目次2018年3月30日更新

ロック好きの行き着く先は…ブログ掲載アーティスト・バンド名の目次です。
A B C D E | F G H I J K L | M N O P Q R | S T U V W X Y Z | 日本語

Warfare - Metal Anarchy

Warfare - Metal Anarchy (1985)
Metal Anarchy

 どのミュージシャンもそうだろうと思うのだが、自分がこのジャンルをやりたいとか極めたいとか思って始めている人もそれほど多くないだろうが、結果的にはどこかの何かのジャンルに括られていくものだ。それが今思えば新しいジャンルの創始者だったと言われることはあるだろうけど、それでもどこかに属する。先日モーターヘッド聴いてて、彼ら自身はパンク的なバンドという認識だったんだろうが、結果的にはメタルの世界と同列で扱われることが多かった。それはロゴインパクトだったり音のヘヴィさなんかもあっただろう。そうやって括られるのもよろしく思っていなかったみたいだけど、どうしようもないもんなぁ…、自分たちで発信するしかないけど、そんなもんイチイチ語ってられるかってのも男らしく黙って音楽聴け、的なトコもあったし、なかなか難しい。ただ、ファンは分かってるからそれで良しとしていたんだろう。ジャンルの間にいるバンドはなかなか悩ましいトコロもあろうかと。

 Warfareってこれもまた英国のバンドの1985年のセカンド・アルバム「Metal Anarchy」。何とプロデュースにレミーが参加してて、元motorheadの肩書を持つメンバーも参加しているという作品で、Warfareの最高傑作と言われるアルバム。さてさて、なんて思ったらこのジャケットだ。再発盤じゃ随分スマートにカッコよくまとめられているけどオリジナル盤は色鉛筆でのメンバーイラスト…、う〜ん、センス無さ過ぎってウケただろうなぁというか言いたいこととかバンドのポリシーとか分かる気がする。やったるで〜的なメッセージを感じるもんな(笑)。このインパクト通りにアルバム全体感としてはハードでスラッシーで暴力的なサウンドが正にモーターヘッド的なスタンスも含めて収録されてて、決してハイトーン金切り声ではなく、さすがにレミープロデュースと唸らせるモーターヘッド直系サウンドが詰め込まれている。難を言うならばこの時代のこの手の音の処理の仕方がよろしくおなくって、ドンシャリな音になってる事だ。楽器の音聞こえないだろ、これじゃ、って感じ。

 一般的にはスラッシュやなんとかメタルの出だし、みたいな言われ方もされているし音を聴くとそれもよく分かるんだが、やっぱりモーターヘッド的、というのと案外共通項を見いだせているのがGastunk。パンク+ハードコア+メタル的要素ってのはGasyunkもかなり世界に先駆けてカラーを作っていたから、ここで世界的なレベルでの同種が表れていたとも言える。しかもレミーの手を経て、ってのは面白い。このWarfareの傑作も聴いているウチにやっぱり名盤ってことに気づくし、パワーがひたすら詰め込まれているのもともかく、しっかりとそのサウンドを作り込んでいるってのも見えてくるし、名盤って言われるのが納得。面白いもん。



Motorhead - Motorhead

Motorhead - Motorhead (1977)
Motorhead

 無骨な連中によるロックバンドで一番代表的だと思うのはやっぱりmotorheadなんだけど、モーターヘッドは英国のバンドで皆英国人だから実は世間的に思っているバイクに乗った野郎達=イージーラーダーやヘルズエンジェルズの世界であるアメリカの雄大なもの、とは大きく違うんだが、外から見ていると同じ種に見えてしまうのだろう。そもそも日本ってのはアメリカも英国もどこも白人さん世界は同じように日本じゃない白人世界という見方があるから、それが英国だろうがアメリカだろうがオランダだろうが樹にしてないというにはあるか。文化や風土、音楽やファッションみたいなのを歴史的に紐付けてくと当たり前に違うんだが、見ただけじゃ分からんのもしょうがない。ガイジンさんだもん、今の時代でもあんまり変わらんだろう。多分そいつらから見たら日本も韓国も中国も台湾も変わらんってのと同じだろう。

 motorheadの1977年のアルバムリリース的には最初の作品となる「Motorhead」。この前に録音されていた「On Parole」は1979年にリリースされているので、そっちとの比較も面白くて、再録音したりしてる曲もあるからフムフムと味わえる。もっともそこまでするのは相当のマニアだろうし、一般的にmotorheadでこのヘンから聴くってのもあまり今はいないだろうし、どうしてもヒットしていた黄金期のレベル感を求めるだろうから、今となってはあまり日の当たるアルバムじゃないだろう。持論的に言えばどんなバンドもファーストアルバムってのは一番気合が入っていてその時にやりたいっていうバンドの音が詰め込まれているんで、バンドの本質を図る意味では好きなんだな。もちろんそこから発展していくバンドも多いから、原点、とは異なるのもあるけどさ。モーターヘッドの場合はレミーがプロデビューってんでもなく、音楽的な才能の発揮という意味では初の自分のバンドだったけど、その前のホーウィンドもあったからさ。

 さてさて、そのモーターヘッドの最初のアルバムはと言えば、これまた不思議、というか時代背景的にはパンク全盛期、そこにこの音、もちろんメタルじゃないしパンクとも違うそれはギタープレイに比重が置かれているのもあるし、ベースプレイだってもちろんもっと硬派だ。さて、となると、ってことでメタルが引き合いに出されるが、それにしては粗暴でアグレッシブすぎる、R&Rと言うにはそんな軽快さはない、ってことで今でも唯一無二の世界観を持ったバンドなのだが、このアルバムでもそれは全く変わらないし、そのまま、ただ、もっと粗雑でラフな感触が大きい。若さと言えば若さかもしれないし、パンク時代だから余計にその傾向が強かったのかもしれない。もしかしたらバンド全員の技術が未熟だったのかもしれない。でもさ、凄く格好良いんだな、これ。ノリが良いとかそういうんじゃなくて多分ライブで目の前で見ててもノリノリなんてのはなくってひたすら頷く、みたいな納得感。黙らされる説得力っつうのか、不思議だ。その意味じゃやっぱりブリティッシュロックなんだなぁと思う。Zeppelinもそうだしさ、単にノリが良いなんてのはまるで無くって曲を知ってるからこそ分かる、みたいなのあるじゃない?モーターヘッドも単純に乗れるなんてのはほとんどない、というかそういう風に聞かせてくれないんだよ、レミーの声が(笑)。凝ったことしてないけど、音は紛れもなく英国ロック。それが顕著に出ているのがこのアルバムかも。最初から全部聴いてみたくなるけど、どれもこれも同じエッセンスだろうな。やっぱり格好良い。




Circus of Power - Circus of Power

Circus of Power - Circus of Power (1988)
Circus of Power

 昔は違うジャンルのバンドとしてカテゴライズされていたのが、いつしかこういうカテゴリのジャンルに属しているんだよ、みたいな事が起きる。ジャンルやカテゴリの細分化によるものだったりブームから名付けられたカテゴリなんてのは後になればきちんと音楽性に準じたカテゴリに戻されるというような事も多い。それでもその時代で聴いていれば何でそんなカテゴリになるんだ?なんて思うのもあったりしてなかなか頼もしい。カテゴリってのは識別するものとしては便利なんだよね。

 Circus of Powerって80年代末期頃に出てきたバンドのファーストアルバム「Circus of Power」。何でまたここで登場かってぇと、ちょいとサザンロック系列でワイルドなの何かないかな…ってググってたら何故かこのバンドがヒットしてきて、何でこの入れ墨だらけの当時R&Rバンドと呼ばれたのが出てくるんだ?って見てたら、いわゆるバイカー、バイク乗り連中の入れ墨野郎バンドだったってことで、サザンロック的なワイルド感の中に入っているらしい。いや、そういう位置付けとしても捉えられることがあるらしい。んで、今また再結成して復活アルバムをリリースしてもいるらしいから現役バンドになってるみたいだが、このままの音で現役感あるバンドになっていたら結構アメリカン・ロックを代表するバンドの音になってるだろうな。そのウチ聴くようにしよう。

 今回は1988年リリースのファーストアルバムだけど、当時ちょこっと耳にしていた程度であまり聴いてはいなかった。何か怖そうなバンドってイメージがあっただけで、その後あまり目にすることなかったからかな。んで聴き直してみると、かなりシンプルなR&Rで確かにアメリカンな大陸的サウンド、ワイルド感もあるし大らかな雰囲気でのR&R、ハードロックテイストなサウンドでサザン系と言われても納得感ある。フックのある曲があまりないからか地味に印象に留まってしまうけど、カッコよさはあるし、風格も出ているが、ウリ文句に困るってトコだ。


Black Stone Cherry - Black to Blues

Black Stone Cherry - Black to Blues (2017)
Black to Blues

 3コードしかダメという制約がある訳じゃないけど概ね3コードの中でしかかき鳴らされることのないブルースという枠組みの中、如何にしてあんだけのブルースメンが歴史に名を残せているのか、もちろんそれぞれに個性はあるし、強烈なインパクトを放っていたからというのもあるだろう。それでも大して発展してない3コードの世界でその功績は凄い。後世の連中がそれを崇めて独自解釈していったことで脈々と引き継がれている事でその価値を高めているのだが、ここでまたひとつユニークなカバーアルバムが出てきた。

 Black Stone Cherryが2017年にEP6曲入りの作品としてリリースした「Black to Blues」だ。若手サザン・ヘヴィーロックの代表格でもあり、その年でその風格かよ、ってくらいにワイルドで大陸的な正にアメリカンなサウンドを出すバンドで、自分的にもキライじゃない昔ながらの音を引き摺ってるバンドで好意的なんだが、そのBlack Stone Cherryがブルースのカバー作品って、そのまんまじゃないか、なんて。いや、ところがさ、ある種Black Stone Cherryってバンドはそのままだけどやってる曲の元ネタが王道ブルース曲ってだけで聴いてると、カバー?ってくらいにはバンドの色が強く出てきていてとてもカバーには思えない。こんな王道ブルースの、しかも3コードしかない作品ばかりをここまで今のバンド、自分たちのBlack Stone Cherry風に仕上げてしまえるのかっていうのが凄い。各曲でのアレンジやそもそもの骨子なんてのも自分たち流に作り上げてからのアプローチ、完全に自分たちの音の中に取り込んでしまっている。

 いや〜、こんだけギター弾いてくれると嬉しいね。気持ちよく今時の、と言うかホワイトブルースギターが聴けて流れていく、バックはヘヴィメタルだろってくらいにはハードな音で殴りかかってくるんで、そこでのブルースソロってのmこれまた新鮮で、正にワイルド。アメリカ人は好きだろうなぁと思うし、こういうのはホントアメリカでしか出てこれない。幾つかYouTube見てたら昔からライブではこういうカバーを幾つかやってたんだね。だからそれらをまとめてみたって事もあるのかな。オリジナル作品を出し続けていってもおそらく大きな変化にはならないだろうし、ここでこんだけのカバー作をリリースして一区切り付けておくってのは良い発想だったかも。それでバンドの株も上がるってなもんだ。実に快活で心地良い昔ながらのブルース・ロックアルバムの現代版。




The Quireboys - White Trash Blues

The Quireboys - White Trash Blues (2017)
White Trash Blues

 やっぱりブルースってのが一番いつまで経ってもやっていられるし聴いていられるのかもな。若い頃からブルースってのはよ、みたいなのを思ってたからやっぱり聞いてたし、年取ってからもやっぱりブルースってのはよ、みたいなのあって、ジジイになったらそれはそれでまたブルースってのはこんだけ味が出てから初めて出来るんだよ、みたいなのもあって結局一生ブルースなんじゃねぇか、みたいにね(笑)。しかも流行りものと無縁だから青春の1ページみたいなのとはちょいと違うし、取り組もうと思わないと取り組まないし、やっぱりロック聴くならブルースありきだよなってのも普通でさ。

 The Quireboysの2017年作品「White Trash Blues」。クワイアボーイズってアレ?って人、そう、アレです。80年代終盤に出てきたバンドそのまま。途中解散したけどここ最近は復活していてもちろんオリジナルアルバムもリリースしているんだけど、今回の「White Trash Blues」は王道ブルースの名曲郡のカバーアルバムで、多分彼らもずっとやってみたかったんじゃないだろうか。物凄くロック的に仕上がっていて、ホワイトブルースそのままになってるし、しかもスパイクのあの歌声は年を経て一層しゃがれてきているから迫力を増しているし、どの曲もバンドとして熟成したサウンドに仕上がってるからかなりの名盤になっちゃってる。原曲知らなくてもブルースアルバムとして普通に楽しめるレベルになってて、カバーって知らなきゃ分からないのもある。妙に格好良いぞ、これ。

 ちょっと驚いたのはクワイアボーイズってこんなにブルースバンドだったっけ?ってトコで、自分的にはそんな認識はなかったんで改めて聴いてて、なんか本物、って感じだったんだよな。英国人だからあのブリティッシュブルース的な香りももちろん入っているし、だから70年代初頭のブルースロックバンドらしくなってるって意味で、ここから入ったらかなりお気に入りにはなるアルバムですな。







 | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

過去ログ+

2018年 05月 【1件】
2018年 04月 【22件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


格安sim mineo!

レッド・ツェッペリン 全活動記録 1968-2007【2000部完全限定】
レッド・ツェッペリン 全活動記録 1968-2007【2000部完全限定】

伝説のライヴ ─HOW THE WEST WAS WON─ <2018リマスター>【3CD】
伝説のライヴ ─HOW THE WEST WAS WON─ <2018リマスター>【3CD】

Live at the Fillmore East
The Who 名Live!!

ヒプノシス全作品集【2000部完全限定】
ヒプノシス全作品集【2000部完全限定】

麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ
麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ

moog THEREMINI テルミニ MG ETHERWAVE THEREMINI テルミン
moog THEREMINI テルミニ

VOX ヴォックス ヘッドホン アンプ・シミュレーター内蔵  amPhones AC30タイプ
VOX ヴォックス ヘッドホン アンプ・シミュレーター内蔵 amPhones AC30タイプ

ピンク・フロイド全記録
ピンク・フロイド全記録

クラシック・ハード・ロック・ディスクガイド (BURRN!叢書)
クラシック・ハード・ロック・ディスクガイド (BURRN!叢書)

ブリティッシュロック巡礼
ブリティッシュロック巡礼

フリー・ザ・コンプリート 伝説のブリティッシュ・ブルース・ロックバンド、栄光と苦悩
日本語訳版出てたんだ!

来日ミュージシャンのポスター&フライヤー  デザイン集    Live in Japan Graphic Chronicle 1965-1985

洋楽日本盤のレコード・デザイン シングルと帯にみる日本独自の世界

アズ・ロング・アズ・アイ・ハヴ・ユー

THE OFFICIAL BOOTLEG BOX SET VOLUME 2: 5CD BOXSET

メイキング・オブ・アクシス・ボールド・アズ・ラブ 1967

Live At Town Hall 1974. 2CD Set

Memories in Rock II


Click!!