目次2019年2月2日更新

ロック好きの行き着く先は…ブログ掲載アーティスト・バンド名の目次です。
A B C D E | F G H I J K L | M N O P Q R | S T U V W X Y Z | 日本語

Robin Trower - Robin Trower Live

Robin Trower - Robin Trower Live(1976)
Robin Trower Live

 プロコル・ハルムを聴いている時にギタリストの存在ってのはさほど意識しないけど、当然重要なポジションなんだろうと思う。ただ、ギタリスト的に個性が発揮できる場だったかとなるとちょっと難しいのかもしれない。ましてやバリバリにギターを弾きたいなんて思う人だったら余計にそう思うだろう。生活の糧であるから仕事としてやるってのは当然なんだろうけど、その前にやりたいギターとか好きなギタープレイなんてのがあってもおかしくないんだからそのギャップに悩むのかもね。その結果バンドを離脱してソロへと旅立ったおは正解だったのかもしれない。

 そう。元プロコル・ハルムのギタリストでこんだけジミヘン的にギターを弾く人も多くはないだろうというロビン・トロワーの名盤「Robin Trower Live」、1976年リリース作品。どっからどう聴いてもジミヘンに影響を受けているというか初期ジミヘンの世界観をそのまま再現しているようにしか聞こえないし、フォロワーと言われる所以でもあるのはやむを得ないだろう。しかもそれがきちんとハイクォリティなプレイとして聴けるんだから凄いもんで、何聴いてたんだっけ?って思うくらい。まぁ、コアなマニアの方々はロビン・トロワーは決してジミヘンフォロワーではない、オリジナルの世界を築いたんだ、って言い張るのだろうけど、それはそれとして、単純に入りやすいしフレージングを楽しめるし、なるほど、凄いプレイだっていうのを単純に味わえるライブアルバム。

 音色が綺麗に扱われている、というか繊細感がある。ストラトだから余計に繊細なトーンや息遣いなんてのも聞こえてくるし、それはもちろんロビン・トロワーのプレイの特徴でもあるのだろうが、この辺がさ、例えばロリー・ギャラガーだったら決してジミヘン的なんて言われないのにロビン・トロワーだとそうなってしまうという違いか。奏法も同じようなフィードバックを使ったり歪ませ方やワウペダルでの特徴も似た使い方しちゃうからだろう。それにしてもこのライブアルバム、聞きやすい。ある種思い切りロックなアルバムだし迫力もパワーもきちんと詰め込まれているんで存分に普通に楽しめる作品。



Procol Harum - Live

Procol Harum - Live
LIVE IN CONCERT WITH THE EDMONTON SYMPHONY ORCHESTRA (RE-MASTERED & EXPANDED EDITION)

 ブルース系統をまとめて書いていこうかなと思ってたんだけどなぁ、人脈で面白くなっちゃって追いかけてたらいつしか違う方向に進んでしまった…。今月も色々と新しいバンドのアルバムなんかも出てくるだろうし、どっかでそのヘンのモードに入らないといけないだろうしとか考えるんだけど、多分無駄(笑)。だからねぇ、いつもフラフラしてるんで一向にやりたい事が終わらないままというブログ、だけに限らず他も同じく纏めきれないままになってる案件が多くていかん。どっかで纏めていかないと何も形が残らないままになっちゃうで勿体無いしさ、ブログサイトだっていつまでもあるとは思えないし、だからアーカイブ化しないと…、って思うだけです。うん、困りものだ。

 Procol Harumの1972年リリースの初のライブアルバム「Live」。アルバム「Broken Barricades」のツアーで行われたオーケストラの共演作品ってことで記念碑的なライブだったことから残されたアルバムで、冒頭からものの見事にオーケストラとの融合でどんだけプロコル・ハルムってバンドの曲が生きてくるかをマジマジと実感することになる傑作。当然ながらオーケストラバージョンに合わせて譜面も書き直されているだろうしバンドも相当苦心したんだろうなぁというのが良くわかるライブアルバムで、しかも一発録音に近いんだろうから、そのライブの迫力というのも手伝って素晴らしいアルバムに仕上がっている。プロコル・ハルムってどっか「青い影」だけのバンドって思ってる人多いんじゃないかな。実は全然そんな事なくって、70年代のアルバムすべてが傑作だし、重さもテーマもある重鎮バンドなんだよ。この71年までは一旦ここで集大成を出しちゃったから、この後からはさらなるコンセプト作品になってってこれもまた楽しめるんだが、まずはこのアルバム、強烈。

 音が詰まってる、ってのが第一印象。そして荘厳で圧巻、到底ギターのソロなんて似合わないだろ、ってトコで思い切りデイブ・ボールのソロが入ってくるという異質ながらも見事なスタイル。ブルッカーの歌も相当に気合入ってるし、個人的には大好きなBJ・ウィルソンのドラムが重さに拍車を掛けている。この人、ホント見事なドラム叩くんだな。聴き始めると一気に聴いてしまえるライブアルバムで、ゆっくりとこの世界に浸ってみてください、ってライブ。



Plastic Penny - Two Sides of a Penny

Plastic Penny - Two Sides of a Penny (1968)
Two Sides of a Penny

 まだまだ自分がブログに書いておきたいと思っているアルバムが書けていない。問題はそれがどれなのかを判別するのがかなり面倒になっている状態だってことで(笑)、順番に書いていればすぐに分かるってもんだけど、人脈やら関係性やら類似性やら適当に日々聴くものも変わり書くものも変わっているのでアルバム順とかアルファベット順とかになってないし、だからこそインデックス化しているんだけど、それ見てても抜けてるのを見つけるのってなかなか簡単じゃないワケ。んでもそのヘン埋めていかないとなぁ…って思ってはいる。でも途中途中で新しいのに飛んだり面白いのに飛んだりするし、考えなかった方に進むこともあるしさ、まぁ、頑張って探しながら聴いていかないといかん、ってことだ。

 Plastic Pennyというバンドの1968年の英国のサイケ風味バンドの最初のアルバム「Two Sides of a Penny」。なんでまたこんなトコロで出てくる?ってな話だけどね、これがさ、ポール・レイモンド参加作品なワケ。ちなみにミック・グラハムもナイジェル・オルソンもいるからね…って誰だそれ?って話なので、ポール・レイモンドはUFOですよ、有名なのは。いや、その前にチキン・シャック、サボイ・ブラウンだったからさ。この辺は多分クリサリス関係での仕事ぶりだったとは思うけど、このPlastic Pennyは純粋にシーンに出てきたってトコだ。ミック・グラハムはプロコル・ハルムだし、ナイジェル・オルソンはUriah Heepからエルトン・ジョントコだな。ま、そのヘンは置いといて、そんなメンツが在籍していたバンドの最初のアルバム。

 これがまた時代を超えての傑作だったりする。ビートルズレベルのクォリティを持った作品に仕上がっているのが恐ろしい。ポップでキャッチーながらも実験精神旺盛できちんとアレンジしまくってアルバム作ってるから凄く名作っぽく聞こえてくるし、多分名作。ただ売れなかったからそうは言われないが、サイケデリック風味満載ながらもしっかり主張するギターやコーラスワーク、鍵盤なんかもそうか。やっぱミック・グラハムが一番目立つのかな。割と地味なアルバムだけど、正しく英国ロック。この辺、やっぱ面白いです。

Chicken Shack - Unlucky Boy

Chicken Shack - Unlucky Boy (1973)
UNLUCKY BOY

 70年代のロックバンドを聴いてるといつも出てくるのがこの後ある程度名を成す人たちの若い頃の仕事ぶりだ。ミュージシャンもプロデューサーやエンジニアなんかも皆やっぱり時代時代に名前が出てきて、あれ、この人ってこんな仕事してたんだ、なんてのに気づくと面白い。アルバムの音作りとかプレイヤーなら個性とかクセみたいなのが聞き取れてくると更に面白くなるんだけど、メジャー路線じゃないとそこまではなかなか分からないかな。今回もそんな事気にもしないでメンバーをごっそりと持っていかれたチキン・シャックは一体どうなっていったんだろう?って素朴な疑問で聴いてみたのだが…。

 Chicken Shackの1973年リリース6枚目くらいの作品「Unlucky Boy」。かなり名盤かも。もうこのヘンって全然手を出していなかった時期なので今回聴いてみてちょいと軽い衝撃を受けました。何とメンバーが居なくなって意気消沈かと思いきや、無茶苦茶頑張ってアルバム作ったんだなぁと。ここではベースにボブ・デイズリー、鍵盤にトニー・アシュトンですよ。前者はオジーバンドのベーシストとして後に名を馳せているし、後者はプロデューサーの方が有名なのかな、ジョン・ロードとのコンビが知られているか。そんなハードロック王道路線に駒を進めるメンツがこのチープなチキン・シャックを手伝っていたという面白さ。そのチキン・シャックはもちろんスタン・ウェブ主体だから軽快なブルースありきの曲ばかりです。んでももちろん多彩な曲調が詰め込まれてて、これもまた心地よく軽快にブギしているって感じかな。案外ゆとりたっぷりにリラックスする雰囲気の曲やら楽しめるサウンドなんかが入ってるから自信あったんだろうと思う、当然だけど。

 ギターがねぇ、すごく弾いてる、弾かれてる。ホント職人的にギターの弾ける人だからか、別にバンドなかったらひとりででも出来るぜ、ってくらいのモンだし、そんな曲も入ってたりするから余計にそう思う。だからかな、面白いんだけど、かなり良いアルバムだな、って思うのはあるが、もう終焉に向かってるんだな、ってのも音を聴いてて実感するという珍しいアルバム。どこか空虚的なんだろうか、もちろんそんなハズないんだろうけど、そんな空気感が味わえてしまうんだよ。面白いな、アルバムって。

Savoy Brown - Street Corner Talking

Savoy Brown - Street Corner Talking (1972)
ストリート・コーナー・トーキング(紙ジャケット仕様)

 60年代のブルース系のバンドの音ってのはとにかくチープで、それが名盤呼ばわりされているとホントにか?どこがだ?こんな音でか?ロックの方が全然格好良いじゃないか、って思ってたものだ。今でもそれはあるけど、そのチープな音を聴いてかっこよさを感じ取って必死にギターを弾いてた英国小僧の連中がロックを作っていったワケで、その元祖たるものをバカにしてはいけないってもんだ。そういうのからちゃんと聴いて同じエナジーを感じられるように取り組んだもん。まぁ、結果的にはやたらと色々な知識が増えただけで表現者になるまでではないのだが。そこらヘン行くと70年代の音ってのはしっかりしてきたよね。この期間の録音技術の向上は目覚ましいものあったんだろうな。

 はたまた英国に戻ってのSavoy Brownの1972年リリースの7枚目のアルバム「Street Corner Talking」。いや〜、バンドのメンバーが退去して離脱、そしてFoghatを結成してアメリカ進出を狙っていったという明らかにカネ目当ての移動があって、純粋に音楽を求めていたキム・シモンズとしては途方に暮れた事だろうけど、そこが歴史の面白いトコロで、何とChicken Shackから3人も引き抜いて来ちゃったと言う凄い人事異動。チキン・シャックの面々からしたらSavoy Brownの方がカネになると踏んだのだろうか?なかなか奥深い話ではあるんだが、そんな事でメンバーを大幅に入れ替えての作品だけど、それがどう影響を及ぼしたのか?案外と変わらないと言えば変わらない。でも、当然だけどかなり一気に垢抜けてキャッチーな方向性にはなっている。

 スワンプ・ロックに近いのかな。そこにブルースが当然入ってくるんだけど、洗練されたサウンドとフレーズで単純なブルースコードでチープな展開しかしなかった最初期からしたらもう雲泥の差、心地良いリズムの中でほどよいサウンドをバックにブルースギターが駆け巡る、それもうるさくない程度、弾きまくらない程度で流れていくという素晴らしさ。これまでもサボイ・ブラウンって幾つも聴いてるけど、このくらい洗練されてくると良いのかなぁって初めて思った(笑)。ちょっとまた初期からじっくり聴いてみるかな。昔はこういう音、好みじゃなかったからさ。スワンプとかレイドバックした音とかどうもね…。んでもこれ、良いわ。

 | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

過去ログ+

2019年 03月 【1件】
2019年 02月 【18件】
2019年 01月 【31件】
2018年 12月 【32件】
2018年 11月 【30件】
2018年 10月 【31件】
2018年 09月 【30件】
2018年 08月 【31件】
2018年 07月 【31件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【31件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


格安sim mineo!

楽天市場

LED ZEPPELIN by LED ZEPPELIN【日本語版・4000部完全限定】

ラヴィング・ジ・エイリアン(1983-1988) (完全生産限定盤)

MISSING TARGET <Rarities 1964-1967>

ジョイント・エフォート

ライヴ・アンド・レア(4CD+DVD)

【Amazon.co.jp限定】Light For The Ages - 35th Anniversary Best ~Fan's Selection -(CD+Books)(初回限定盤)(クリアファイル C ver.付)

レジスト

フロム・ヘル・ウィズ・ラヴ【CD(日本語解説書封入/歌詞対訳付)】

アートワーク・オブ・ヒプノシス

ギター弾き語り クイーン【ワイド版】

バンド・スコア 80年代ブリティッシュ・ハード・ロック[ワイド版]

物語 ポーランドの歴史 - 東欧の「大国」の苦難と再生 (中公新書)

ROCK DECADE TIME MACHINE 1967-1976 ロック黄金時代のアルバム・ガイド