしてしまいながらも聴いてみると、これがまた…。

 ある意味ではこの後の「FRAMPTON COMES ALIVE」で大化け大売れしたってのも分かる気がするが、正直言って「??」なアルバム。完全にアメリカ路線をまっしぐらに進むという明確なアルバムでもあるし、魂売ってのスタンスってのも分かる。いや、そこまで思ってはいなかっただろうし、アメリカ路線への布石でしかないのだが、それ自体がここまで爽やかで聴きやすいメロディ路線、そしてある意味誰でも出来るであろうポップス的路線。ただ、これでPeter Framptonは世界を制したのだから正しい道だったのだ。悩ましいのは当時を知る人達は思い出のアルバムであろうが、後追い路線だとどこが良いのかよく分からないアルバムばかりが残されているというトコロで、ロック史的にはさほど影響のないソロ活動、という位置づけになってしまっている気がする。しっかりと細かく作られているんだけどね、あまりにもポップすぎる。ただ、作品としては良いなぁ…ってのは思う。やっぱりメジャーの売れ線路線は良く出来てるよ。

 アナログ時代で言うトコロのA面はポップ路線ばかりで正直に辛い。何でまたこんなにメロメロにやってるんだ…ってくらいだが、B面に入るとギターが目立ってきてまだ昔の面影が聴けるんで救われるか、って感じ。そういうところもやっぱりアメリカ狙いの影響なんだろうな。




Steve Marriott's Packet Of Three - Live In London 1985

Steve Marriott's Packet Of Three - Live In London 1985
ライヴ・イン・ロンドン 1985 (生産限定紙ジャケット仕様)

 文明の利器はどんどん発展しているけどコンテンツの方が追いついていないんじゃないか?そりゃどんどんと高機能なガジェットが出てきても、その分コンテンツ作るのって高精度で高機能でクォリティの高いものが求められるワケだから作るのに時間がかかるようになるんだからどうしたってコンテンツの方が遅くなり少なくなるってもんだ。だからユーザー側も飽きてしまうだろうし、となるとハイスペックなガジェットなんて要らないってことになるし、適当なバランスで落ち着いて進化していくのかもしれない。ソフトウェアから進んでいくというのもあるんだろうけど、それにしても同じ現象に陥る。んで、結局古くからあるコンテンツを別に文明の利器の恩恵をさほど受けなくても楽しめるのだが、敢えてそれを楽しむという意味のないお話…。

 Steve Marriott'がHumple Pieの解散後に何かやんなきゃってことで組んだバンドがSteve Marriott's Packet Of Threeってバンド。ドラムは盟友ジェリー・シャーリー、ベースはセッションマンのジム・リヴァートンって人で、3人編成でシーンに出てきた。あいにくオリジナルアルバムを作るまでバンドが持たなかったのか、アルバムのリリースはないんだけど、ロンドンでのライブを収録したCD「Live In London 1985」なんてのが発掘音源としてリリースされてて、YouTubeで探してみたらテレビ放送だったようで、インタビュー付きでのライブ映像があったんで、これが元ネタかと。狭っ苦しいところで白熱のライブを繰り広げているんだが、これがまたさすがスティーブ・マリオット、上手いよなぁ。迫力満点だし歌声もあのまんまだし、んで、こんな狭いトコロでやってるもんだから迫力が凄い。やっぱり世界レベルを制したオトコのライブは凄いわ。改めてそんなことを実感したのだが、やってる曲はこれまでのキャリアの集大成的なものと自身の趣味要素が強いのかな、それでも十分に迫力を楽しめるんで良いのだが。ブルースやらせりゃホント天下一品のプレイと歌を聞かせてくれるのもここで堪能できるし、ホント、良い感じ。

 しかしこのセッションベーシストのジム・リヴァートンさん、歌も歌うし結構器用な方でマリオットとの相性も良さそうだな。そんな事を思いながらも映像を見ながらライブを堪能してしまった。CDはオフィシャルかどうかも怪しいけどアマゾンで帰るからいいか、ってことで一応載せてます。iTunesにもあるから多分オフィシャルなんだろう。まぁ、大半はライブ映像見て楽しむのだろうな。そりゃもうCDってなかなか売れないわ…。


Small Faces - The Autumn Stone

Small Faces - The Autumn Stone (1968)
Autumn Stone

 アナログ時代のベスト盤って何かと目玉が入っていたり、一筋縄でいかない未発表ライブや未発表曲、ミックス違いやバージョン違いなんてのも入っていたりして侮れないコンテンツになっている事も多く、それはそれで楽しみがあった。知らなきゃ買えないし、曲目だけ見てても普通に持ってる曲ばかりだからベスト盤要らないな〜って思ったりしてると、実はさ、みたいなお話がよくある。今の時代なら情報過多だから調べたり、何かのボーナストラックで入ってたりするから分かるんだろうけど、アナログの時代だからね、細かい情報はないんだよ。だから常にギャンブル(笑)。

 Small Facesが第一次解散した時にリリースされたベスト盤が「The Autumn Stone」。曲目だけ眺めていると初期からず〜っと網羅してて、ちょいと見たこと無いのも入ってるな…って感じなので、当時のリスナーは多分手にしてたんじゃないだろうか。聴いてみて大当たり、ってアルバムなんだよね、これ。ライブバージョンは入ってるし、未発表曲は入ってるし、ジャケットもちゃんとデザインされてて適当なベスト盤じゃないし、半分オリジナルアルバム的な位置づけで存在していると言っても良いんだろうね。ベスト盤ってよりも編集盤って位置づけになるのか。インストものも入ってたりするんだけど、これってスティーブ・マリオットが抜けちゃったが故にインストになってるだけで、元々はマリオットが歌を入れるはずの曲だよな?「Wild Eyed Girls On The Wall」ってタイトルまで決まってるってことは歌詞は準備されているんだろうか。

 それにしてもマリオットの時代のライブはやっぱり強烈で、聴き応えある。この時代のバンドでこんだけ暑苦しくやってたのってそうそう多くないし、中でもかなりハードなバンドのライブだったんじゃないかな。そんな片鱗がきちんと聴けるんで、かなりいろいろな意味で楽しめる編集盤だ。未発表曲だって、かなり良い感じだしさ、勿体無いなぁって思うくらいの出来栄えでね、うん、やっぱり半分オリジナルアルバム的に聴いてしまう傑作編集盤。


The Pretty Things - Emotions

The Pretty Things - Emotions (1967)
Emotions

 レーベル毎の色合いの違いっていのは最近でもあるのだろうか?70年代には大手レコード会社もレーベルを幾つか持ち、特色を使い分けてのアルバムリリースをしていて、場合によってはバンドにそのレーベルを貸与するなんてこともあり、またバンドも独自のレーベルを持ってのリリースってのもあったりと実に多様な展開をしていた。いつしかその手の話は消え去っていき、もっと統合されていったのだろうとは思っているが、自主制作盤なんてのはまだその色があるのだろうとは思う。でも、自主制作レーベルなんて今の時代あるのか?もっと個人的に出来てしまうからなぁ…。

 The Pretty Thingsの1967年リリースの3枚目のアルバム「Emotions」。Pretty Thingsと言えば初期はガレージサウンド、そこからサイケへと進み、どんどんポップ化していったバンドというイメージがあり、裏ではストーンズ関連や当然ながら60年代のジャンキーなバンドメイト達との関係なんてのもあるけど、全然売れてなくていつの時代もどこの国でもイマイチな人気加減という感じ。アルバムを聴いているとそんな事もなくってどのアルバムも個性的でユニークなんだけど、確かにバンドとしてはメンバーも変わっていってるし、バンドの出す音もどんどんと変化していくのもあってなかなか掴みどころの無いバンドという姿もある。だから故にシーンには出にくかったのはあるだろう。その中でもこの「Emotions」というアルバムは随分な扱いで世に出されたという代物で、逸話がたくさんあるアルバムだ。

 そもそもPretty Things側はこのアルバムの基本的な姿の裸のアコースティックな状態でリリースしたかったようだが、レーベル側が勝手にストリングスなりブラスなりをアフレコしてしまったんで、何とも中途半端な出来栄えになってしまったらしい。が、リスナーとして聴いているとこのバランスは絶妙だよな、と思うのでバンド側の意向には反してレーベルの判断したアレンジの方が好ましい。元々の楽曲の出来が良いのだからアレンジが多少弄られても本質的には変わらないんで、もうちょっと自信持ってくれても良いとは思うのだが、どうだろうね。いわゆる60年代の歌心溢れるサウンド、サイケやガレージっぽい部分はほぼ消え去ってて裸のバンドの姿が映し出されている作品。やっぱりロックだよ。


Barclay James Harvest - Gone To Earth

Barclay James Harvest - Gone To Earth (1977)
GONE TO EARTH (3DISC DELUXE REMASTERED & EXPANDED EDITION)

 70年代のプログレ以降でさほど多くの叙情性を持ったバンドってのを聴くことがなかった。バンドそのものが無かったのか、プログレという世界からは離れてメタルも入ってきての叙情性バンドというように形態が変わっていったのもあるだろうか。美しく牧歌的で叙情性を持つバンドなんてのはほぼ皆無で、結局いつも70年代に戻ってくることになる。それでもまだまだたくさん聴けてないバンドやアルバム、聴いててももうちょっと聴き込む事での深みを味わうというのもあるし、尽きない趣味だ。

 Barclay James Harvestの1977年9作目のアルバム「Gone To Earth」。さすがにベテランになってきての成熟した作品が続いているこの頃、文句なしに威風堂々としたBarclay James Harvestらしいアルバムに仕上がっている。初期の叙情性からは洗練されてアコギやオーケストラ、コーラスワークを駆使した美しさ、それに加えてのポップ性がこのバンドのユニークな個性。正に大英帝国ならではの音楽でしかなく、しつこくない叙情性もいつも通り安心して聴いていられる。それでいて結構ギターも弾いてるしベースも特徴的なスタイルで弾いているので派手さはないけどロックらしい部分も聞かせてくれる。穏やかなビートに包まれて華麗なるサウンドが荘厳さを醸し出し、バンドの貫禄も同時に昇華された実に威厳のあるサウンドが素晴らしい。一方ではパンクが発足している時代にこれほどの美しさを堂々と奏でていた事も自信の現れだろうが、このアルバムから以降は時代の波に飲まれていったのもやむを得なかったのか。

 聴いてて思ったのだが、Barclay James Harvestってプログレバンドなのか?って。別にそういうカテゴライズにこだわることもないんで、違うと言えば違うんだろうなぁと。他に入れ場所が無かったからそうなってるけど、割とビートルズなんかと同じく何でもありでポップな部類に入るんだろう。プログレらしい変拍子や攻撃性があるワケじゃないし、牧歌的で聴きやすいメロディが中心で味付けとしてのオーケストラや叙情性だったりするし、その意味では英国ロックそのもの、とも言えるのか。もうちょっと売れていればその個性が存分に発揮出来ていたのかも。この時期の作品の完成度の高さは案外知られてなかったりするんじゃないかな。


 | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

過去ログ+

2018年 03月 【1件】
2018年 02月 【23件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


格安sim mineo!

VOX ヴォックス ヘッドホン アンプ・シミュレーター内蔵  amPhones AC30タイプ
VOX ヴォックス ヘッドホン アンプ・シミュレーター内蔵 amPhones AC30タイプ

SAILORS' TALES (1970-1972) [21CD+4BLU-RAY+2DVD BOXSET]
クリムゾン Box!!

ザ・ロスト・BBCセッションズ 1967
ベック 1967 BBC!

アンソロジー Vol.1
クリーム!

アンソロジー Vol.2
クリーム2

メイキング・オブ・アー・ユー・エクスペリエンスド 1966-1967
メイキング・オブ・アー・ユー・エクスペリエンスド 1966-1967

ブリティッシュロック巡礼
ブリティッシュロック巡礼

フリー・ザ・コンプリート 伝説のブリティッシュ・ブルース・ロックバンド、栄光と苦悩
日本語訳版出てたんだ!

神記録 ~ア・ディケイド・オブ・ザ・マッド・アクスマン
神 最近のベスト!

ファイアーパワー(完全生産限定デラックス盤)
ジューダス新作!

マイケル・シェンカー・フェスト『レザレクション』【500セット数量限定CD+ボーナスDVD+Tシャツ(L)[日本語解説書封入/歌詞対訳付/日本語字幕付]】

スティル・オン・ザ・ラン ~ ジェフ・ベック・ストーリー “テレギブ

LIVE! [2CD]
2CD未発表曲多数!

ワイト島のドアーズ 1970 [DVD]
ワイト島のドアーズ


Click!!