ロック好きの行き着く先は…

60年代のブリティッシュロックから70年代黄金期を聴きまくり、行き着く先はマニアへの細くて深い道のみか。それでも楽しいロックこそ我が人生。 by フレ

Vinyl - Music From The HBO Series

0 Comments
Original Soundtrack - Vinyl - Music From The HBO Series (2016)
B01AJ1UJZ0

 アマゾンプライムで適当に映画見たりドラマ見たりするのも普通になってきた世の中と思ってるし、自分もそうなっているが、コンテンツの充実さや見たいものがそこまで各局に揃っているかは良く分からない。知らない情報の方が多いから、またそれを率先して情報集めするほどのものでもないからあるものから選ぶだけで十分と適当に考えている。その中でこの「Vinyl」が面白そうだと特に前情報も気にせず見始めてしまった。気になった理由はマーティン・スコセッシがミック・ジャガーをパートナーに迎えての70年初頭のニューヨークのロックシーンを描いたドラマだからと、本ブログ読者なら気になるのは同じだろう。モノの見事に雰囲気を醸し出しての熱気はさすがマーティン・スコセッシ、凄いなと思うし、作り物なのに作り物に見えないようなロックムービーに仕上がっていると思う。そこらでの評価がどうかは知らないが自分的には全10話都合11時間みっちりを3日程度で見ていた。

 マーティン・スコセッシの作りも当然ながら、ミック・ジャガーがどこまで楽曲チョイスやシーンの再現に関わったのか分からないが、なるほどそういうセンスかと楽しめる。50sのロカビリーやドゥーワップ、ブルース系統の楽曲群はミック・ジャガーチョイスからだろうなと推測しながら、当時のニューヨークの音楽シーンやアンダーグラウンドな、いわゆるチェルシーホテルやマクシムズカンサスシティ周囲のウォーホール一派あたりにはミックも顔出してただろうから細かいアドバイスもしてただろう。物語は1968年頃から1972年頃までと狭い範囲ながら密度の濃い時代を描いていてニューヨーク限定と思われるが基本フィクションにその時代背景が紛れ込んでくるので面白い。はじめからニューヨークドールズで、最後もドールズ周辺で締め括るが、途中途中が超絶ユニーク。その頃のバンドやミュージシャンは大抵名前も出るしそっくりさん的なキャラも登場するし、ピーター・グラントやパーカー大佐、アーメット・アーティガンまで名前が登場するくらいだから相当のロックファンでもニヤリとしちゃうだろう。アトコレーベルが云々やジミヘンジャニスジムモリソンウッドストックな単語は普通、スレイドMC5あたりも出るしZeppelinは超笑える。名前出せないのは見れば分かるような姿でキャラが出てくるからそれも面白いし、とにかくその辺を知ってる人なら笑えるし、知らなくてもこういう雰囲気だったのか、と思える。事実がどうだったかは知らないが、音楽ビジネス側から見た描き方なので大人的にも面白いし、そこかしこで見られるロックシーンの現実のオマージュも楽しめる。

 自分もそれなりにはロック知ってる気がしてたけど、これ見ると全然知らないのも分かった。リアルで時代を通ったアメリカ人達はこういう感覚だったのだろうし、正にニューヨークのシーンで何が起きていた、MC5がいたがラモーンズはまだこれから、ドールズ全盛期ちょい前くらい。ヴェルヴェッツが解体した頃からグランドファンクがアメリカン・ロックを取り戻した時代。とにかく熱気が凄い。バンドもレーベルも全てが古臭いくせにこの熱さ。こんなのに人生賭けてたら命持たないだろうとも思うし、これをカッコ良いと思っててもアホだろうが、それでもロック、好きです。





The Rolling Stones - Criss Cross

0 Comments
The Rolling Stones - Criss Cross (2020)



 ストーンズがまた新しい曲をリリースしたぞ、との報を知ってそのまま聴いてみれば実にカッコ良いストーンズらしいロックで、朝から目が覚めた。こんなカッコ良いのがササッと作れるってのはやはりストーンズ、などと悦に入っていたが、ちょっとコメント見ると近々発売される「Goat Head Soup (DX)」の未発表テイクからの先行リリースらしい。なるほどそれならこのカッコ良さも納得とばかりに数回このオフィシャル音源を聴いた後、当然ながらアングラ元音源をあさってみればなるほどあるある。まだ「Save Me」と呼ばれていたり「Criss Cross Man」と呼ばれていたりした楽曲そのままで流石にオフィシャルの安定のミックスが施されているが、音的にはいじっていないようだ。そりゃそうか。

 先日は「Criss Cross」のタイトルで正式リリースされ、この「Goat Head Soup (DX)」のボーナスディスクはレア音源集とアルバム収録曲のインスト系、それに加えての「Brussesl Affair 1973」のようで、絶頂期ストーンズをこれでもかと網羅したアルバムでリリースされるから期待も大きかろう。そこまでストーンズを追いかけていない輩からすれば、単純にアルバムのリマスタリングに加えて、「Criss Cross」のようなカッコ良い曲ながらもお蔵入りしたレア曲が聴けるからありがたいし、ライブもおまけで付くなら楽しめるのは間違いない。更にそのレア音源集の中にはジミー・ペイジ参加曲もあるらしいから驚く。自分自身その辺深いトコロまでは抑え切れていないので単純にカッコ良いし頼もしいと思う。この頃のキースとミック・テイラーのギターのコンビネーションは絶妙でストーンズを単なるロックバンドから魅力的なロックバンドに仕上げていったと思ってるし、後のロニー時代の方がストーンズらしいとは思うものの、ミック・テイラー時代は艷やかで妖しさもあるし一番好きな時代。グラムストーンズに妖絶ブルースが加わったような感触で、そういうバンドやってみたかった。

 そんなきっかけから「Goat Head Soup」を聴いてて、ここまで地味なアルバムだっけ?と少々不思議に思ってしまった。先の「Criss Cross」が快適なR&Rサウンドだったのでもっとああいう音が散りばめられた作品のように感じてしまったが、なるほど、「Criss Cross」はあまりにもこれまでのストーンズらしいそのままのサウンドだったから「Goat Head Soup」から外されたのかと納得。そのままリリースするタイミングも無かったのも分かる気がするから、そういう楽曲はどのバンドでもあるのだろう。ストーンズに至ってはまだまだ山のようにあるのかもしれないが、また時代時代でリリースされるのを期待して楽しもう。





Pandora's Box - Original Sin

0 Comments
Pandora's Box - Original Sin (1989)
B0000076IT

 妙なトコロに引っ掛かってて、映画「Street of Fire」の「Tonight Is What It Means To Be Young」が大好きだったので久々に聴いてやはり素晴らしい、と感激しているあたりのジム・スタインマン絡み。そのボーカルはHolly Sherwoodさんらしいが、他にまともな作品が出てこないのでどうしようもないが、そんな中、2008年に「Street of Fire」が大好きな人が映画「Road To Hell」を作ってて、何と主演はマイケル・ペレを起用したオリジナル作品そのままの配役。見れてないので映画そのものは知らないが、YouTubeで探してみればRoxy Gunn名義でのバンドがカバーしてて、それもまた良い感じなので見入っていた事からどうにもハマってしまって本日のお題。

 Pandora's Boxなるジム・スタインマンのプロジェクトの一つで1989年にリリースしたアルバム「Original Sin」。懐かしのエレン・フォーリーからジナ・テイラー、そしてここでも出てきてくれたホリー・シャーウッド、後はエレイン・キャスウェルなる女性ボーカリストの面々が各曲を歌っている。冒頭は全員出演しているらしいがそこまで声質の差が激しくないので分かりにくい。そもそもジム・スタインマンは高音域までパワフルな歌声が維持されて太めの声、オペラティックな歌唱力を持つ人が好みなので似てても当然で、楽曲はジム・スタインマンお得意の派手派手で仰々しいゴージャスでドラマティックな楽曲ばかり。

 個人的な期待は5曲目「Good Girls Go to Heaven (Bad Girls Go Everywhere)」でのホリー・シャーウッドの歌声で、なるほど聴いているとあの歌声、更に言えばメロディラインや歌詞の区切り的な部分でも「Tonight Is What It Means To Be Young」に似た部分が多く聴かれるのは楽しめた。彼女はこの一曲しかソロで歌っていないのが残念で、これだけ歌えるのに、と思いもするがエレイン・キャスウェルも同じで一曲だけのソロは勿体無さすぎる。エレン・フォーリーあたりはもう出し尽くしてるから減らしても良かったと個人的には思うが、格的にはそうもいかなかったか。しかし、よく出来てるアルバムで素晴らしきジム・スタインマンそのままのキラキラ時代に戻った気がする相当楽しめたアルバム。





Bonnie Tyler - Secret Dreams & Forbidden Fire

0 Comments
Bonnie Tyler - Secret Dreams & Forbidden Fire (1986)
B00004OCQ9

 ヒットを放つとその印象ばかりが強くなり、本来の音楽性や個性、アルバム全体の評価が正当に行われなくなりリスナー側の目を曇らせてしまう時がある。一発屋と思われているバンドやアーティストの大半がそういう悲劇に見舞われている気がするが、それも国々によって捉えられ方が異なる。日本では一発屋だが、祖国ではスーパースターの座を獲得している人の方が多いかもしれない。時が経ち、そういう偏見も無くなった頃に改めてアルバム単位で聴いてみると別の角度からきちんと聴ける事もある。

 Bonnie Tylerの1986年リリースのヒットアルバム「Secret Dreams & Forbidden Fire」。そもそもボニー・タイラーって英国人だったのかと驚いたが、この頃から歌唱力の高い英国女性シンガーはずっとシーンに居たのか、との感激もある。リアルタイム時に名前を知ったのは「フットルース」に収録されてた「Holding Out For A Hero (Video)」が最初で、凄く突き抜けた歌声のカッコ良いシンガー、しかもキラキラしてた印象だし、PVもカッコよかったが、その後何も名前を聞く事もなく一発屋な印象だった。ところが本作の前のアルバム「Faster Than the Speed..」はアルバムジャケット良く見たし、それなりに売れてたような気もする。その本作「Secret Dreams & Forbidden Fire」は先のヒット曲は最後の最後に収録されているのでそこで満足するとして、そもそもアルバムはジム・スタインマンのプロデュースなのでミートローフ的な仰々しいサウンドが散りばめられている。しかも制作陣営には作曲も含めてデスモンド・チャイルドも名を連ねていて、その影響が2曲目「If You Were a Woman (And I Was a Man)」に顕著で、可哀想にBon Joviの「You Give Love a Bad Name」の下案そのままで、そういう使い方するのはなしだろうと思う。デスモンド・チャイルド的には一粒で二度美味しい、だろうが、どう聴いたってこちらの方がデモテイクにしか聞こえない。

 そこはともかく、やはりジム・スタインマンの技量が凄い。そこに応えているボニー・タイラーの歌唱力も素晴らしく、楽曲もかなり粒ぞろいなので悪いはずもない傑作に仕上がっているが、ここまで仰々しい作品だからこそウケなかったか。トッド・ラングレンがコーラスで参加している、まで話題的には多少ありそうだったがどうだろう。見事なまでのパワーステーションサウンド、80sサウンドでのアルバムだからキラキラしているが、それに比べてジャケットが地味だったのが勿体無い。それにしてもボニー・タイラーをこうしてアルバム単位できちんと聴き直すとは考えなかったし、その奥深さに気づくのも意外で楽しめた。凄い制作陣営で良く出来てる。







Roger Daltrey - Parting Should Be Painless

0 Comments
Roger Daltrey - Parting Should Be Painless (1984)
B00061XA3M

 ミュージシャンにも色々な方々がいて、音楽センスに長けた人は曲やアレンジで才能を発揮するし、歌の上手い人や楽器の上手い人はプレイヤーとして大成する事もある。後者の場合に不思議なのはそこまで音楽の才能あるのに曲は作れなかったりする人も多い点で、才能の使い方が異なるから、または納得できるレベルの曲が出来上がらないから、そこまで作る術を学べていないからとの理由かもしれない。それでもアルバムは作れるし売れるのだから商売は色々だ。

 Roger Daltreyの1984年リリース作「Parting Should Be Painless」を久々に聴いてみた、と言うか聴いた記憶すら残っていない程に昔は面白味を感じなかったアルバムの記憶だが、折角ミートローフ絡みで名前が出てきて、しかも同じ年の1984年作品だからあれだけの声が出せていたし、もしかしてそういう曲もあるだろうとの期待。ところが聴いてみるとどこもかしこも期待を外してくれるアルバムで、ロジャー・ダルトリーの良さ、パワフルかつ大雑把で熱唱している姿はあまり聴かれない。ある種封印しているのではないかと思えるくらいに地味なアルバムに仕上げている。更に言えばロジャー・ダルトリーは上記の後者に属するシンガーなので他人の曲を歌っているばかり、即ちアルバム全編はロジャー・ダルトリーの歌声がメインだが、作風に一貫性はなく、果たしてどういう作品を作りたかったのかよく分からない。ある曲を歌ってそのままひとつのアルバムにしましたと言うのでも良いかもしれない。多分そうだ。

 大人になってから聴いてみると、随分マイケル・ブレッカーのサックスが美しく、クリス・スペディングもギターもさり気なく、そして何よりもロジャー・ダルトリーのハスキーでパワフルな歌声が心地良く染み入る、渋みを持った作品に聴こえるから面白い。歳と共に成熟したアルバムになり、聴いてみれば曲の良さやバラつきはさほど気にならず、きちんとロジャー・ダルトリーがやりたかった世界、少々ムーディで物静かな楽曲アレンジの中で静かめに、そしてパワフルな部分も含めて歌い上げるスタイルを堪能できる。そういう聞き方でアルバムを楽しむゆとりがないとそれは無理だったろうが、ユーリズミックスの二人が曲提供しているのもあったり、ブライアン・フェリーも然り、なかなかユニークな人脈を持っているようだ。





Meatloaf - Bad Attitude

0 Comments
Meatloaf - Bad Attitude (1984)
B00JAD11VA

 80年代ってこんな音だったなと思うばかりのチープなサウンドに懐かしさと古さを覚えるが、どの時代でもそれぞれの時代の音が詰め込まれているのもアルバムの良さで、今聴いても新しい音などは存在しない。古さが良い音、として聴けるかだ。ほんの10年前のアルバムの音だって今聴けばやはり古さを感じるし、アレンジにしてもミックスにしてもそう思う時があるから全て含めて常に進化している世界だし、そう考えると何年バージョンのリマスター盤などと喜んで手にしてもあまり意味はなかったのかもとすら思うが、その時々良く聴けたならそれで良かろう。

 Meatloafの1984年復帰作「Bad Attitude」は当時からよく見かけたが、どう見ても普通の作品のアルバムジャケットに思えず、いつも見ていただけのアルバムで、そもそもミートローフも知らなかったから勇気を持って手にするには少々ハードルが高かった。その頃にもっと情報があれば多分手に取ったアルバムになったと思うが、当時人気の映画だった「Street of Fire」でダイアン・レインが歌うように見える「Nowhere Fast」のオリジナルバージョンが収録されているし、そもそもロック的には冒頭のタイトル曲でThe Whoのロジャー・ダルトリーと共演しているなどと全然知られていない事実が判明している。ミートローフのオペラティックな声量と歌唱法に対してロジャー・ダルトリーも負けじとばかりにまだまだ全盛期とも言える熱唱ぶりを聴かせてくれるのは是非聴いてほしい。

 それにしてもジム・スタインマンと組んだミートローフの作品はどれ聴いてもドラマティックで大げさすぎるくらいのオペラティックな曲ばかりで、それは曲がそうなのかミートローフがそうなのか、アレンジがそうなのか、とにかく派手派手な演出に聴こえるから面白い。仰々しいと言うのか、とにかく派手。そういうアレンジの方法を発揮できるのもこの人達の強みで、音はチープなくせにやたらとウネウネして聴きたくなる妙な魅惑を放つミートローフは実は結構好きだ。